2012年12月30日

【観戦まとめ】2012年の真琴

◆試合数
2012年は全47試合に出場。
シングル:11試合
タッグマッチ:27試合 ※5WAYタッグ含む
6人タッグ:6試合
バトルロイヤル:2試合
あと、相撲マッチが1試合(笑)

デビュー年を除くとこれまでの年間最少試合数でした。
その分、1試合ごとの中身は濃くなっていたら良いのだけど。

◆戦績
・タッグ戦含む勝敗 ※相撲マッチは除く
18勝22敗3引き分け
・直接ピンフォールに関わったもののみ
8勝13敗

◆参戦団体/プロモーション
試合数多い順から ※()内は試合数
WNC(19)
WAVE(7)
SMASH(3)
まこかなプロ(2)
頑固(2)
ブル中野引退興行(1)
お寺プロレス(1)
KAIENTAI-DOJO(1)
トリプルテイルズ.S興行(1)
HERO(1)
紅白プロレス(1)
クズプロ(1)
入間女子プロレス(1)
スターダム(1)
Tommy自主興行(1)
UNION FIESTA(1)
The Big Muscle Classic(1)
Ray自主興行(1)
JWP(1)
WNC以外の女子団体、男子団体にも幅広く参戦しているのは真琴ならでは。


◆2012年トピックスBEST5
イメージDVD発売などもありましたが、ここではリング上の出来事に絞っています。

■5位 SMASH撤退〜WNC旗揚げ
TDCホール大会直前で、TAJIRIらと共にSMASHからの撤退を発表。
この時は、自分も全く予想外の展開に不安でいっぱいだった。
結局すぐにWNCが旗揚げし、この時はSMASHからのファンに高揚感や希望があった。

でも、後から振り返ると団体が変わってからの方が順風満帆とは言えない道のりで。
わずか1年足らずで、また体勢が変わったりと波瀾万丈な日々が続いていますね…。

特に真琴を初めとした若手(っていうキャリアでも無いけど)や練習生は、金銭的にもかなり苦しかったはず。
新体制では同じ過ちを繰り返さないよう、健全な団体運営を行っていって欲しいと切に願います。

■4位 自主興行
6月に自主興行「まこプロ」開催を発表。
真琴vs車という得体の知れない、まるで禅問答のような謎のカードがファンに波紋を投げかけた。
しかし、同月末の負傷が原因で自主興行自体がお蔵入り、全貌が見えぬまま幻の興行となってしまった。
それで良かったような、見てみたかったような…。

その後、華名選手との合同興行という形で「まこかなプロ」を開催。
ところが、直後に華名選手の退団発表があり、こちらもある意味で伝説の興行に。

2012年はこんな所でも数奇な運命に翻弄されましたね…。


■3位 長期負傷欠場
6/23 WNC大阪大会で自身のミスにより、左手親指を骨折。
8月末に復帰するまで約2ヶ月間の負傷欠場。

この頃の会場売店で見かける真琴はいつも、どこか悲しげで、儚さを感じたのを覚えている。
アイスリボン時代を含め最も長い欠場期間だったので、きっと彼女にとっては悔しく、もどかしい日々の連続だったと思う。


■2位 野崎渚に3連敗
欠場明けに組まれた野崎渚との3連戦、同じスリーパーホールドで3連敗。
今さら多くは語らないけれど、この時に味わったファンとしての屈辱的な思いはずっと忘れる事はないでしょう。

団体の方向性に強い疑問と不信感を感じた時期。


■1位 先輩・春日萌花との再会
我闘姑娘の練習生としてプロレス界に入った真琴と、団体の看板レスラーだった春日選手。
袂を分かってからも意識していた敬愛する先輩とリング上で再会したのは、ちょうど2012年の初試合として参戦したブル中野引退興行でのバトルロイヤルだった。

4月に入り、WAVE新宿大会のXとして参戦すると、真琴にとって念願だった春日選手との対戦が実現。
同月の新木場大会ではタッグでも当たったが、春日選手側では真琴の存在自体を受け容れがたいものとしてコメントしていた。

その後、しばらく接点が無かったが、WAVEタッグリーグ戦でGAMIプロデューサー推薦枠として春日選手のパートナーに真琴を指名。
"1st Impact"の名前通り、女子プロレスファンに大きな衝撃を与えた。

2012年、真琴を巡る話題で最も専門誌の誌面に取り上げられたのが、この春日選手との関係だった。
というか、WNCの記事よりも遙かに大きくカラー1ページで扱われた。
それぞれの団体を取材する記者の思い入れの差も関係していたと思うが、それを差し引いても真琴とやはり二人の歴史を知る人間にとっては大きな出来事だった。

まず何よりも二人が並んでいる姿にとても華があり、真琴が組んだタッグの中で一番思い入れが持てたチーム。
しかし残念ながら、自分自身は仕事の関係で1st Impactが勝った試合を見る事が出来ず、タッグベルトにも手が届かなかった。
でも、それは逆にいつかの"2nd Impact"へ向けた希望として胸の中にしまっておきたい。

デビュー当時に史上最弱と言われた二人の女子プロレスラー。
そんな彼女達だからこそ提示出来る夢があると、今でも信じている。


■番外編 真琴会&Bar瑠璃
2012年は真琴イベント盛りの年でもありました(笑)

小岩・おっこんにて毎月開催されている「真琴会」。
毎回、真琴人脈を駆使したゲストをお招きして、美味しいお好み焼きを愛でる会です(笑)
特にイベントらしい事をするわけではなく、時にDVD鑑賞会などとつっこまれたりもしますが。
アフターパーティーとはまた違う"オフ会"感が味わえるのは、ファンにとって贅沢な時間ではないでしょうか。


そして、新宿ゴールデン街のBar瑠璃。
こちらでは不定期(だいたい週一回+α)で真琴デーが行われていますよ。

ゴールデン街という土地柄、プロレスラーを始めとするプロレス関係者だけでなく、多種多様な業種の方が多く出入りするお店。
実際に、瑠璃でのご縁がきっかけで生まれた話もあったりして、真琴にとっては顔を売る場としても機能している様子。

もちろんファンとの交流の場でもあり、ここでも素に近い真琴の姿に触れる事が出来ます。

移りゆく風景の中で昔からのファンが徐々に減っていたりするので、真琴会や瑠璃を通じて出会ったファンの皆さんには感謝しています。
来年もよろしくお願いします!


◆あとがき
2013年こそ真琴というプロレスラーが飛躍し、夢に向かって大きく前進出来ますように。
激動の一年間、本当にお疲れ様でした!
タグ:真琴
posted by U1 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 真琴

2012年10月07日

2012.10.07 頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 第2試合

▽真琴&遠藤マメvsタケシマケンヂ&ヤマダマンポンド
真琴&マメ組から入場。
マメが現れると「マメ!」コールが、真琴には「頑固姫!」コールが湧き起こる。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 01 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 02 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 03 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 04

頑固反逆同盟がリングインすると、マメに握手を求めるヤマダ。
恐る恐るマメが応じたところで、今度には真琴にも手を差し出す。
しかし、真琴が手を出した途端に奇襲をかけ、ゴングが鳴らされた。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 05 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 06 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 07

思いきり殴りつけるヤマダに対して、真琴もエルボーで反撃。
だが、ヤマダは壁に投げつけ、備え付けのロープでチョーク攻撃。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 08 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 09 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 10

一方のタケシマはマメを捕獲。
両足を持って大股を開かせると、そこへヤマダが真琴の顔を持って行き、精神的ダメージを与える。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 11

リングに戻された真琴は張り手で反撃。
エルボー連打からクロスボディを放つが、ヤマダは軽々とキャッチ。
床に投げ捨て、堂々とチョークを仕掛ける。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 12

髪を掴んで真琴を起こすヤマダ。
自陣へと連れ帰り、「分かってんな?」と確認しながらタッチ。

しかし、タケシマが本気で腕十字を極めにかかったためカット。
ヤマダ「第二だろ、第二!」
頑民からの「第二!」コール。
ヤマダ「Tシャツ忘れるし、(顔を)塗ってないし、分かってねぇんだよ、アイツ。」
と不満を漏らす。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 13

タケシマ、今度はスタンディングアームバーへ。
コーナーのヤマダからは「極めるな、痛めつけろ」と謎のアドバイス。
徐々に腰を落として脇固めに入るタケシマ。
だが、これに対してヤマダは「脇が顔に付いてる」とレフェリーに抗議。
何故かパートナーであるはずのタケシマへ、やたら厳しくあたる。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 14

タケシマが戻してタッチをかわすと、ヤマダは重たい串刺しチョップ。
崩れ落ちた真琴の髪を掴んでいたぶるのを見て、マメが声を出す。
すると、
ヤマダ「レフェリー、出てる。違うとこが出てる。」

さらに真琴をロープへ括り付け、押し潰すように体重を乗せる。
ブレイクがかかると真琴が膝立ちでエルボーを返すも、ヤマダはハンマーパンチで黙らせてチェンジ。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 15

タケシマに対してタックルを試みる真琴だったが、テイクダウンならず。
逆に投げ飛ばしたタケシマがアキレス腱固め。
すると、真琴も足を取り返して同じ技でお返し。
「利いてない」と余裕の表情を浮かべるタケシマだが、真琴がプレッシャーを強めると同時に表情が歪み、ついにエスケープ。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 16

先に立ち上がった真琴は、膝立ちのタケシマに対して渾身のミドルキックを連打。
相手が立ち上がれば、鋭い張り手をかまし、ハイキック一閃。
さらにダウンしたタケシマを4の字固めに捕獲と、怒濤の反撃。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 17 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 18 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 19 /></a>

タケシマが再びロープへ手を伸ばすと、真琴はマメにタッチ。
マメは18禁なガチムチレスリングでタケシマをバックから攻め立てるが、真琴にも精神的ダメージが。
<a href=頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 20 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 21 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 22

何とかタッチに成功したタケシマ。
ヤマダが股間へのクロー攻撃でペースを握り返す。
ヤマダ「つい、OGFが出ちまった。」
※OGFは以前、頑固反逆同盟に在籍していたストーカー・ザ・キタハラの技

タケシマがチェンジして、マメにチキンウィング。
だが、マメは股間への攻撃で隙を作る事に成功すると、河津落とし。
「ギン!ギン!」と地団駄を踏んでからのラリアットを炸裂させて、真琴にタッチ。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 23 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 24

真琴とタケシマがエルボー合戦を展開。
タケシマは素早いタックルでテイクダウンに成功するが、真琴はフロントネックロックで逆転。
マメがその前に立ちふさがり、カットを阻止する。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 25 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 26

自力で逃れたタケシマは真琴をスリーパーに捕獲。
そこへ標識を持ち出したヤマダが思いきり振り下ろす。
しかし、真琴は回避して誤爆を誘い、タケシマにスピアー。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 27 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 28 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 29

混戦模様のリング内、ヤマダがマメを標的にしていたぶる。
この間、真琴はリング外に退避。
ヤマダがマメをロープへ括り付けていると、そこに水吹き。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 30

さらに無気力キック、ハイキックと畳みかけてからスクールボーイを狙うが、ヤマダも堪える。
するとマメがヤマダの顔を自分の股間に押し付けてアシスト。
真琴が丸め込みに成功したところで、マメも体重を乗せ2人がかりでフォール。
これに対して反則は取られず、そのまま3カウントが入った。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 31 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 32 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 33 頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 34

○真琴&遠藤マメvsタケシマケンヂ&×ヤマダマンポンド
(10分46秒 横入り式エビ固め)
※マメが真琴の上に騎乗し、荷重を倍加させてのフォール

ヤマダ「レフェリーよ、おい。
明らかに2人で押さえてんだろ!?
バトルロイヤルじゃねぇか?」
レフェリーに対して抗議するヤマダ。
そこへ真琴が突入してくるが、ネックハンギングボムを決められてノックダウン…。
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 35

ヤマダの不満はさらに続く。
ヤマダ「何だよ、パートナーのタケシマ。
お前、Tシャツ忘れるわ、(顔を)塗ってねぇわでよ、中途半端なんだよ。
第二試合が分かってねぇ奴はいらねぇよ。」
11月、12月大会の予告をするヤマダ。
最後は「お前が締めろ」と真琴にマイクを投げつけて去った。

真琴を心配そうに見つめながらも、股間に入れたオモチャをマイク代わりに差し出そうとするマメ(苦笑)
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 36

それを無言で否しながら、真琴がマイク。
真琴「最後はやられちゃったけど、アイスリボンの時から頑固プロレスさんに参戦するのがホントに夢で。
今日は本当に嬉しいです、参戦する事が出来て。
自分は、頑固プロレスさんのイメージガールを目指すので、よろしくお願いします。」
マメ「真琴っちゃん、2人でイメージガール作って行こう」
最後は真琴の先導による締め
「3、2、1、萌えきゅん頑固!」
頑固プロレス 真琴&遠藤マメvsヤマダマン・ポンド&タケシマケンヂ 37

▽メイン乱入
"頑固姫"は第二試合の他にも活躍。
メインで行われた大久保一樹&ジョータvs下田大作&Gマシン2号を会場後方で見守っていた真琴。
終盤の場外乱闘で頑固側(大久保&ジョータ)の危機を察知したのか、急にソワソワし出す。
頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 01

一旦控え室に戻ったかと思いきや、ペヤングを手にカムバック。
ジョータを攻めるGマシン2号をおもちゃでカットしてから、ペヤングを勧める。
頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 02 頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 03 頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 04

しかし、律儀にペヤングを食べたGマシンは意識昏倒
その様子に、したり顔の真琴。
頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 05 頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 06

この隙にジョータがリングへ戻り、リングアウト勝ち。
2人の勝利と共に、この日初めての不透明決着をアシスト。
頑固姫の名に相応しい活躍だ(笑)

リング上ではジョータに呼び込まれる形で、3人で勝利を祝う。
ジョータは真琴の事を気に入ったのか、満足そうな表情で肩を組み、大久保を残して2人で控え室に戻ってしまった。
頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 07 頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 08 頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 メイン 真琴 09

▽感想
一度は参戦が決まったものの、負傷欠場で流れてしまった頑固プロレス参戦。
3ヶ月越しで、ついに西調布で試合をした真琴はイキイキと頑固マットを駆け回った。

ミドルキックや、もはや無気力とは言えないハイキックも披露。
WNCで見せる戦い方とは一味違った試合運びが見れたのが、興味深かった。
男子選手2人に対して苦戦しながらも必死に向かい合う姿に、頑民以外のファンからも多くの声援が飛んでいた。

実は大久保選手もWNC練習にはジムの管理者として参加しており、真琴とは一緒に練習をしている間柄。
そこで縁が生まれて今回の参戦につながっただけでなく、大久保選手指導の下でキックも習得したようだ。

メインの乱入劇も、頑固プロレスならではのシーン。
真琴本人はこういう"不透明"さも含めて頑固プロレスがお気に入りなのではないかと思う。
試合後の「イメージガールを目指します」という宣言通り、今後もレギュラーとしてWNCでは表現しきれない一面をドンドン出して行って欲しいと思います。


▽売店ショット
交通トラブルがあった関係もあり、ギリギリのスケジュールでダブルヘッダーをこなした真琴。
大会終了後に、昼夜通して初めて売店に姿を見せてくれた。
自身のポートレートは持ってこれなかったという事で、この日から発売開始した頑固プロレスの大会ポスターポートレートを購入。
バタバタだったけど、無事に2試合を終える事が出来て良かった。

実は、自分もWNC石和温泉帰りで(また)渋滞に巻き込まれてしまい、一時は試合時間に間に合うかのはかなり厳しい状況だった。
真琴の頑固プロレス参戦は、個人的にも念願だったのでどうしても見逃したくない一心でルート変更して、何とか滑り込みセーフ。
そんな経緯もあったので、大会後の充実した真琴の笑顔を見て、一日の苦労も報われるような思いでした。
頑固プロレス「湘南パイオニアシリーズ」 真琴売店

これから頑固姫としての頑固マットでの活躍に期待してます!
ダブルヘッダー、本当にお疲れ様でした☆
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 真琴

2012年09月26日

2012.09.26 真琴・華名お誕生日会 @ WNCオフィス

Twitter上でのやり取りから決定した11月9日(金)「ドキッ! 女だらけのまこかなプロ」
そのチケット先行販売を兼ねて、真琴&華名の誕生日イベントが代々木上原にあるWNCオフィスで開催された。

イベント開始時刻ギリギリくらいにオフィス前へ到着。
小林香萌練習生に迎えられ、エレベーターで4Fへ上がるとすぐ右手にあるのがオフィス。
USTREAM放送や記者会見で何となく知ったつもりになっていたけれど、実際のオフィスは思っていたよりもずっと小さかった(^^;

参加者は長机を取り囲むように座り、まさにホームパーティーという雰囲気。
真琴&華名が、皆さんにシャンパンを配って乾杯♪
真琴・華名お誕生日会 01 真琴・華名お誕生日会 02

オフィスには二人のために贈られた花がいくつも飾ってありました。
真琴・華名お誕生日会 03

華名のひらめきで真琴との料理対決が組まれた当イベント。
早速、卵料理対決がスタート。

先行の真琴によるメニューはBar瑠璃でいつも作っている十八番の「だしまこ(だし巻き卵)」。
だが、普段とは違い大人数に出さなくてはいけないという事で、早速テンパる真琴。
さらにはフライパンではなくホットプレートを使用するため、ますますハードルが上がる。
真琴・華名お誕生日会 04 真琴・華名お誕生日会 05

結局いつも通りの分量で、何回かに分けて作るという事に。
プレートいっぱいに広がる卵に四苦八苦しながらも、何とかだし巻き風の形に丸める。
どちらかというとクレープだけど。
この時点では包丁もなかったので、フライ返しでざっくり切り分けるというワイルドさ(笑)
真琴・華名お誕生日会 06 真琴・華名お誕生日会 07

あまり見映えの良くない卵焼きに、対戦相手の華名も苦笑い。
味の方も「(塩)辛い!」と切り捨てられてしまったが、自分ほか複数名はちょっと塩気があるくらいで美味しいという意見だった。
真琴・華名お誕生日会 08 真琴・華名お誕生日会 09

味の評価は人による好みの差って事で、調理器具の揃ってない中ではガンバったんじゃないでしょうか。
本物の「だしまこ」が食べたい方は新宿・歌舞伎町のBar瑠璃で行われる真琴デーに是非お越しください★
真琴・華名お誕生日会 10

一方、別のホットプレートでは鶏を一羽まるごと焼くという暴挙が(苦笑)
急遽買ってきた包丁でも全く切れずに四苦八苦する華名。
真琴・華名お誕生日会 11

ワイルドにも程がある調理法でしたが、鶏は小林練習生の手で何とか捌かれました。
小林練習生だけでなくゴッサム吉村さんもイベントのお手伝い。
真琴・華名お誕生日会 12 真琴・華名お誕生日会 13

そんなこんなの内に、後攻の華名による卵料理がスタート。
真琴・華名お誕生日会 14

こちらも揃っていない調理器具とホットプレートに苦戦しながら、ウィンナー入りの卵焼きが完成。
最後にソースとマヨネーズで味付けすると、モダン焼きみたいな感じで美味しかった。
真琴・華名お誕生日会 15 真琴・華名お誕生日会 16

その後、イベントは完全にまったり進行になりながら第2部へ突入。
真琴・華名お誕生日会 17 真琴・華名お誕生日会 18

2部でも参加者から持ち込まれた食材を使って、真琴と華名がそれぞれ料理。
真琴はまこさんウィンナーならぬ、まこさんフランクを作っていました。
真琴・華名お誕生日会 19 真琴・華名お誕生日会 20


自分から真琴には大きな猫のぬいぐるみをプレゼント。
"人肌恋しい"季節に抱けるぬいぐるみが欲しかったということなので、喜んでもらえて良かった♪
真琴・華名お誕生日会 21

真琴×華名のツーショットって、ちょっと前じゃ考えられなかったので何だか不思議な感じ。
でも、思った以上にアットホームなくつろげるイベントでした♪
真琴・華名お誕生日会 22

翌日から撮影のロケが入っている真琴は、イベント終了より一足先に帰宅。
最後になりましたが、もう一度ハッピーバースデー!
23歳といえば一般的には、新社会人として新たな世界に飛び込んでいく年齢。
真琴にとっても次のステージに向けてチャンスを掴む、そんな1年になりますように。
真琴・華名お誕生日会 23
タグ:真琴
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 真琴