2012年08月06日

2012.08.06 Wrestling New Classic 博多遠征記

今回は観戦記というより、旅行記です(笑)

8月2日の新宿大会以降、西日本〜九州巡業を行っていたWNC。
その中で今シリーズ一番の山場である博多大会観戦のため、遠征してきた。

実はこの大会を観に行くかどうか、相当迷った。
結局、費用を最小限に押さえる事で自分の折り合いを付けた経緯がある。
そのため、往路の移動は青春18きっぷを利用。
4日深夜に関東を出発し、約20時間かけて博多まで辿り着く鈍行列車の旅だった。

過去にも広島あたりまでは鈍行で移動した経験があるけれど、山陽〜関門海峡〜博多までの道のりが長い…。
乗り継ぎもタイトで売店などに立ち寄る時間はほぼ無し。
あらかじめ準備していたペットボトルの水とわずかな固形食で20時間を凌いだ。
移動の疲れより、こっちの方がハードかもしれない。


幸い列車は大幅に遅れる事無く運行してくれたため、ほぼ予定通りに博多へ到着。
元アイスリボン常連で現在は福岡在住のマイミクさんと約1年ぶりに再会して、あれこれと近況について話す。
予約していた簡易個室式のホテルへシャワーを浴びたら、後はぐっすり…。



2日目の日中は市内をウロウロしつつラーメンを食べたりして時間を潰す。
想定以上に暑く、汗だくだったので予定を変更して早めにこの日のホテルへチェックイン。
シャワーを浴びて身支度を調えてから、自身初の博多スターレーンへ向かう。

会場に着くと、WNCファンの知り合いがちらほらと。
そこで今ツアーの様子を聞いたりすると、選手もハードな移動でかなり疲れている様子なのが伺えた。
博多が終わったら、すぐに鹿児島。
さらに、そこから東京までの長距離を戻らなければいけないのに、大丈夫だろうか…。

開場後、横断幕設置のお手伝い。
1方面に手すりがあったので、すんなりと設置完了。
会場は蛍光灯のみの照明で段差があったり、どことなく札幌テイセンホールの趣と似ていた。

しばらく売店にいなかった真琴は10分ほど後になってから登場。
噂の練習生・吉村はるかさんと共に、浴衣姿で会場に華を添える。
別のファンから伺ったところに寄ると、今ツアーは毎回浴衣姿で売店に立っているそうだ。
「ぷちクズプロ」の時と同じ黒の浴衣に、今回は紫色の花飾りを髪留めにしているのがポイント。
記念にポートレートを購入、地元のお客さんの邪魔にならないよう少しだけ会話をする。
WNC博多売店 真琴 01

WNC博多大会は満員に近い入りで、グッズ売店も常に人の波が途切れないほどの盛況。
全8試合のバラエティに富んだ対戦カードに対する会場の反応も良かった。


当初、アフターパーティーは出ずに帰る予定だったのだけど、どうも空いているらしいという事で飛び込み参加。
ところが、同じように飛び込みでドンドンと人が増えたらしく、結果的には会場を1階と2階に分けての開催となった。

自分の席があった1階はファンの密集率が高い上に通路も狭く、選手がテーブルに着くのも大変な状態。
2階がどういう状態だったかは分からないけど、最後まで見かけなかった選手も数名いた。
本州から遠征してる常連組はともかく、地元ファンの方は滅多にない選手との触れあいを期待しているのだから、少しでも多くの選手と触れあえるように入れ替え・テーブル配置はうまくやって欲しいなと思う…。
気を配って頂いた選手の皆さん、ありがとうございました。

では、最後に真琴のソロショットをもう2枚。
スペースが狭いので何だか妙な体勢で撮っていたら、地元の方に「撮影会みたいだ」と驚かれた(笑)
通路を塞ぐ事になってしまうため、あまりゆっくり話す事も出来ず。
ま、地元ファンの方と楽しく歓談していたので、それで良いと思います。
WNC博多 アフターパーティー 真琴 01 WNC博多 アフターパーティー 真琴 02

興行中は売店付近に座って、試合を観ていた真琴。
今度九州を訪れる時こそ、リング上で試合をする姿を各地のファンに見て欲しいですね!

暑さに長距離移動、他にもバタバタした巡業だったみたいだけど、元気そうで良かった。
帰りも大変だと思いますが、最後まで無事に乗り切ってください☆
長距離巡業本当にお疲れ様でした!!
タグ:真琴
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス

2012年08月02日

2012.08.02 Wrestling New Classic(WNC) 新宿FACE大会

▽第3試合
試合前に名探偵・真琴がファンの前に姿を現す。
真琴「2つ、報告させていただきたい事があります。
1つは自分の事になってしまうんですけど、この腕の事。
もうだいぶ良くなってきたので、月末の後楽園で復帰をさせていただきたいと思っています。
よろしくお願いします。」
順調に治っているようで復帰戦の日取りが決定!
WNC新宿 名探偵・真琴01 WNC新宿 名探偵・真琴02

真琴「もう一つはこの団体のロゴに落書きをして、そしてうちの練習生の女の子を襲った犯人。
自分は、とうとう突き止めました。
その犯人は、この男です。」
WNC新宿 名探偵・真琴03

すると、登場してきたのはパンストを被ったキトタク…。
真琴「木藤さん、犯人はアナタですね。」
木藤「真琴っちゃん、何バカな事言ってんの?
そんなわけないだろう。」
真琴「見るからに怪しいじゃないですか。」

詰め寄る真琴に、困惑する木藤。
そこへエンジン音が鳴り響き、レザーフェイスが。
真琴も不安げな表情を浮かべながら一旦リングを降りる。
WNC新宿 名探偵・真琴03 WNC新宿 名探偵・真琴04

場内を混乱の渦に陥れてからリングへ上がったレザーは回転しながら火花を噴射。
結局、パンストでチェンソー対策をしたキトタクに火花を浴びせ、チェンソーでぶん殴ってマットに沈めた。
WNC新宿 レザーフェイスvs木藤拓也 01 WNC新宿 レザーフェイスvs木藤拓也 02
○レザーフェイス(4分59秒 体固め)×木藤拓也
※チェーンソーで殴打

場内を暴れまわって引き上げていくレザー。

混乱が収まったところで、真琴が再びリングへ。
真琴「木藤さん、悪い人にはそうやって天誅が下るんですよ。
早く、白状してください。」
木藤「何言ってんだ、真琴っちゃん。
いい加減にしてくれよ、もう…。
こんなひどい目にあってんのにさぁ。
追い打ちかけるようなこと言わなくていいよ、もう。
まったく、俺じゃねぇって言ってんじゃねぇか。なぁ。
まったくさ、何で俺がそんな事やんなきゃいけないの?」
真琴「怪しいじゃないですか?」
木藤「怪しいって言ったって、人を外見で判断するんじゃないよ。
ホントに。」
WNC新宿 名探偵・真琴 05

リング上で言い争いを続ける二人の背後から忍び寄るレザー。
まったく気付かずにいた真琴を担ぎあげて、バックステージへと連れていく。
WNC新宿 名探偵・真琴 06

木藤「あぁ、大変だ。真琴っちゃん…。
誰か、男の人、助けてあげて!
そこら辺の男の人、助けてあげてよ。
誰か誰か、早く。
えぇ、俺!?
俺は、まぁちょっと行くけど、誰か手伝ってくれよ。」
キトタクがくだを巻いている内に、レザーはバックステージへと消えてしまう。
喧騒だけが聞こえ、妙な空気に支配される場内。

木藤「どこまで行っちゃったんだ、一体?
真琴っちゃん、、戻ってきてくんねぇのかな?
ちょっと、変な空気になっちゃう。これじゃあ。
真琴っちゃん、どこ行ったんだ、一体?
あ、真琴っちゃん。」
真琴はまるで何事もなかったかのように戻ってきた。
WNC新宿 名探偵・真琴 07

木藤「真琴っちゃん、大丈夫だった。」
真琴「レザーさんは、、いい子でした。」
木藤「え!?」
真琴「自分の、この手をずっとなでなでしてくれました。」
WNC新宿 名探偵・真琴 08 WNC新宿 名探偵・真琴 09

木藤「本当かよ?
真琴っちゃん、何か最近おかしいんじゃないか?
自分の事、犯人扱いしたりしてさぁ。
(観客へ)自分、犯人なんかじゃないですよねぇ?」
しかし、微妙な空気。
木藤「え、ちょっとわかりづらかった。
ま、自分、犯人じゃないんですよ、とにかく。
ちょっと、ここでね。
自分もひとつ思い出しました。」

何故か、このタイミングで9.2クズプロ新木場へのバラモン兄弟参戦を発表する木藤。
真琴「自分は、真の、真の、真の、真犯人を、今日中に必ず見つけます!
真実と書いて、真琴と読む。
真実はいつも1つ!」
そう言うや、右人差し指を高く突き上げた真琴。
最後は凛々しく決めた。
WNC新宿 名探偵・真琴 10

▽エンディング
メインの激闘を制し、リング上に倒れるTAJIRI、華名、大原を見下ろすAKIRA。
AKIRA「見ろ、見ろ、この光景を見ろ…。
これが1つの答えだ。
俺達の行動が正しかったという1つの答えが証明された。
これから俺達3人は、新しいクラッシックを牽引していく。」
朱里、スターバックと共に引き上げていく。

残された中で最初に立ち上がった大原は、突如としてTAJIRIと華名を襲撃。
状況が呑み込めないTAJIRIに向け、マイクを握る。
大原「おい、お前何様なんだよ。
おい、いつもなぁ、上から目線でなぁ。気に食わねぇんだよ。
お前一人でな、やってんのと違うぞ。おら。
俺がな、『ムカつく、気に入らねぇ』って言ってんのは、お前の事も含めて言ってんだよ!
おい、ふざけんなよ。気に入らねぇよ!
いつまでもな、黙って下でやってっと思うなよ。お前なぁ。」

再び襲い掛かる大原を慌てて止めに入る、児玉、土肥、黒潮。
そこへ帽子を目深に被り、タンクトップに半ズボンの女が加わった。
リング中央で足を止め、勢い良く帽子をとった女の正体は、野崎渚。
WNC新宿 野崎渚 01 WNC新宿 野崎渚 02

手にはレモンサワーを持っており、すっかり出来上がった様子で笑い出す。
野崎「元女子プロレスラーの野崎渚で〜す。
何か、何か、大原ちゃんが好き勝手やっていいよって言うから。
好き勝手しに、プロレスに戻ってきましたぁ〜。
あ〜はっはっは。
ちなみに、(練習生襲撃&落書き)事件の犯人は、私です。
で、一緒にいたのが、大原ちゃん。
反省、反省、、してませ〜ん。はっはっはっはっ。」
WNC新宿 野崎渚 03

事件の真相解明前に水をさされた真琴が入ってくるが、大原が襲撃。
さらに、羽交い締めにされた真琴の負傷箇所である左腕へ野崎が竹刀を振り下ろす。
野崎「おい、真琴!
てめぇ、犯人が誰だとか、適当抜かしてんじゃねぇぞ、オラァ!」
WNC新宿 野崎渚 04

大原「おい、そういう事だ。
いつまでもな、黙って下でやってると思うなよ、お前ら。
俺達はな、もう好き勝手やるからな。好き放題やってやるよ。」

大原からも三行半を突き付けられてしまったTAJIRIへ、今度は華名が詰め寄る。
華名「立て、立て、コラァ。
どうなってんねん、これ!?
めちゃくちゃやんけ!仲間ちゃうんか、お前ら!?
どうなってんねん!?
お前がしっかりせえへんからやんけ?そうやろ!
こうなったらな、どの組が生き残るか、潰しあいじゃあ!
そうやろ?血みどろの戦いじゃあ!
分かったか?
お前は付いて来い。分かったな、オッサン?」

再び姿を表したAKIRAがこの光景をあざ笑う。
AKIRA「おい、いつまでも仲良しこよしやってんじゃねぇよ。
そんなんだから、何も変わってないってんだよ。
一生やってろ!」
スターバック「ソウデスネ…。」


▽感想
まずは、正式に真琴復帰戦の日取りが決定!
発表当初の診断通り、負傷から約2ヶ月。
回り道する事無く戻って来れて、本当に良かった。
このまま順調に復帰までの道を歩んでいけますように。

今回の展開で印象深かったのはレザーフェイスに攫われ、何事も無く戻ってきたシーン。
誰もが恐怖する怪物に対して「レザーさんは、、いい子でした」と言う真琴。
もしかして、真琴はあの獰猛なレザーフェイスと心を通わせる事が出来る?
この関係に続きがあるのかどうか、気になるところ。

真琴が復帰したら通らなくてはならない「まこプロ」でのvs車戦。
ひょっとしたら、そこへチェンソーを手にしたレザーフェイスが加担する、なんて可能性もある。

エンディングではひどい目にあわされた野崎とは、お互いが女子プロレス団体に身を置いていた頃から因縁浅からぬ存在。
まさか二人がWNCでこんな形で再会するとは思っても見なかったけれど、今後リングの上で決着を付ける事になるのか?
今大会を境に団体内の風景が一変したWNC。
その中で真琴がどこへ向かって行くのかも問われていくだろう。

▽売店ショット
名探偵・真琴の決めセリフ(?)「犯人はきみに決めた…っ」が聞こえてきそうなポーズ。
IMG_6988.JPG

名探偵ぶりを発揮する事は出来なかったけど(苦笑)、
復帰が決まった事で、真琴自身のモチベーションもきっと上がっているはず。
次回の後楽園では2ヶ月間の様々な想いをリング上で爆発させ、再スタートを切れるよう、暑い夏を乗り切って欲しいと思う。
復帰戦、楽しみにしています!!
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス

2012年07月15日

2012.07.15 Wrestling New Classic(WNC)後楽園ホール

▽第2試合
華名vs紫雷美央


美央の入場時、セコンドに付いていた真琴がリングサイドでロープを上げる。
しかし、美央はスルーして別方向からリングイン。
WNC後楽園 華名vs紫雷美央 01 WNC後楽園 華名vs紫雷美央 02 WNC後楽園 華名vs紫雷美央 03 WNC後楽園 華名vs紫雷美央 04

ゴングが鳴ると、華名が片足タックルでテイクダウン。
グラウンドへ引きずり込んで圧倒して主導権を握るが、足十字へ入ったところで美央がエスケープ。

立ち上がると、ミドルキック連打で追い詰めていく華名。
美央も右ミドルで反撃し、蹴り足を捕まれると紫閃光につないで一矢報いる。

さらにキックを放つ美央だったが、これをガードした華名は張り手。
美央は負けじと、場内をどよめかせるほどの強烈な張り手で逆襲。
だが、一瞬の隙を突いた華名に飛びつき腕十字を決められて万事休す。
わずか3分弱での決着となった。
WNC後楽園 華名vs紫雷美央 05

○華名vs紫雷美央×
(2分24秒 腕ひしぎ十字固め)

そそくさと無言で去って行く美央と入れ替わるように、真琴がリングイン。
真琴「お姉様‥!
自分の大切なお姉様を、何てひどい目にあわせるんですか!?
ひどいです…っ。
自分がこんな怪我をしたばっかりに。」
WNC後楽園 第2試合後 真琴 01 WNC後楽園 第2試合後 真琴 02

華名「しばくぞ、コラ!
試合してへんやんけ!
試合してへんやんけ、お前!
試合してへんのに、会社から給料もらえると思うなよ、オラ!?
これからメインの朱里vs文子のセコンドつかなあかんねん、な。
もう、これ以上文句言うなよ。」
WNC後楽園 第2試合後 真琴 03

釘を刺された真琴だったが、マイクは手に握られたまま。
真琴「華名さん、華名さん!!
自分、最近やっと、だし巻き(卵)が作れるようになりました。」
WNC後楽園 第2試合後 真琴 04


▽WNC&真琴売店
今大会はスタッフ(兼 真琴グッズ売り)として売店業務に精を出していた真琴。
真琴Tシャツ(黒・うす紫・水色)、タオル(白・紫)が発売中です!
WNC後楽園 真琴 売店ショット 01

もう1枚、休憩中のリングサイド売店から。
児玉選手と共に元気に声を出していましたよ。
WNC後楽園 真琴 売店ショット 02


▽アフターパーティー
後楽園大会後としては初(?)のお昼開催となったアフターパーティー。
まず最初に、37歳のプロレスラーデビューで大きな話題を巻き起こした篠瀬三十七選手を。
今まで会場受付や、細かい事務作業をこなす頼れるスタッフだった篠瀬さん。
これからは篠瀬三十七として二足のわらじを履く事になるけど、ガンバってください!

最近はイベント等、真琴の顔を見られる機会が増えたけれど、1対1で話したのは随分久しぶりだったかな。
昼下がりでまったり進行だったので、普段よりも落ち着いて話が出来ました。
ファンの前で見せる表情に陰りは無く、リラックスした笑顔が覗かれるのでホッとする。
もうしばらく欠場期間は続くけど、この間に感じた様々な想いを新たなモチベーションに変えて、より大きな成長へと繋げていって欲しいと思います。
WNC後楽園アフターパーティー 真琴
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス