2013年06月02日

2013.06.02 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」

▽オープニング
イベント開始の13時を少し回ったところでWNC勢が登場。
児玉・黒潮の司会により、プロレスのルール説明や観戦の楽しみ方などの前説。
この日のために投入されるという腕相撲マシーン1号なる、いかつい男も紹介される。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 01 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 02 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 03 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 04 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 05

そこへ暗黒皇帝コダイラーを名乗る男が登場。
コダイラー「ハッハッハッ、私の名は暗黒皇帝コダイラー。」
客席から習ったばかりのブーイングが飛ぶ
コダイラー「よく知ってんな。
お前ら気付かないだろうが、すでにこの小平、悪の俺の手下が潜んでいる事に気付かないだろうな。
腕相撲マシーン1号、覚醒せよ!」
コダイラーの号令で、WNC売店ブースにいた腕相撲マシーン1号が暴れ出す。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 06

コダイラー「いいか、この小平は我々の手によって悪の一大テーマパークへと変わってしまうのだ。
お前らもう、明日から学校に行かなくていいぞ。
宿題もやらなくていいんだ、どうだ?」
客席からは変わらぬブーイング。

コダイラーは腕相撲マシーンに命じ、リングサイドにいた関係者の女性を人質として捕獲。
さらには第1試合終了後にも登場すると、試合を終えたばかりの選手達を自分の手下へと洗脳してしまったのだった。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 第1試合


▽第2試合
児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン


WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 01

先発は児玉と浜田。
今回も浜田を「おじいちゃん」とからかう児玉。
リングサイドの子供達にも指示すると、「おじいちゃーん!」と可愛い大声援。
これには浜田も苦笑いするばかり。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 02

ロックアップから、ものすごい力で跳ね返す浜田。
ものすごい形相で睨み付けるとグラウンドへ持ち込んでトーホールド。
児玉はヘッドシザースで返すが、すぐにSTFへ切り返されてエスケープ。

立ち上がると、児玉がガットショットで不意打ちしてヘッドロック。
振り解いた浜田はアームドラッグで距離を取ってから、当て身。
さらにスタナーとコンディションの良い動き。

児玉がコブラツイストに捕らえるが、リンが噛みつきでカット。
浜田と共に一本足頭突きを見舞い、ダブルで攻め立てる。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 03

児玉も何とか繋ぎ、真琴がリンにショルダータックル。
リング中央でエルボーとチョップを打ち合う。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 04

ダブルチョップでダウンさせた真琴がフットスタンプ。
さらにフライングボディアタックを見舞ってカバーするもカウント2。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 05 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 06

児玉がタッチしてダブルチョップ連打からヒップトス。
カバーを返されるとダブルを試みるが、リンは側転で回避。
真琴を衝突させ、児玉には逆上がり式のスイングDDTを決めてカバー。
ここは真琴がカット。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 07 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 08

地獄突きで真琴を追い払ったリン。
浜田とのトレイン攻撃からムーンサルトプレス。
素早く押さえ込んでフォール。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 09

しかし、そこにコダイラー達が再び乱入。
選手達に襲いかかったため試合は続行不能となった。

△児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&△リン・バイロン
(7分3秒 暗黒皇帝コダイラーの乱入によりノーコンテスト)

コダイラー「おいおいおい、何か小さな小学生が闘ってるかなと思ったらジジイじゃねぇか。
アッハッハッハッハッ、あー、びっくりした。
この小平市、もう俺たちの手中に入ったようなものだ。
明日からは悪の帝国となるのだ!
と、言いたいところだが、これじゃああまりにも骨がなさ過ぎる。
もっと俺たちを楽しませてくれ。
誰か、俺たちと闘う勇気のあるものは居ないのか?
出てこい!」
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 第2試合 10

すると、TAJIRIとパンテーラが登場。
第2試合を戦ったメンバーと合流し、コダイラー達に立ち向かう。

▽第3試合
TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン


試合はのっけから敵味方入り乱れた場外戦に。
小学校の校庭で所狭しと大乱闘が展開。

カンカン照りの陽気だったため、真琴は場外で休憩中(笑)
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 01

リングへ戻るとWNC勢が次々と攻撃を繰り出していく。
だが、児玉を捕らえたコダイラー軍は徹底的に痛めつける。

反撃に転じた児玉のトペを皮切りに、他の選手達も場外弾。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 02 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 03 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 04

最後はパンテーラが腕相撲マシーン1号を丸め込んで勝利を飾った。

TAJIRI&○E・H・D・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&×コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン
(10分47秒 ドラゴンラナ)
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 05

コダイラー「あぁ…、こら、お前達いい加減にしろ!
俺たちが負けてしまうなんて。
分かった、分かった、覚えてろよ。
この仕返しは必ず、必ずやってやるからな!
またこの小平に必ず来てやる、覚えてろ!」
こうして暗黒皇帝コダイラーの小平市乗っ取り計画は無事未遂に終わった。

最後は洗脳が解けた選手達も揃って挨拶。
試合後にはちびっこプロレス教室が行われ、大盛況となった。


▽試合感想
毎回、大人にも子供にも好評な「はじめてのプロレス」。
昨年から所属選手の変動が色々とあったため、今年は誰がヒールになるのかと思っていたら…。
しかし、この暗黒皇帝コダイラーがいきなりキャラ立ちしていて素晴らしかった。
洗脳された選手達の仮装、、もとい変身した姿もあんまり悪役っぽくなくて可笑しかったり。
分かりやすいストーリー展開もあって、今回も非常に楽しかった。

何よりもプロレスを知らない子供達がワーワー騒ぎながら楽しんでくれる事が嬉しい。
プロレス業界を底上げする意味でも、このシリーズが日本全国で開催されるくらいになってくれたらいいなぁと思うのでした。


▽オフショット
まずはイベント開始前にリングコンディションを視察に来ていたWNC2大アイドルのグラビア的ショット。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オフショット 真琴&日向小陽

そして、ちびっこプロレス教室の最中の1コマ。
カメラ目線いただきました!
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オフショット 真琴01

イベント終了後、真琴の周りには写真撮影やサインを求める人の輪が絶えず大人気。
今回は子供だけでなく大人の皆さんも多く、新たなファン層を開拓できたのではないだろうか?
砂埃がひどく、コスチュームも泥だらけになってしまったけれど、ずっと楽しそうに試合をしていたのが印象的でした。

最後にリングサイドで1枚。
ダブルヘッダーだった真琴は、この後すぐに西調布へと移動。
久々の野外での試合、お疲れ様でした!
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オフショット 真琴 02
posted by U1 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月24日

2012.12.24 JWP「CLIMAX 2012〜JWP 20th〜」 第3試合

▽第3試合
ザ☆WANTED!?プレゼンツ・サンタのファッションショーからのバトルロイヤル
〜サンタのコスプレが似合う子集めてみました〜!!〜


サンタ姿のザ・グレート・カブキさんがヌンチャク演舞を披露。
客席にプレゼントを投げ込んだ後、選手入場へ。
一人ずつコールを受けながら、思い思いのサンタコスチュームに身を包んだ選手達がリングへ。
全員揃ったところで記念撮影が行われた。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 01 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 02 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 03

いよいよバトルロイヤルがスタート。
リング上のあちこちで攻防が繰り広げられる中、乱丸が一人だけ仲間はずれ。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 04

乱丸「おい。ちょっと待て、コラ!」
とツッコミを入れる乱丸に周囲の選手達も思わず手を止めたものの、すぐ何事も無かったかのように元の相手と戦い始める。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 05

完全にハブられた乱丸はコーナーから「忍法・金縛りの術」。
一人一人の顔を眺めながら、かわいい子を物色。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 06 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 07 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 08

ハム子の前に来ると思わず「ないわぁ」と頭を叩く乱丸。
すると、ハム子は怒りのパワーで自ら金縛りを解き、つっぱり。
全員に呼びかけてトレイン攻撃を見舞い、「お、し、り、ダー!」からブルドッキングヘッドロック。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 09

さらにダイビングボディプレスでとどめを刺そうとしたハム子だったが、かわされて自爆。
マットに落ちたハム子を川佐がブロックバスターですくい上げると、全員でフォールして退場させた。

Sareeeが川佐、鋼にドロップキック連打。
KAZUKIにはクロスボディを放つもキャッチされ、ダブルニーの餌食に。
すぐさま全員で押さえ込んで3カウント。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 10 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 11

Sareeeを退場させたKAZUKIに、「あんなかわいい子を」と突っかかる乱丸だったが弾き飛ばされて返り討ち。
KAZUKIは標的を春日に移すが、春日はクリストに捕獲。
他の選手達が静観する中、阿部がカットに入ってボディスラム。
そこへ鋼がフロッグスプラッシュを投下して、退場へ追い込んだ。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 12

勢いづく鋼は先輩選手を次々と投げていく。
しかし、乱丸が隙を突いて丸め込み、3カウント。

藤本が川佐にドロップキック。
コーナーへ上がると、阿部が追いかけて引きずり落とす。
延髄斬りで反撃した藤本は、両手を広げてマットを一周。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 13 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 14

再びコーナーに上がった藤本を、今度はKAZUKIが襲撃。
自らがコーナーへ上がるも、逆にドロップキックで場外へ転落させられて失格。

またもや勝利のアピールをする藤本。
三度目の正直でコーナーへ上がると、アイスリボン後楽園大会のポスターを手にハム子&帯広と共にPR。
「アイスリボン最高!」と叫びながらKAZUKIへ特攻し、自ら失格となった。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 15

阿部を標的に全員でおてんばダッシュ。
乱丸に煽られてRayがコーナーへ上がるも、ロープへ揺らされて転落。
セカンドロープを掴んで粘るRayのお腹を真琴がくすぐって、場外に落とした。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 16 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 17

乱丸に阿部、川佐がトレイン攻撃。
真琴は阿部をブレイジングチョップ、ブレイジングキックで襲撃。
ダウンさせたところへW・W・ニーで追撃を狙うも、不発。
阿部がスリングブレイドを決めると、乱丸・川佐と3人がかりで押さえて3カウント。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 18 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 19 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 20

残るは乱丸、阿部、川佐の3人。
乱丸が「先輩!」と阿部に握手を求めるだったが、阿部は裏切って川佐とダブル。
金縛りで2人を棒立ちにさせた乱丸は「忍法・バンヤヤヤンの術」を出すことを宣言して、川佐の胸にタッチ。
すると、弾き返された乱丸の手からセコンド陣や場外の選手まで弾力が伝わり、全員がタコ踊り状態に。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 21

何とか揺れの納まった乱丸。
続いて、阿部に対して術を試みるも貧乳で有名な阿部からは全く手応えなし。
その場に崩れ落ちた阿部だったが、「ふざけやがって」と無礼な術に激怒。
川佐の助けも借りて襲いかかり、もつれ合いながらエプロン際へ。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 22

この機を見逃さなかった川佐がロープワークで2人を振り落とし、見事に優勝の座をゲットした。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 23

○川佐ナナ
(10分29秒、オーバーザ・トップロープ)
×阿部幸江&×救世忍者乱丸
※退場順:星ハム子、Sareee、春日萌花、ライディーン鋼、KAZUKI、藤本つかさ、Ray、真琴

▽試合感想
参加選手の中では最も背が高く、ちょいセクシーなミニスカサンタだったので、参加選手の中でも真琴の華やかさは際立っていたと思う。

そして、実はJWP後楽園大会初出場(ジュニアオールスター戦を除く)だったりする。
JWPへの出場自体も久々だったけど、こうして声がかかるのは良い事だと前向きに捉えたい。
今度はちゃんとした試合で呼ばれるといいな。

しかし、ザ・WANTEDプレゼンツのはずが、気付いたら乱丸選手オンステージみたいな試合だったな(笑)
東京ではなかなか拝見する機会が無いので、面白かった。

▽真琴売店
休憩中にはサンタ衣装のまま、売店へ姿を現した真琴。
写真はこの日のまこサンタ特典だったお菓子と共に。
肩の力を抜いた、楽しさを前面に打ち出したバトルロイヤルで、2012年最後の他団体出場を和やかに終えられたので、ある意味良かったかな。
相変わらず女子プロレス会場での人気は高く、売店には列が絶えず出来ていた様子。
お疲れ様でした♪
JWP 真琴売店
タグ:真琴 JWP
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月13日

新宿ゴールデン街Bar瑠璃 1周年

記事のアップが遅くなってしまいましたが、12月6〜7日に新宿ゴールデン街のBar瑠璃にて1周年イベントが行われました。
6日は観戦があったため、真琴もお手伝いに入っている7日にお邪魔してきました。

真琴公式Twitterやfacebookをチェックしている方にはお馴染みのお店。
6月末頃から出勤している真琴は、瑠璃の歴史の半分近くに関わっている事になりますね。

こちらでは、リング上や試合会場とはまた違った、素に近い真琴の表情に出会う事が出来るのがファンにとっては大きな魅力です。
この日は、他ではまず見れないお茶目な格好も披露。
右の写真は某後輩レスラーが着ていたものにそっくりなような(笑)
DSCF1107.JPG DSCF1112.JPG

Bar瑠璃はゴールデン街の中では、各種アルコール&ソフトドリンクと料理屋顔負けのおいしいフードがリーズナブルに楽しめるお店。
ママのつなで姫さんがプロレスファンな事もあり、店内にはプロレス関連ポスターやレスラーのサインがズラリ。
運が良ければ現役レスラーや関係者にも出会えるかもしれない、プロレスファンにとってはとっても馴染みやすいお店です。
週1〜2回行われる真琴デーへ、是非足を運んでみてください。
DSCF1115.JPG

お店のスケジュールはBar瑠璃のmixiページまたはTwitterでチェック出来ます
タグ:真琴
posted by U1 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記