2013年09月29日

2013.09.29 WNC川崎 メイン

▽真琴vs中島安里紗
朱里の負傷欠場に伴うカード変更で、急遽メインに抜擢された真琴。
同期である中島を相手に、WNCで初めてのシングルメインに挑む。

まずは真琴から入場。
緊張した面持ちでリングへ上がり、コールを受ける。
一方の中島は堂々とリングインすると笑顔を覗かせるほどのリラックスぶり。
それぞれに対照的な表情を見せる。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 01

試合開始。
リング中央でゆっくりと手を取る両者。
中島が掌を返して制し、フロントネックロック。
グラウンドへ引き込んで絞め上げる。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 02 WNC川崎 真琴vs中島安里紗 03

真琴が首を抜いても、中島は落ち着いて腕固めへ移行。
冷静にコントロールしてダメージを与えていく。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 04

真琴は何とかエスケープに成功。
センターで向かいあうと中島がタックルからバックへ。
ここは真琴が腕を取って切り返すも、中島はヘッドロック。
投げてから袈裟固めでプレッシャーをかけ、起こしてエルボー。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 05 WNC川崎 真琴vs中島安里紗 06

連続でヘアホイップへ行く中島。
這いつくばる真琴の顔面を蹴り、さらにロープ際で膝蹴り。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 07 WNC川崎 真琴vs中島安里紗 08

アームホイップで流れを変えた真琴がアームバー。
前転した外した中島は巧みにマフラーホールド。
苦しい表情を浮かべる真琴だが、必死にロープまで辿りつく。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 09 WNC川崎 真琴vs中島安里紗 10 WNC川崎 真琴vs中島安里紗 11

中島、コーナーへ詰めてストンピング。
対角線上へ走ると真琴が追いかけて串刺しフロントキック。
コーナーへ振ろうとするが、中島が裁いてDDT。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 12

ところが、中島の方がうずくまったまま動けなくなってしまう。
場外へ転がり出るが、異変を察知した真琴も追いかけずリング上で待機。
突然の事態に客席も静まりかえってしまう。

中島が起き上がると今井レフェリーが確認して、リングアナへ合図。
直ちにゴングが鳴らされて試合終了となった。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 13

真琴vs中島安里沙
(ノーコンテスト)

あまりに想定外の結末に、ゴングが鳴らされると同時に泣き崩れる真琴。
右腕が使えない状態の中島と真琴はロープ越しに握手を交わした。
WNC川崎 真琴vs中島安里紗 14 WNC川崎 真琴vs中島安里紗 15

騒然とする客席に対して、TAJIRIが状況を説明。
試合中に中島が右肘を脱臼したと告げられた(その後の発表で右肩脱臼である事が判明)。
「どうすればいいか」と客席に尋ねるTAJIRI。
すると「バトルロイヤル」という声が上がり、急遽、全選手参加によるバトルロイヤルが行われる事となった。


▽バトルロイヤル
AKIRAを皮切りに、試合を終えた選手達が続々とリング上へ集結。
会場へ来ていたCMLLのセウシスやバケリータも何故か参戦。
ガヤガヤとしている内、雪崩式に試合が始まった。
WNC川崎 バトルロイヤル 01 WNC川崎 バトルロイヤル 02

オーバー・ザ・トップロープが採用される事が試合中に決まったため、まずはAKIRAが標的に。
児玉もエプロンへ送り出され、二人同時に最初の退場者に。
WNC川崎 バトルロイヤル 03

続々とOTRによる脱落者が生まれていく。
あっという間にリング上はTAJIRI、土肥、篠瀬、CMLL女子2選手、真琴に絞られる。
真琴は試合と関係ないリンに引き出されて場外へ。
WNC川崎 バトルロイヤル 04

セウシスが篠瀬、土肥に押さえ込まれて退場。
バケリータを退場させたTAJIRIは土肥にもバズソーキックを浴びせて3カウント。
さらに篠瀬もあっさりと片付ける。

ここでTAJIRI優勝のアナウンスがされたが、OTRではないため失格になっていない真琴がリングへ復帰。
TAJIRIのローキックを食らいながらも、ハイキックは回避。
素早くスクールボーイで丸め込んで全体重を乗せ、3カウント。
WNC初のバトルロイヤルで見事に優勝を飾った。
WNC川崎 バトルロイヤル 05 WNC川崎 バトルロイヤル 06 WNC川崎 バトルロイヤル 07
WNC川崎 バトルロイヤル 08

マイクを握った真琴。
メインを任された重圧への想いを告白しながらも、不本意な形で終わった試合の再戦を約束。
最後は「まこまこ印」で大会を締めた。
WNC川崎 バトルロイヤル 09 WNC川崎 バトルロイヤル 10 WNC川崎 バトルロイヤル 11

▽試合感想
真琴に突然降って湧いた、大きなチャンス。
SMASHへ移籍してから約2年、遅すぎるくらいの初シングルメイン。

しかし、同期でフェードアウトしていた期間もある中島を相手に"チャレンジマッチ"と銘打たれてしまう事が、真琴の現在のポジションを現している。
ずっと応援してきた者としては悔しい現実。
だからこそ、初めて迎える大会で起きた偶然は24歳になった真琴がプロレスラーとして一つ上のステップへ行くために、天から与えられたバースデープレゼントのようにも思えた。
この試合を乗り越えて、もっと大きなチャンスへ繋げて欲しい、と。

しかし、そこで待っていたのはさらなる運命のいたずらだった。
予想もできなかったアクシデントによる決着。
誰に落ち度があるわけでもないので仕方がないけれど、残念としかいいようがない。

ゴングが鳴らされた後に、泣き崩れた真琴の姿も久しぶりに見た。
彼女のなりに決意を持って臨んだであろう試合。
失敗も成功も出来ぬまま、あっという間に終わってしまったのは悲運だった。

その後のバトルロイヤルについては、全選手よく対応してくれたなと思う。
結果的には非常に暖かい雰囲気に包まれて大会を終える事が出来たので、あの状況ではベストな選択だったのだろう。

ただ、出来れば不本意に終わってしまった試合に対して、もう一度チャンスを与えて欲しい。
出来れば同じシングルメインというシチュエーションで。
24歳でキャリア7年目、もう若手ではない真琴が本気で立ち向かっていく姿が見たいから。
中島が復帰したら、近いうちに再戦が組まれる事を願っています。

※売店ショットはなし
posted by U1 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月23日

2013.09.23 WNC×メープルカイザー 第4試合

▽TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔

WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 01 WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 02

TAJIRIとAKIRAの大将対決で試合開始。
コール合戦が起こった後、ロックアップから手四つへ。
TAJIRIがグラウンドへ引き込めば、ヘッドシザースの掛け合い。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 03 WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 04

AKIRAがショルダータックル。
TAJIRIもヒップトスで投げて、距離を取る。

両者チェンジ。
リングインするや、軽い身のこなしでセカンドロープを渡るパンテーラ。
児玉が握手を求めるが、応じたパンテーラをだまし討ち。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 04 WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 05

リープフロッグで突進をかわしたパンテーラ。
ロープへ飛び乗ってからクロスボディ。
ドロップキックを放つと場外に出た児玉を追いかけると見せ、器用にロープで体を弾ませてフェイント。

真琴と朱里がタッチを受ける。
懐に潜り込んだ朱里がハンマーロック。
腕を絞り上げていると、背後からTAJIRIが髪を掴んでカット。
すると、AKIRAも真琴の髪を引っ張って妨害。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 06 WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 07

今度はパンテーラも加わって朱里の邪魔をする本隊。
しかし、ここは朱里が自陣へ引き込んでタッチ。

AKIRAがストンピング、腹へのパンチと容赦ない攻撃。
替わった児玉もコーナーへ詰めて頭にナックル。
ボディスラム2連発からカバー。
ブリッジで抜け出した真琴はドロップキックで返して、TAJIRIに繋ぐ。

TAJIRIはアームドラッグで投げると、控えていた朱里、AKIRAにも攻撃。
だが、児玉にトラースキックを食らい、前のめりにバンプ。

3人がかりでTAJIRIを痛めつけるシナプス。
朱里がミドルキック連打。
避けたTAJIRIをカサドーラで丸め込み。
返されるとブルドッキングヘッドロックを決めて、カバーするがカウント2。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 08

再び3人でTAJIRIを襲うシナプス。
AKIRA&児玉がダブルへ行くと、TAJIRIがハンドスプリングエルボーで反撃。
朱里にはケブラドーラ・コンヒーロ、児玉にも鋭いトラースキックを叩き込んでチェンジ。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 09

パンテーラがシナプス3人へ攻撃を加えながら場外へ送り出し、トペコン。
全員入り乱れての場外戦となる中、場内にあったリングトラックを登っていくパンテーラ。
荷台の上からプランチャを敢行して、観客を沸かせる。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 10 WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 11

リングへ戻ると、パンテーラがラ・マヒストラルで丸め込み。
キックアウトした児玉はドロップキックを返して、両者チェンジ。

朱里に対して真琴がエルボー連打。
ガットショットで止めた朱里がロープへ走れば、追いかけて一撃。
朱里もキチンシンクでやり返すが、真琴は低空ドロップキックで逆襲。

四つん這いになった朱里のボディを蹴り上げる真琴。
フットスタンプ、W・W・ニーを決めてカバーするがカウント2。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 12

真琴、粘る朱里を振り切ってダブルアームスープレックスホールド。
これも3カウントならず。
スピアーでフィニッシュを狙う真琴。
朱里はカウンターのミドルキックを放ち、AKIRAに繋ぐ。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 13

TAJIRIもタッチして、ローキック。
AKIRAはフライングラリアットを返してムササビプレスを狙うが、TAJIRIがハイキックで足止め。
そのままデッドリードライブで投げて阻止。
それぞれパンテーラと児玉に替わる。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 14

意表を突いて逆さ押さえ込みを見せるパンテーラ。
キックアウトした児玉は低空ドロップキック、ブレーンバスターで反撃。
コーナーへ振ると、朱里が串刺しジャンピングニー、AKIRAがムササビプレス。
さらに児玉がコークスクリュームーンサルトでとどめに行くが、自爆。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 15 WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 16

ここで真琴がフライングボディアタック、TAJIRIがハイキックで援護射撃。
ダウンした児玉にパンテーラがスワントーンボムを炸裂させ、勝負を決めた。
WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 17 WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 18

TAJIRI&真琴&○エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&×児玉裕輔
(15分14秒 スワントーンボム→片エビ固め)

WNC×メープルカイザー TAJIRI&真琴&エル・イホ・デル・パンテーラvsAKIRA&朱里&児玉裕輔 19

▽試合感想
WNC×メープルカイザーのコラボ興行として行われた広島大会。
客席には子供の姿が多く観られた。

そういうシチュエーションも手伝ってか、普段にはないコミカルなシーンも織り交ぜながら分かりやすいプロレスを展開。
特にパンテーラが場外で見せたプランチャには、多くのお客さんが歓声を上げていた。


▽売店ショット
この日はレイナ、W-1地方大会から続く4連戦の最終日。
特に大きな怪我もなく、無事に乗り切れた事が何より。
地方での試合が多かったので、首都圏以外のファンに真琴をアピールする良い機会になったと思います。

広島という事でもみじ饅頭ポーズで。
本当にお疲れ様でした!
WNC×メープルカイザー 真琴 売店ショット
タグ:真琴 WNC
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月20日

2013.09.20 REINA女子プロレス 第3試合

▽下田美馬vs真琴

過去にいくつもの因縁を生んだシングルマッチが久々に実現。
REINA 下田美馬vs真琴 01 REINA 下田美馬vs真琴 02 REINA 下田美馬vs真琴 03

しっかりと握手を交わして、試合開始。
REINA名物のメキシコ軍団からは早速「MIMA!」コール。
対抗して真琴も自らコールを起こす。
REINA 下田美馬vs真琴 04

ロックアップから腕の取り合い。
下田がうまく転がし、髪を掴んでのフライングメイヤー。
そのまま髪を捩じりあげ、反則カウントに合わせて持つ手を入れ替える。
REINA 下田美馬vs真琴 05

下田、フェースロック。
真琴は腕を取ってアームドラッグ。
ロープへ飛んで向かっていくと、下田が足払いからフォール。
REINA 下田美馬vs真琴 06

ブリッジで抜け出した真琴はストンピング。
コーナーへ振って、ブレイジングチョップ。
気迫をこめて何発も打ち込む。
さらにロープへ括り付けて髪を引っ張り、荒々しい一面を見せる。
REINA 下田美馬vs真琴 07 REINA 下田美馬vs真琴 08

真琴がボディシザース。
抜け出した下田は裏ももへストンピング。
真琴の足をロープへかけると飛び上がって、足へ全体重を乗せたヒップドロップ。

続いて足を固めていく下田。
悲鳴を上げる真琴の髪を引っ張って、厳しい攻め。
エスケープされても、すぐに上から踏みつける。
REINA 下田美馬vs真琴 09

下田、今度はロープの反動で真琴を吹っ飛ばして顔面蹴り。
カバーは返されたが、ロープへ括り付けていためつける。
これを外すとセンターへ投げ捨て、両手にフットスタンプ。
またしても真琴から悲痛な声が。
REINA 下田美馬vs真琴 10

なおも容赦なく顔面蹴りを連発する下田。
ロープへ振られた真琴は反撃のクロスボディを決めてカバー。
しかし、下田はチョークしながら返して逆転。
逆エビ固め、フェースロックでいためつけるが、真琴は自力でエスケープ。
REINA 下田美馬vs真琴 11

下田はフロントネックロックの体勢から、投げて腕固め。
さらに厳しい顔面蹴りを連発。
丸め込みはロープを掴んでこらえ、かかと落としからフォール。
REINA 下田美馬vs真琴 12 REINA 下田美馬vs真琴 13

肩を上げた真琴が力を振り絞ってチョップ。
下田はエルボーで止めて、コーナーへホイップ。
だが、真琴は跳ね上げてコーナートップに乗せ、ボディ蹴り。
フライングボディアタックを放ってカバーするが、カウント2。
REINA 下田美馬vs真琴 14 REINA 下田美馬vs真琴 15 REINA 下田美馬vs真琴 16

一気に攻め込みたい真琴。
再びボディ蹴りから、フットスタンプ。
W・W・ニーを食らわせてフォールも、カウント2.

ならばと、真琴はライジングスターの体勢へ。
膝蹴りでクリアされたが、無気力キックでダウンさせてカバー。
返されると今度はダブルアーム狙い。

下田も反転してタイガースープレックスを狙う。
ここはクリアした真琴、素早くライジングスタースープレックス。
そのままホールドするが、3カウントならず。
REINA 下田美馬vs真琴 17

カニ挟みで流れを切った下田は再びかかと落とし。
ロープへ振ると、真琴がカウンターのスピアー。
覆いかぶさってフォールに行くが、これも2カウント止まり。

コーナーへ上がった真琴を、下田が追いかける。
振り払う真琴だが、続くフライングボディアタックはかわされて自爆。

真琴がエビ固めへ行くと、下田が反転。
再び切り返した真琴。
キックアウトされると、今度は三田さん固めで執拗に丸め込み。
しかし、これもクリアした下田。
一気にタイガースープレックスホールドで、勝負を付けた。
REINA 下田美馬vs真琴 18 REINA 下田美馬vs真琴 19 REINA 下田美馬vs真琴 20

○下田美馬vs×真琴
(10分9秒 タイガースープレックスホールド)

▽試合感想
アイスリボン時代には何度も行われたシングルマッチ。
三田英津子さんを師と仰いでいた真琴、そのパートナーである下田とは三田さん引退後にも幾多のストーリーがあった。
直接的な繋がりはないけれど、真琴物語を語る上で下田というのは欠かせない人物の一人である。

そんな因縁深い相手と、久々に行われたシングルマッチ。
先日のREINAでもそうだったように、三田さんを意識した技を多用していた真琴。
前半は一方的に攻め込まれる展開が多かったものの、後半は真琴がフォールへ行く場面の方が多かった。
ライジングスタースープレックスも前回よりはしっかりと決まっていた。

振り返れば、これまでの対戦で真琴が最も攻め込んだ内容になったと思う。
それでも、最後まで下田ペースに見えたあたりはベテランならではの恐ろしさというか。

ただ、真琴もキャリアを考えればそろそろ下田を越えなくてはいけない時期。
その実力は十分に付いてきているはずなので、次に相まみえる時は貪欲に勝利を狙って欲しい。


▽売店ショット
大会終了後の売店にて。
この日から遠征を含む怒涛の四連戦がスタート!
9月は久しぶりに1か月で10試合以上組まれているのだけど、ここが1つのヤマとも言える。
まずは怪我なく試合を終えられて良かった。
REINA 売店ショット 真琴 01

四連戦、ガンバっていきましょう!
REINA 売店ショット 真琴 02
タグ:reina 真琴
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記