2014年04月06日

2014.04.06 WNC川崎 第3試合

▽朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希

まずは真琴&成宮組から登場。

扇を片手に妖艶なエビ反りを見せる成宮。
WEWハードコアを肩にかけて元気良くアピールする真琴。
二人に同色の紙テープが飛ぶ。
コーナーに並んだ二人は顔を見合わせると、しっかり握手。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 01 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 02

先発は朱里と成宮。
リング中央で向かい合い、成宮から仕掛けて組み合う。
先にテイクダウンに成功したのは成宮だが、朱里に押されてガードポジションへ。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 03 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 04

朱里が一旦距離を置いて、両者立ち上がる。
バックを取った成宮はヘッドロック。
投げると朱里がヘッドシザースで切り返し。

今度は朱里からタックルに行き、テイクダウン。
腕十字を狙うが、成宮もしっかり腕をクラッチしてガード。
緊張感ある攻防から、両者とも距離を取ってパートナーにタッチ。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 05

真琴がエルボーを打とうとするが、小林はかわしながらロープ間を往復。
ショルダータックルでダウンさせて気合を入れる。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 06

コーナーへ詰めた小林は対角線上へ振ろうとするが、真琴が逆転。
串刺し無気力キックを浴びせ、フェースクラッシャーからフォール。
カウント2で返されると、小林を捕えたまま成宮にタッチ。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 07

まずはスレッジハンマーを落としていく成宮。
ヘアホイップを連発して、真琴にチェンジ。
二人がかりで小林の喉元を踏みつける。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 08 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 09

真琴がリング中央でボディシザース。
小林が肘を立てて逃れようとするが外させず、反転してフォール。
キックアウトされると、成宮にタッチ。

成宮は力強いボディスラム。
キャメルクラッチで締め上げるが、背後から朱里がローキックを放ってカット。
すると、成宮は怒りの形相で朱里を追いかけて反撃。
荒っぽくリング下へ投げ落としてから、真琴に替わる。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 10

小林がエルボー連打。
受け切った真琴はお返しの一発でダウンさせてフォール。
これを返した小林は首固めで逆転を狙うも失敗。

立ち上がった真琴が胸元へチョップ。
小林はドロップキックで逆襲して、やっと朱里にタッチ。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 11 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 12

朱里はリングインすると、まずは真琴にミドルキック。
控えていた成宮にも一撃かますが、成宮も気丈に反撃。
その隙に真琴が迫ってロープへ振るも、朱里はジャンピングニーを放ってカバー。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 13

真琴が返すと、朱里はフライングメイヤー。
サッカーボールキックを叩き込み、再びフォール。
これも返されるが、即座に腕十字へ。
苦しい表情の真琴だったが、どうにかロープエスケープ。

カニ挟みで流れを変えた真琴。
ボディ蹴り、フットスタンプ、W・W・ニーのコンボを決めてカバー。
返されると成宮にタッチ。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 14 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 15

成宮は半身を起こした状態の朱里へ、思い切りストンピング。
朱里が立ち上がると、お互いに対抗心を剥き出しにしながらエルボー合戦。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 16

ロープへ飛んだ成宮を朱里が追いかけ、キチンシンク。
ハーフハッチで投げてカバー。
カウント2で返されると、膝蹴りを連打してコーナーまで詰める。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 17 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 18

対角線上へホイップされた成宮は、コーナートップへ上がり朱里の側頭部にキック。
リング中央でドロップキックを浴びせてフォール。
朱里が返すと、今度はアルゼンチンコースターを決めてカバーに入るが、これもカウント2。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 19 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 20

成宮がロープへ飛ぶと、朱里はバックに回ってジャーマン。
だが、成宮もすぐ立ち上がって反撃。
両者パートナーへ繋ぐ。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 21

がむしゃらにエルボーをする連打に対し、真琴は軸足を蹴ってひずまかせる。
ロープへ飛ぶと、小林がカウンターのドロップキック。
セントーンで追撃してカバーに入るもカウント2。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 22

ならばと得意のミサイルキックを浴びせて再びカバー。
ブリッジで返した真琴は無気力キックで逆襲。
さらにダブルアームスープレックスホールドでフォールするが、カウント2。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 23 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 24

真琴は成宮とサンドイッチ式無気力キックを決め、カバー。
しかし、小林は必死に返してカウント2。
今度はスピアーで仕留めにかかる真琴だが、小林かわしてスクールボーイ。
キックアウトされても、朱里がジャンピングニーでアシスト。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 25

小林が雪崩式ヒップドロップを炸裂させてフォールも、成宮がカット。
続くフィッシャーマンズスープレックスホールドも3カウントならず。
WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 26

ロープへ飛んだ小林を成宮が追いかけて、体当たり。
即座に真琴がスピアーを決めると、素早く押さえ込んで3カウント。
"マコマキ"が初タッグながらも、見事に勝利を手にした。
WNC川崎 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 28 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 29 WNC川崎 朱里&小林香萌vs真琴&成宮真希 30

朱里&×小林香萌vs○真琴&成宮真希
(10分48秒 スピアー→片エビ固め)


▽試合感想
成宮がデビューしたのが2011年3月。
アイスリボンから真琴が離れたのが2011年8月。
真琴の欠場期間を含めると4ヶ月弱しか同じリングに立っていない二人が、今回3年越しの初タッグを結成。

二人とも身長があって、コスチュームカラーにも共通の色が入っているので並び立つと絵になる。
タッチワークもスムーズで、所属団体は変わっても血脈が同じもの同士ならではの息の合ったところを見せた。
WNC初参戦の成宮は朱里に対して感情剥き出しで向かっていく気の強さを発揮し、こちらも非常に印象的だった。

休憩中の売店で久しぶりに成宮に挨拶したら、練習生時代に団体のトップだった真琴と組めた事が嬉しいと明るい笑顔で語ってくれた。
彼女がそういう風に思ってくれている事が、自分としてはまた嬉しかったな。

真琴も成宮も、現在は共にタッグチャンピオンなので頻繁に組む事は難しいかもしれないけれど、またどこかで機会があったら"マコマキ"を観たいと思ったのでした。

※真琴はダブルヘッダーによる移動のため、売店ショットは無し。
posted by U1 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93613745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック