2014年01月26日

私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング

リング中央に正座する真琴。
真琴「皆さん、本当に今日はありがとうございました。
正直、、、満足できるものではなかったんですけれども…。
満足できるものではなかったと思うんですけど。
でも、ここがまだ私たちの始まり…。」
言葉に詰まる真琴に、客席から激励の声援が飛ぶ。
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 01

真琴「絶対第2回やりましょう!
次こそは絶対にみんな満足できるように、してきますので。
その時はよろしくお願いいたします。」
第2回の開催を力強く宣言した。
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 02

真琴「そして、突然なんですけど。
自分は今日をもって私立プロレス学園を卒業します。」
都「無しでしょ…、何それ!?
そんな事言うんだったら、じゃあ、、私も卒業します。」
小林「待ってください。じゃあ、私も。
だって都さんが、PTA会長がいないなんて、私も…」
突然の卒業宣言ラッシュに戸惑う観客。

真琴「実は皆さんに今日のご挨拶をするために、自分の母を呼んであります。
お母さん、出てきてください。」

強引な方向転換に思われたが、、
照明が落とされると入場ゲートから現れたのはバースデーケーキを持った小陽。
これはプロレス学園から加藤へのサプライズ!
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 03

だったのだが、花道にある段差で小陽が転倒。
ロウソクだけで無くケーキがクラッシュするという予想外の事態に、会場内は騒然!
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 04

真琴「皆さん、今の全部嘘です。サプライズです。」
学園長のネタばらしと共に、あらかじめ観客にも配られていたクラッカーが一斉に鳴らされる。
さらにお祝いの「悠!悠!」コールで祝福。

嬉しさから号泣する加藤の元へ、ひとまず拾い上げられたケーキが到着。
都「ぐちゃぐちゃなんですけど…」
加藤「みんな、クラッカーとか鳴らしちゃって。
元から知ってたんですか?私しか知らない…。」
※クラッカーが配られただけで、サプライズの内容までは知らされていません。
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 05

加藤「ありがとうございます。皆さん、何か優しいですね。
プロレス学園の皆さんもホントに優しくて。
何か、知らないけど…。」
まさかの知らない発言(笑)

加藤「プロレス学園の一員になれて、本当に幸せです。
とりあえず、ありがとうございます。
ダイエットしてるんですけど、ケーキ全部食べます。」
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 06

真琴「あ、じゃあ締めます。」
そして学園長の一言で、唐突に締めの時間へ。
真琴「さっきはサプライズの事でいっぱい、いっぱいだったんですよ…。」
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 07

さらに学園長のマイペースぶりは続く。
真琴「締め、誰か思いついた方?」
客席から「しりぷろ、しりぷろ」という掛け声の提案。
それを聞いた真琴はお尻を横に突き出すポーズを即興で編み出し、これがオリジナルの締めに。

真琴「じゃあ皆さん、ご起立ください。
行きますよ。
3、2、1、しりぷろ、しりぷろ!しりぷろ、しりぷろ!
ありがとうございました!」
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 08

こうして騒がしく学園祭の幕は閉じられた。
私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 09 私立プロレス学園〜学園祭〜 エンディング 10

▽大会感想
真琴が私立プロレス学園を設立してから、約5ヶ月。
WNC本興行だけでは分かりづらかったユニットの、各メンバーの織りなす景色が、やっと形になって現れた大会だった。

積極的に人を先導するタイプではない真琴が、自主興行(学園祭)発表後は四苦八苦しながらメンバーの意見をまとめようとしていた跡が色々な場面で垣間見えた。
それは各メンバーがWNCの中だけでは表現しきれない"我"をぶつけた事の証でもあったのではないか。
ユニットとして初めての自己表現で、会場をしっかりと埋める集客に繋げた事は大きな意味があるはず。
同時に真琴にとってもまた、1つハードルを乗り越えた事が今後のプラスに働けばいいなと思う。

まだ未完成で手探りながらも、自分達の力で興行を作り上げようとする私立プロレス学園メンバーと、それを温かく見守る観客が共に創り上げた空間だったな。
始まる前にはちょっと不安もあったのだけど、最後まで楽しい時間が過ごせました。

会場にはWNCではあまり見ない女子プロレスファンの方も多く見受けられた。
それも各メンバーが今まで積み重ねてきた事の結果なんだろう。
今度はその底力をWNC本興行で発揮して、もっと私立プロレス学園というユニットをアピールしていって欲しい。


▽売店ショット
大会終了後の売店は大盛況!
個人的には久々のリング上での集合ポラ撮影なども行われ、撤収時間ギリギリまで賑わっていました。

初お披露目のNEWコスを着用した真琴。
過去最大級に胸の谷間を強調したデザインですが、かっこ良さとセクシーさのバランスが取れていると思う。
色合いが久しぶりに純粋な紫なのも、個人的には好きなポイント。
やっぱり彼女のテーマカラーは紫だと思うのです、うん。
私立プロレス学園〜学園祭〜 真琴 売店ショット

大会準備〜フィナーレまで、本当にお疲れ様でした!
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86191493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック