2013年05月26日

2013.05.26 WNC名古屋 第1試合

▽スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 01

先発はスターバックと高橋。
ロックアップからスターバックがロープまで押し込み、クリーンブレイク。

仕切り直して再びバックを取るスターバック。
高橋、腕を取って切り返すも、スターバックは前転しながら足を掬いトーホールド。
腕十字を狙う高橋だが、足を固められてエスケープ。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 02

リング中央、スターバックがフルネルソンで捕獲。
フライングメイヤーからスリーパーで締め上げる。
腕を取った高橋はフロントネックロックの体勢で起こすが、スターバックはそのままコーナーへ突進。
逆水平、串刺しラリアット、ブレーンバスターと攻め込んで、朱里にチェンジ。

朱里は鋭いローキック連打。
続くミドルキックは高橋がキャッチして小外刈り。
足を持ったまま自陣で引きずっていき、真琴とタッチ。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 03

相手が起きるまで待つ真琴。
ローキックで牽制した朱里はサイドヘッドロックから首投げ。
真琴もヘッドシザースで返して距離を取る。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 04

朱里が再びヘッドロック。
ロープへ振ってタックルで倒し、フォール。
ブリッジで返した真琴、今度は渾身のショルダータックルで逆襲。
続いて伸びのある無気力キックで追撃し、高橋に繋ぐ。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 05

フロントネックロックに捕らえられた朱里だが、そのまま自陣まで突進。
タッチしたスターバックがナックル連打。
高橋もエルボーで逆襲すると、豪快にボディスラムで投げてフォールに行くがカウント2。

スターバックをコーナーへ押し込む高橋。
対角線上へ振られるとバックエルボーで反撃。
だが、スターバックもフロントキックで迎撃してフライングラリアット。

替わった朱里が膝蹴り連打。
コーナーでストンピングを落とし、顔面を踏みつけ。
レフェリーからブレイクがかかるとスリーパーで体力を削ってから、スターバックにタッチ。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 06

スターバックはダブルアームスープレックスを決めてカバーするが、カウント2。
今度は脳天にエルボーを落とし、フィストドロップからカバー。
これも高橋がキックアウトすると、朱里へ繋ぐ。

ミドルキックを連打していく朱里。
だが、高橋はカウンターのスピアーでようやくローンバトルを脱出。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 07

真琴がタッチを受けると共にコーナートップへ上がり、ダイビングボディプレス。
ボディ蹴りからフットスタンプ、W・W・ニーを食らわせてカバー。
カウント2で返されると、エルボー合戦を展開する。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 08 WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 09

朱里はカウンターのジャンピングニーを叩き込んで交代。
容赦ない串刺しラリアットを決めたスターバックに対し、真琴も負けじと鋭い無気力キックで逆襲。
立て続けにダブルチョップを叩き込んで、スターバックを仰け反らせる。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 10

チェンジした高橋は真琴にダブルを要求。
ロープへ振ると二人でスピアーを炸裂させ、串刺しジャンピングエルボー。
さらにバックドロップで投げると、苦しそうな表情のスターバック。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 11

立ち上がると高橋がバックを取るも外され、そこへ朱里がハイキック。
このチャンスにスターバックが必殺のパイルドライバーを決め、一気に勝負を付けた。
WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 12 WNC名古屋 スターバック&朱里vs高橋匡哉&真琴 13

○スターバック&朱里vs×高橋匡哉&真琴
(9分1秒 パイルドライバー→片エビ固め)

▽試合感想
SMASH時代から通して、真琴にとってはこの試合がスターバックとの初対決。
串刺しラリアットを食らったときはヒヤッとしたけれど、直後に思い切り反撃していく姿は頼もしかった。

パートナーの高橋とも初のタッグ結成だったが、連携はちょっとぎこちなかったな。
真琴も高橋も個人では朱里やスターバックに負けず食らいついていったが、シナプスとタッグ力の差が出てしまった印象だった。

真琴は、親戚が多く"第二の地元"と言える名古屋近辺でもなかなか勝てずにいる。
次に来る時こそはすっきりとした勝利を飾れるように、ファイト!


▽売店ショット
この日で東京、大阪から続いた3連戦が終了。
久しぶりの巡業だったけど疲れた様子も無く、最後まで元気そうにしていたので一安心。

結果だけ見ると自身のピンフォール負けを含み、チームで3連敗。
それどころかWNC女子王座を失ってからは1度も勝ち星に恵まれておらず、苦しい状態が続いているように見る。
ただ、試合中の動きを見ていてスランプという感じは全く無いので、再びきっかけを掴むまで前を向いて進んでガンバって欲しいと思います。

3連戦、本当にお疲れ様でした!
WNC名古屋 真琴 売店ショット
posted by U1 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68586377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック