2013年05月24日

2013.05.24 WNC新宿 第2試合

▽児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン

まずは青コーナー側より真琴が一人で登場。
続いて児玉と黒潮が二人でリングイン。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 01 児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 02

赤コーナー側も先にボリショイが姿を現すと、リング上でヌンチャクのパフォーマンス。
最後にパンテーラとライオンが入場した。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 03 児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 04 児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 05

先発は児玉とライオン。
ライオンが小刻みにローで牽制していくが、児玉かわしてバックへ。
腕を取るとライオンが強引に押さえ込み。

ヘッドシザースで切り返した児玉に対し、ライオンはヘッドロック。
ミドルキック連打でダウンさせると、児玉もランニングエルボーで反撃。
ライオンのお株を奪うように雄たけびを挙げてみせる。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 06

それぞれ黒潮、パンテーラにタッチ。
トップロープから華麗にリングインしたパンテーラが黒潮に握手を求める。
警戒する黒潮と無理やり握手したパンテーラは、即座に一撃。

両者の素早いロープワークから、パンテーラがコルバタ。
トペコン風に場外へ飛び降り、さらにリングサイドで黒潮をホイップする妙技で客席を沸かせる。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 07

ここで突如、黒潮がタッチを求めたために戸惑う真琴。
パンテーラは跪きながら両手を後ろに組んで挑発。
ならばと真琴も強烈な無気力キックでダウンさせる。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 08

真琴がロープへ飛ぶが、ボリショイが場外から足を引いて妨害。
パンテーラがラ・マヒストラルへ行き、返されるとボリショイにタッチ。

アームバーで腕を痛めつけながら、髪を引っ張るボリショイ。
レフェリーに注意を受けると、今度は両手を踏んづけてからDDT。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 09

ライオンがチェンジして、真琴を容赦なくスラム。
続いてストンピングを落とし、シーソーホイップ。
押さえ込んでカバーに入るがカウント2。

ライオン、今度はネックブリーカーを決めて再びフォール。
ここは黒潮のカットに助けられた真琴。
カウンターのドロップキックで流れを変え、四つん這いになったライオンを蹴り上げて逆襲。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 10

ボリショイが素早く児玉、黒潮を場外へ落としてタッチを阻止。
だが、真琴はエルボーでボリショイを倒して、児玉に繋ぐ。

ランニングフォアアームを叩き込んだ児玉。
串刺しバックエルボーから再度フォアアームを食らわせドロップキック。
さらにはバックドロップと一気に攻め込む。

ライオンもミドルキック連打で反撃。
フロントキックを叩き込むが、自らも倒れてダブルダウン。
手拍子が起きる中、黒潮、ボリショイにチェンジ。

黒潮は児玉を呼び込んでダブル。
だが、軽い身のこなしで切り抜けるボリショイ。
黒潮の手を取り、軽やかなステップでロープ渡り。
行く手を児玉に阻まれれば、トップロープから二人に飛びついてヘッドシザースホイップを繰り出す。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 11

ボリショイ式脇固めが決まるも、黒潮は自力でエスケープ。
ドロップキックで逆襲したところで、黒潮は真琴、ボリショイはパンテーラとタッチ。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 12

パンテーラがロープへ飛ぶと、いきなり悲鳴を上げる真琴。
落ち着いて対処したパンテーラにバックを取られたが、ロープブレイク。
ここで児玉がエプロンからキックで援護射撃。
真琴はフライングメイヤーから、胸元にダブルチョップを叩き込む。

バックエルボーで流れを変えたパンテーラだが、今度は児玉&黒潮で真琴を援護。
トレイン攻撃を見舞い、二人のアシストを受けて真琴がDDT。
さらに児玉がバックスタバーを決める。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 13

真琴がスピアーを狙うも、ボリショイがドロップキックでカット。
パンテーラとタッチをかわす。

両軍入り乱れる混戦模様の中、場外に出た児玉へライオンがトペ・スイシーダ。
黒潮がトルニージョで続くと真琴もコーナーへあがろうとするが、ボリショイが阻止。
ボリショイも場外プランチャを見せた後、最後はパンテーラが鮮やかなケブラーダを放った。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 14 児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 15

ボリショイがリングへ戻ると、真琴と一騎打ち。
エルボー連打をしていく真琴に対し、ボリショイは強烈なアッパーでダウンさせてフォール。
これをキックアウトした真琴もダブルアームスープレックスホールドを決めるが、3カウントならず。
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 16

今度こそ勝負を決めたい真琴、再びスピアーへ。
しかし、ボリショイはうまく軸をずらしながらキャッチし、勢いを利用してグルリと後方回転。
反転させてエビ固めでがっちりと体重を乗せると、真琴は返せず3カウントを聞いた。

児玉ユースケ&×真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&○コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン
(11分57秒 後方回転エビ固め)

真琴はマイクを持ち、ボリショイに怒鳴る。
真琴「ボリショイさん、何なんですか?自分の邪魔をして。
そんなに自分の事が嫌いですか?
自分はあなたが憎らしいです。」
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 17

ボリショイ「相変わらず、口だけ達者やなぁ。
よし、そんなに言うたら、次の新宿大会シングルやってやるよ。
矢でも鉄砲でも持ってきてええよ。」
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 18

真琴「あの、それって矢か鉄砲じゃないとダメなんでしょうか?」
ボリショイ「はぁ?
真琴「例えば、例えば、チェーンソーとかどうでしょうか?」
ボリショイ「ちょっと、、大丈夫?」
真琴「ボリショイさんはご存じないかもしれませんが、去年の夏、自分はこの新宿FACEでレザーフェースさんに拉致されたんです。
でも、レザーフェースさんはとってもいい子だったんです。
みんなの見ていない所で、怪我していた自分の腕をずっと撫で撫でしてくれたんです。
だから、その時に自分とレザーさんは心が通じ合ったんです。
実は、自分にはレザーさんの魂が宿ってるんです。」
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 19

呆気にとられるばかりのボリショイ
真琴「だから、今こうしてボリショイさんていう憎しみの対象も出来ました。
自分の憎しみが頂点に達すると、実はもう一人の真琴になれるんです。」
ボリショイ「へぇー。」
真琴「その名はレディフェース。
来月はレディフェースがボリショイさんと戦います!
それでは!」
児玉ユースケ&真琴&黒潮二郎vsエル・イホ・デル・パンテーラ&コマンド・ボリショイ&ヤンキーライオン 20

言いたいことを言い終え、踵を返して戻っていく真琴に
ボリショイ「まこちゃん!病院行きや。」


▽試合感想
メンツ的にどのような展開になるのかが読めなかった6人タッグ。
真琴達は相手チームと比べ、スムーズな連携やカットが随所に見られた。
一方、個人レベルで目立っていたのはパンテーラやボリショイだった。

そして、何よりもびっくりしたのは試合後のマイク。
真琴とボリショイはそもそもシングル初対決なのだけど、まさかこんな形になるとは…。
既に懐かしい感さえあるレザーフェースの襲撃事件が、ここに繋がってくるのも予測不能だった。

でも、真琴は普段と違うキャラになるのは意外と好きそう。
レディーフェースになる事で、これまでにない新たな一面を現すのか?
個人的には楽しみである。


▽売店ショット
売店では、竹書房から刊行された写真集「闘う女たち」が25日の発売日を前に先行販売。vol.2の表紙を飾った真琴もブースに駆けつけ、販売をお手伝いしていた。
2013.05.24 WNC新宿 真琴 売店ショット

こちらの写真集は写真+活字による物語調の構成となっており、中でも真琴のページは泣かせるつくり。
価格も1,260円とお求めやすいので、ぜひ店頭で手に取ってお買い求めください。
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68464406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック