2013年03月31日

2013.03.31 WNC新宿大会 夜の部 セミファイナル

▽WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ
朱里vs真琴


昼の部でリン・バイロンを打ち破って王座挑戦権を獲得した真琴。
WNC女子王座初の防衛戦で朱里を打ち負かし、悲願の王座獲得なるか?

まずはチャレンジャーの真琴から入場。
昼に続いて三田英津子さんから受け継いだガウンを着用。
ゆっくりとコーナーへ付くと、祈りを捧げる。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 01 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 02

朱里が赤コーナーへ鎮座したところで、選手コール。
真琴にはリングを埋め尽くすほどの紙テープが飛んだ。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 03

WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 04 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 05

試合開始。
朱里がローキックで牽制していくと、真琴はもらわないようにかわしていく。

リング中央、バックの取り合いから真琴がリストロック。
朱里も返して主導権を奪うとサイドヘッドロック。
投げを打ったところで、真琴が切り返しのヘッドシザースを見せて離れる。

再び互いの出方を探る両者。
朱里がグラウンドに引き込み、腕十字狙い。
クラッチして粘る真琴を三角絞めに引き込む。

抜け出した真琴は足を固めて反撃。
だが、朱里に素早く腕十字を決められてしまいエスケープ。

一旦距離を置く真琴に対し、余裕の表情で待ち受ける朱里。
組み合うとリストロックから押し潰し、チキンウィングで腕攻め。
これをエスケープした真琴の右腕にミドルを入れると、ロープに絡めて痛めつける冷徹な攻めを見せる。

なかなか突破口を開けない真琴だったが、サイドヘッドロックを取り返して逆転に成功。
マットに押し込むようにがっちり絞め上げていく。
立ち上がった朱里に、真琴がショルダータックル。
毅然と受けてにらみ返す朱里へ何度もぶつかって行き、ついになぎ倒す。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 06 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 07

うつぶせになって、真琴へロープワークをさせる朱里。
下から足を取ってひざまずかせると低空ドロップキックを放ってカバー。
肩を上げた真琴はカウンターのダブルチョップで逆襲して押さえ込むがカウント2。

スイッチの入った真琴が連続でヘアホイップ。
すると、朱里は膝蹴りでやり返してから真琴の顔面を何度もマットに打ち付け、女同士の執念を剥き出しに。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 08 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 09

続けざまに膝を打ち込んでいく朱里。
ロープへ真琴を括り付けて見せしめにするかのようにいたぶり、背中へドロップキックを入れてカバー。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 10

真琴がカウント2で返すと、朱里はスリーパーに捕獲。
必死に振り解こうとする真琴だったが外せず、朱里がストンピング。
及び腰になった真琴を起こして、コーナーに叩きつけ対角線上へホイップ。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 11

朱里が突っ込んでいくが、真琴が叫び声と共に跳ね上げてコーナーへ乗せ、腹蹴り。
マットに落ちて四つん這いになった朱里をもう一度蹴り上げてからフットスタンプで追撃。
さらにW・W・ニーを食らわせてカバーするがカウント2。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 12 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 13

立ち上がった朱里と真琴が激しいエルボーの打ち合い。
ロープへ飛んだ朱里を真琴が追いかけて追撃すれば、朱里も同様にキチンシンクでお返し。
続けてジャーマンスープレックスを決める。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 14 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 15

だが、真琴もすぐに起き上がりブレイジングチョップで逆襲。
ダウンさせた隙にコーナーへ上がり、フライングボディアタックを敢行。
そのまま押さえ込むが、朱里が返してカウント2。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 16

朱里は腕を取ってグラシアスへ入るが、真琴が強引に背負い上げて脱出。
そのままマットに叩きつける力強さを見せ、客席を沸かせる。
だが、朱里もすぐにジャンピングニーを叩き込んで形勢逆転し、カバー。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 17 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 18 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 19

キックアウトされると、一気に右ハイキックでフィニッシュを狙う朱里。
これをかわした真琴は丸め込みの連続で勝負をかけるも、いずれもカウント2止まり。
再び繰り出された右ハイキックをかわし、真琴が渾身のスピアー炸裂。
しかし、朱里も必死に返して3カウントを免れる。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 20 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 21

ならばと今度は助走を付けようとする真琴に対し、朱里がカウンターのジャンピングニー。
さらに右ハイキックをヒットさせ、満を持してカバー。
これで万事休すかに思われたが、何と真琴は3カウント寸前でロープブレイク。
まさかのフォール失敗に朱里も驚きを隠せない。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 22

それでもダメージ深くハーフダウン状態の真琴に、朱里が追撃のジャンピングニー。
素早くフォールに行くが、真琴も執念でキックアウトに成功。
続く右ハイも冷静にかわすと、とっさに頭突きで反撃。
ゴツンと鈍い音が響きわたる。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 23 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 24

頭を押さえながらよろける朱里を見て、ロープに飛ぶ真琴。
ロープ間を1往復して助走を付けてからアラベスク。
まるで相手の両足にしがみつくようにがっちりとホールドすると、最後まで朱里は動けず3カウント!
真琴が一夜にして大輪の花を咲かせた。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 25

×朱里vs○真琴
(13分58秒 アラベスク)
※朱里が初防衛に失敗。真琴が第2代WNC女子王者となる。

勝った後も呆然と頭を押さえながらロープを掴んで立つ真琴。
ソフト今井レフェリーに呼び止められて振り返ると、そこには金色に輝くWNC女子王座ベルトが。
恭しく受け取った真琴は、涙を拭ってからベルトを高々と掲げる。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 26

しかし、背後からロシアより襲来したエカテリーナ・ボニーが襲撃。
さらには挑戦者決定戦で敗れたリン・バイロンまで加わって、4者入り乱れる。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 27 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 28

一歩距離を置いた新王者・真琴がマイクを握る。
真琴「ちょっと待ってください、新チャンピオンは自分です!
いいですよ、そんなに自分のこのベルトが欲しいんですね。
じゃあ、来月、全員かかってきてください。
来月は4WAYでやりましょう。
誰がかかってきても、自分は絶対に負けませんから!」
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 29 WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 30

次期挑戦者達が去った後、あらためて新チャンピオンがマイク。
真琴「応援してくださった方、本当にありがとうございました。
今日から、自分がWNCのアイコンだ!」
力強い言葉と共にベルトを高く掲げ、飛び上がって喜ぶ真琴。
WNC女子王座新時代の幕開けを強く印象付けた。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 31

▽試合感想
「真琴物語」が大きく、大きく動いた一夜。
ベルト獲得という結果を掴んだだけじゃない。
試合内容も、客席からの声援も、今までで一番だったと断言できる。
この試合は真琴というレスラーの歴史を語る上で絶対に外せないものとなるだろう。

アイスリボン時代から自らの立ち位置に悩み、SMASH〜WNCと移籍しても苦労の耐えなかった道のり。
そうした苦難を乗り越えて、真琴がやっと自分自身の手で時計の針を進める事が出来た日。
ここに何よりも大きな意味があると思う。
その瞬間に立ち会えて、見届ける事が出来て、本当に良かった。

先に続く物語に思いを馳せるのは、これからにして。
いまは真琴のベルト獲得を心の底から祝福したい。

まこちゃん、女子王座獲得本当におめでとう!
長い間の苦労がようやく報われて新たな輝きを手に入れた貴女を応援してきた事を、ファンとして誇りに思います。
まだ新しいWNC女子王座ベルトを真琴物語のパートナーにして、みんなに"真琴のベルト"だと思われるほど、たくさんの歴史を刻んでいってください。
これからも真琴を信じてついていきます!


▽売店ショット
大会終了後、新王者となった真琴の前には長蛇の行列。
ベルト効果は絶大だ!
チャンピオンと取り立てほやほやのベルトのツーショットをパチリ。
WNC WOMEN'Sチャンピオンシップ 朱里vs真琴 32

心からの笑顔とベルトが本当に嬉しい!

▽アフターイベント「真琴と行くカラオケ大会」
WNC恒例のアフターパーティーは今回から、選手毎のイベント企画となる模様。
その第1弾企画として行われたのが「真琴と行くカラオケ大会」。
※注:真琴本人は絶対に歌いません。
会場近くのカラオケ店で、まったりと行われました。

主役は最後まで売店で忙しかったため、先に参加者+児玉&YO-HEYタッグでのまったりトークからスタート。
真琴がベルト共に到着すると、私服&ベルトでの撮影タイム。
その後、しばらくは再びカラオケ屋でまったり語り合うという不思議なイベント(笑)
WNC 真琴と行くカラオケ大会 01

こちらのお店には真琴が心から愛する「真・三国無双」とタイアップしたドリンク(ノンアルコール)があったので、勝利のお祝いに一杯。
WNC 真琴と行くカラオケ大会 02

そして後半は参加者有志+児玉&YO-HEYタッグによるカラオケで盛り上がりましたよ。
歌った方には真琴からのポンポンによる応援付きの特典も。
ですが、本人は絶対に歌いません。←ここ大事。
WNC 真琴と行くカラオケ大会 03

程よく盛り上がったところで時間が来たため、終了。
最後は全員での「まこまこ印」で大団円。
WNC 真琴と行くカラオケ大会 04

プライベート祝勝会な、まったりしたノリでファンとしては楽しかった♪
長い一日を、真琴もファンも、最高の形で締めくくる事が出来てハッピーになれました。
みなさん、本当にお疲れ様でした!
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64278027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック