2012年12月27日

2012.12.27 WNC 第1試合

▽木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン
まずは赤コーナー側、リンが単独で入場。
続いて初参戦のヘイリー、久々の試合となるジョシュがリングへ上がる。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 01

青コーナー側の真琴は木藤、曙と共に登場し、先陣を切ってリングイン。
後に続く木藤に対しては、何故か不審そうな眼差しを向ける。
最後に曙がトップロープを跨いで入場すると、リンが歩み出て下から睨み付ける。]WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 02 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 03 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 04 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 05

リンが先発を買って出ると、客席からは曙の登場に期待がかかるも木藤が先発。
ロープへ押し込んでリンの尻を撫で回すという痴漢行為に及び、いきなりファンの反感を買う。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 06

ブレイクがかかっても、懲りずに再びセクハラを続ける木藤。
パートナーである真琴も冷ややかな目線を送る中、リンがコルバタ。
ドロップキックを食らうと、木藤は一旦場外へ待避。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 07

リングへ戻ると同時にリンが殴りかかるが、カニ挟みで倒した木藤は尻を撫でながらグラウンド。
さらにコブラツイストに捕らえて触り続ける。
すると、業を煮やした真琴がカットイン。
これ以上のセクハラをさせまいと、自ら木藤にタッチを求めてチェンジ。
この間に、リンもヘイリーと交代した。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 08 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 09

ロックアップからヘイリーがロープへ押し込んでブレイク。
中央で組み直すと、今度は真琴がリストロック。
ヘイリーも切り返して、クロスアーム式スリーパーへ。
そのままバックブリーカーへ持っていく。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 10

ヘイリーが技を解くと、真琴はハンマーロック。
続いてショルダータックルで当たっていくが、逆に倒されてダウン。
ならばとロープへ走らせてアームドラッグ。
足払いはヘイリーが切り返し。
不意を突いて押さえ込むと3カウント寸前、真琴が慌ててキックアウトする。

距離を取った両者は、共にパートナーとチェンジ。
ついにリングインした曙に対して大きなどよめきが。

ジョシュががむしゃらにぶつかっていくが、涼しい顔の曙。
ハンマーパンチ一発で動きを止め、ど迫力のショルダータックル。
さらに豪快なラリアットでなぎ倒す。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 11

エルボードロップをかわしたジョシュは反撃を試みるが、曙は膝立ちの状態でもチョップ一発で逆転に成功。
覆い被さるようにフォールへ行くと、リンがカット。
そのまま曙に襲いかかるが、木藤が引きはがす。

今度はヘイリーが向かっていくが、曙の前には為す術なし。
曙がジョシュ、ヘイリーをまとめて串刺しにしようとすると、ヘイリーは間一髪で回避。ジョシュが全体重を浴びるはめになった。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 12

リンがタッチを受け、ついに曙と正面から対峙。
互いに睨み合う両者。
リンが手招きすると、中央で体を付けて視殺戦を続ける。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 13

ゆっくりと突き放したリンは、つっぱりへ。
だが、曙はあっさり逆転するとコーナースプラッシュ狙い。
これはリンが避けるも、すぐに捕まってしまう。

曙はエルボードロップを落とすも、回避したリンが619で逆襲。
ムーンサルトを決めてカバーするが、カウント2。
ソバットを挟んでからロープへ飛び、クロスボディ。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 14 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 15

軽々と受け止めた曙がボディスラム。
間髪入れずエルボードロップを投下すると、ついに曙の全体重がリンにのしかかる。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 16

ここはカットに救われたリン。
ジョシュ達がレフェリーの気を引いている内に、曙へ急所攻撃。
たまらず前のめりになる曙をヘイリーがジャーマンで投げようとするも、さすがに上がらない。
ロープへ飛ぶと、曙がカウンターのラリアットを炸裂させ、チェンジ。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 17 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 18

真琴がブレイジングキックで飛びかかるが、ヘイリーが回避。
バックに回ってジャーマンを狙うも、真琴も回転エビ固めで切り返す。
キックアウトされると、渾身の無気力キックでダウンさせ、W・W・ニー。
カバーに入るがカウント2。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 19 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 20 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 21 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 22

ヘイリーはラリアットで逆転。
粘る真琴を力ずくで持ち上げてジャーマンスープレックスホールド。
木藤にカットされると、ジョシュにタッチ。
真琴もスクールボーイで隙を作り、曙に繋ぐ。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 23

曙がチョークスラムを試みるが、リンとヘイリーが襲いかかって必死に阻止。
リンは、さらに飛びかかっておんぶスリーパー。
しかし、木藤がジョシュに河津落としを仕掛けると、曙はリンを背負ったままボディプレス。
巻き添えを食らった木藤もろともフォールして、圧巻の3カウントを奪った。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 24

木藤拓也&真琴&○曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン×
(12分50秒 ランニングボディプレス→体固め)

コーナーで両手を突き上げてアピールする曙。
真琴が抱きついて勝利の喜びを分かち合うと、リンも曙を認めるように固く握手。
さらにはヘイリー、日向小陽レフェリーにも囲まれ、ハーレム状態でリングを降りていく。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 25 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 26 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 27

そんな曙に対して、寂しく取り残された木藤がマイク。
木藤「今日は曙さんのお陰で勝てましたけど、連係がイマイチだったんで、これから曙ステーキに連れていってくださいよ。奢りで!」
曙「うるせー、バカ!」


▽試合感想
男女の比率が半々という変則的な6人タッグマッチ。
しかし、いかにもミックスドマッチといった雰囲気にはならず、とてもテンポの良い試合だった。
まぁ、木藤さんのセクハラは置いておくとして。

真琴は先月の後楽園大会に続いての6人タッグ。
しかし、前回のように添え物的な扱いではなく、見せるべきポイントではきっちりアピールしていたと思う。
前に出る場面は決して多くはなかっただけど、今年後半にWNC後楽園大会で見せた試合の中では最も躍動感があった。
来年以降に期待が持てる内容でした。


▽真琴売店
年末の大会だからか、売店スペースが大混雑…。
特に真琴売店ではまこかなプロDVD発売にイメージDVD先行発売、そして年賀状販売の受付もあったため、グチャグチャだった。

この日が真琴にとっては2012年最後の試合。
今年は初の怪我による長期欠場などもあったけれど、激動の1年を無事に完走してくれた事でやっと一安心。

刻一刻と変わりゆく風景の中、もしかしたら夢への近道ではなく遠回りしているようにも思われるかもしれない。
けれど、リング上でどんな苦杯をなめても折れず、立ち上がろうとする姿を何度も見てきた。

WNCは今大会を持って新体制に移行。
女子部門は華名選手の脱退〜朱里選手の王座戴冠で一区切りを迎えた。
来年から新章へ突入しようという中、今度こそその主役の座を掴み取って欲しい。
そう願うと共に、またファンとして2013年も出来る限り応援したいと思っています。

2012年、本当にお疲れ様でした!
来年はもっと多くの笑顔に出会える年になりますように。
12.27 WNC 真琴売店
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61107046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック