2011年07月10日

真琴公開練習@横浜リボン

当初行く予定無かったけれど、公開練習が行われる事が発表されたので急遽横浜へ。
開場後にアイスファンの皆さんのお手伝いしてから、前半戦終わるまで会場近くのサイゼリアで時間を潰す。

休憩明け、真琴と朱里選手がリングへ上がって10分間の公開練習開始。
持ち時間の半分以上は受け身、ロープワーク等が中心のまさに基礎練習。
ラスト3分でスパーを行って練習終了。
最後に真琴がマイクを持って、会場のファンに挨拶を行った。
真琴「自分は自分を鍛えるために一ヶ月間アイスリボンをお休みしていました。
、、、(若干詰まる)
そのせいで失った、、失ってしまったものや奪われてしまったものがたくさんあると思います。
でも、自分はそれを何倍にもして取り返してみせます。
7月15日のSMASHさん、自分は復帰戦ではなく生まれ変わり戦のつもりで戦いたいと思います。
これからもよろしくお願いします。」

基礎中心のメニューで、このくらいだと目覚ましい変化を感じさせるような部分はまだ見られなかった。
格好もTシャツにジャージだったので、トレーニングの成果で体格がどれだけ変わったのかもちょっと分からない。
ただ全体的に軸がしっかりしたというか、動きの力強さが増したようには思う。

1つ見どころだったのは、TAJIRI選手が買っていたというショルダーアタックを出した場面かな。
いずれにしろ、変化を見せるのはこれからだろう。

1ヶ月リング上での歩みを止めて取り組んだトレーニングの成果が、すぐに出せるかどうかは未知数。
しばらくアイスリボンでは孤独な闘いが待ち受けているかもしれない。
それでもタフに闘い抜いてファンの信頼を勝ち取る事で、アイスマットの中心に進んで行ってくれると信じています。

新章スタートまで、残り1週間。
そこでどんな真琴に出会えるのか、楽しみにしてます!
posted by U1 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46671748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック