2014年02月09日

2014.02.09 WNC川崎 第2試合

▽黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠
初めにライオン組がリンの曲をバックに入場。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 01 WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 02

続いて、黒潮が客席で観客とタッチを交わす中で小陽と真琴がリングイン。
後からリングへ上がった黒潮が自分に陶酔している様を、二人は訝しげに見つめる。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 03 WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 04

黒潮がイケメンポーズを取っていると、ライオンが対抗。
そのまま試合へと雪崩れ込む。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 05

ライオンがいきなり強烈なハイキック。
さらにバックキックで追い打ち。
ガットショットでやり返した黒潮がロープへ振るも、ライオンはラリアット。

黒潮がドロップキックで反撃に成功すると、イケメンポーズでアピール。
場外へ出たライオンを追いかけると見せてフェイント。
キザに指を差して挑発すると、ライオンはフロントキックでお返し。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 06

両者チェンジして、リンと小陽がリングへ。
右足へのタックルから小陽がテイクダウンし、ヘッドロック。
ロープへ振ったリンはショルダータックル。
小陽が倒れず気合いをかければ、もう一度ぶつかってダウンさせる。

リン、続いてサーフボードストレッチ。
エスケープされるとアームホイップ。
小陽もオリジナルな形のアームホイップを狙うが失敗。
二度目で成功させてボディスラムを試みるも、投げ返されてしまう。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 07

リンが起こして再び抱き上げたところを小陽が首固め。
返されると、真琴に繋ぐ。

無気力キックを放った真琴はヘアホイップ。
コーナーで全体重をかけて踏みつける。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 08

リンもすぐに同じムーブでお返し。
ライオンも加わって踏みつけた後、真琴に串刺しチョップ連打。
対角線上へ振り、スペースローリングエルボーを見舞ってカバー。
ここは黒潮がカット。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 09

真琴をコーナーへ連れ帰ったリンは、加藤にタッチ。
ガットショットを入れた真琴はロープの反動で吹っ飛ばしてフォール。
加藤が返すと、ボディスラムで寝かせてボディプレス。

回避した加藤はストンピング。
さらにドロップキックを連打してフォール。
ブリッジで抜けた真琴に対し、エルボーを打ち込んでいく。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 10

クロスボディは真琴がキャッチするも、そこから回転エビ固めを狙う加藤。
これは失敗してしまったが、ロープへ飛んでコルバタからのスクールボーイ。
2で返した真琴もスクールボーイでフォール。
キックアウトされると黒潮へタッチ、加藤もリンに繋ぐ。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 11 WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 12

ガットショットで先手を取った黒潮はエルボースタンプ。
一発入れる度にイケメンポーズを付けてアピール。
反撃しようとするリンをストンピングで黙らせ、今度はボディスラムで攻め立てる。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 13

コーナートップからの追撃を狙う黒潮を、ライオンが撃墜。
対角線上へ振り、ライオン、リン、加藤の順にトレイン攻撃。
さらにライオンが串刺しジャンピングニー、フェースクラッシャーで追い討ち。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 14

リング中央で待ち構えていたリンがニー。
ここで味方であるはずの小陽と真琴もリングインし、全員で黒潮をリフトアップ。
一斉に手を離してマットに落とすと、ストンピング。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 15 WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 16

リンがムーンサルトを投下し、踏みつけフォール。
最後は女子一同で踏みつけて3カウントを聞かせた。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 17

×黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&○リン・バイロン&加藤悠
(7分45秒 ムーンサルトプレス→踏みつけ式体固め)


▽試合感想
ある意味でノリに乗っている黒潮が、執拗すぎる自己アピールのせいで全員を敵に回してフォール負け。
という解釈をするのが正しそうな展開なのだが、最後に全員が黒潮を襲うシチュエーションで真琴だけがやたら躊躇していたのが、何だか可笑しかった。
まぁ、最近黒潮と対戦する事が多かったリンや小陽と比べて、真琴には特に因縁めいたものも無いですしね(笑)

しかし、黒潮は第二の木藤というか、すごく似たような路線だなぁ。
無茶ぶりに近かったキャラを自力で確立させるだけの咀嚼力がある選手なので、いつまでも笑われキャラに留めておくのはもったいない。
このキャラを踏襲しつつ、もっと違った一面も発揮できるような試合が見たいと思う。


▽私服ショット
リング搬入の遅れから開始時間が1時間以上遅れた今大会。
その影響を受けて大会終了後の売店が無かったため、今回は私服ショット。
チケット特典のチョコを手渡しに出てきてくれた際にパチリ。
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 18

1週間後にはWNCと合併して団体化したREINAの再始動も控えている。
相手は約3年ぶりの対戦となる雫選手。
SMASH時代は何度かフォール負けを喫している相手。
朱里以外には興味無いと言わんばかりの彼女の足下を掬って、今度こそリベンジして欲しいと思います!
WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 19 WNC川崎 黒潮“イケメン”二郎&真琴&日向小陽vs藤原ライオン&リン・バイロン&加藤悠 20
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記