2014年01月26日

私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング

始業のチャイムが鳴り、真琴学園長以下各役員&生徒会長が入場ゲートから登場。
リングインすると1列に並ぶ。
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 01 私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 02 私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 03

まずは学園長・真琴からの挨拶。
真琴「皆さん、本日はご来場誠にありがとうございます!
すごい、いっぱいですね。
今日は他にもたくさん興行があるんですけど、自分達を選んでくださいまして本当にありがとうございます。
自分がこの学園を設立しました真琴です。
今日はどうぞ、楽しんでいってください。」
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 04

続いて各役員&生徒からも挨拶が。
都「今日は日曜のお昼にこんなにたくさん。
自分のためにこんなに、こんなに、ありがとうございます!
崖のふちプロレス代表、松本都です。この学園ではPTA会長を務めております。
それでは皆さんいつもの挨拶を行きましょう。
私が3、2、1と言いましたら、『崖のふち!崖のふち!』と言ってください。
行くぞー!3、2、1、崖のふち!崖のふち!
最後まで楽しんでいってください!」
観客に崖のふちの掛け声をさせる、したたかな都。
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 05

小林「こんにちは。
学園一のイケメン生徒会長、小林香萌です。
本日はありがとうございます。
今日はホントにプロレスの試合だけじゃなくて色んな戦いが待ってるのでぜひ楽しみに。今日は楽しんでいってください、よろしくお願いします。」
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 06

加藤「私立プロレス学園広報委員の加藤悠です。
今日は復帰戦もあるので、是非皆さん温かい目で見てください。
試合以外にも盛りだくさんなので、最後まで楽しんでいってください。
お願いします。」
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 07

小陽「はい、皆さん、こんにちはー!!
私立プロレス学園(学園祭)実行委員長、日向小陽です。よろしくお願いします。
今日は皆さん、童心に返って一緒に楽しんでいきましょう。」
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 08

富山「皆さん、こんにちは!
私立プロレス学園、学園祭限定放送委員の富山智帆です。
今日は皆さんを引っ張っていけるように頑張りますので、よろしくお願いします。」
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 09

挨拶が終わると、学園祭実行委員の小陽から本日のプログラム発表。
そして最初の催し物であるラジオ体操へ。

都が先頭へ躍り出ると、全員に起立を促す。
都「横の人とかとぶつからないように、前へならえしましょうか。」

蕨の客席でぶつからないはずもなく、ざわつく客席(笑)
号令と共に「前へならえ」で強引に間隔を取らせたところへ、ラジオ体操第一の音楽が。
PTA会長の厳しい指示が飛ぶ中、リング上のメンバーに合わせて観客も一緒になってラジオ体操第一を踊りきったのだった。
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 10 私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 11

富山「心と体が皆さんほぐれたと思いますので、ここでいよいよ学園祭スタート!!」
私立プロレス学園〜学園祭〜 オープニング 12
posted by U1 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2014年01月12日

2014.01.12 頑固プロレス「頑固プロレスの勲章」第弐試合

▽ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ

当初はぽん子&バンビvs真琴&勇気with遠藤マメだった第弐試合。
バンビ&真琴がWEWハードコアタッグ王座を獲得した事から大会オープニングで、アイアンマン西田レフェリーの裁量により急遽カード変更。
マメがどちら側に着くかは本人に委ねられる事となった。

最初に登場したのはマメ。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 01

続いて不機嫌そうな顔の勇気が2リットルのペットボトルに入った頑固水を手に入場。
ぽん子も神妙な面持ちでリングインする。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 02 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 03

真琴はWEWハードコアタッグベルトを肩にかけて登場。
パートナーのバンビも同じくベルトを腰に巻いて現れる。
頑固プロレスが生んだタッグ王者が、ついに西調布に凱旋!
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 04 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 05 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 06

真琴&バンビが揃うと、勇気がマイクで真琴への嫌悪感を露わに。
ぽん子も「とんでもない事してくれたな」と、真琴達のベルト奪取に疑問符をつける。
動向が注目されていたマメは、真琴に付いていく事を宣言する。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 07 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 08 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 09 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 10

ぽん子&勇気が奇襲をかけて試合開始。
勇気は真琴に狙いを定めて力でねじ伏せ、凶器を使って攻め立てる。
一方、ぽん子はバンビを抱え上げて客席で振り回す。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 11 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 12

リングに戻ったぽん子がバンビをフォール。
返されるとコーナーに詰めて顔をかきむしる。
タッチした勇気がエプロンに括り付けて逆水平チョップ。
リング中央へ投げ捨ててエルボードロップを決め、カバー。

肩を上げたバンビ。
ぽん子に対しエルボーで反撃を試みるが、ぽん子はサミング。
フェースロックで絞め上げてからキャメルクラッチ。
バンビの巻いていたスカーフを使って、チョークを仕掛ける。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 14 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 15 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 16

勇気がアトミックドロップ。
逆片エビ固めで絞り上げると、苦悶の表情を浮かべるバンビ。
エスケープしても、勇気がすぐに体重をかけていたぶる。

ぽん子がチェンジして、容赦ないストップボード攻撃。
踏みつけフォールに行くがカウント2。

コーナーへ振ろうとすると、バンビが逆転。
シャッターチャンスで反撃すると、フェースクラッシャーを決めて真琴に繋ぐ。

真琴はぽん子に無気力キック。
カットに来た勇気にも張り手を食らわせる。
ぽん子&勇気がダブルを狙えば側転で回避して、バンビとドロップキックの競演。
フットスタンプ〜W・W・ニーを決めてフォールするが、カウント2。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 17

両者チェンジして、バンビが勇気にフロントキック。
勇気はショルダータックルでダウンさせて、タッチ。

ぽん子にDDTを決めたバンビは、フェースロックへ。
技を解くと立ち上がってエルボー連打。
だが、ぽん子は鈍い音のする頭突きで逆襲し、チンクラッシャー。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 18 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 19

バンビもシャイニングウィザードで反撃。
ビッグブーツを叩き込むと、両者ともにダウン。
それぞれパートナーへタッチする。

真琴と勇気がエルボーの打ち合い。
ロープへ飛んだ真琴を、勇気が追いかけてクローズライン。
続けざまにラリアットを食らわせてフォール。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 20

カウント2で返すと山田がカットに来るが、バンビが足止め。
勇気はコーナーで3人まとめてボディアタック。
ここでマメもコーナースプラッシュを狙うが、ぽん子以外が回避。
正面から抱きつかられたぽん子は、大きな精神的ダメージを被る。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 21 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 22

勇気がリフトアップスラム&ぽん子がチョークスラムで競演。
ダウンした真琴&バンビの口に、大量の頑固水を注ぎ込む。
二人はシャワーでも浴びたかのようにずぶ濡れに。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 23 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 24

再び勇気達が近づくと、口の中に含んでいた水を吹きかける真琴とバンビ。
バンビは鞭、真琴は水鉄砲を手にして、ついに発狂タイムへ突入。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 25 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 26

真琴はリングアナのワンダーマンからゴングを強奪して、勇気を殴りつける。
バンビがアイアンマン西田レフェリーを失神させると、真琴が自らゴング。
試合はそのままノーコンテストとなった。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 27 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 28 頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 29

ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ
(12分30秒 無効試合)

ぽん子から、"源氏名が無い"勇気に「頑固どん」の愛称が授けられる。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 30

最後は真琴がバンビ&マメと共に「萌えきゅん頑固」で締めた。
頑固プロレス ヤマダマンぽん子&勇気彩vsバンビ&真琴with遠藤マメ 31

▽試合感想
頑固で生まれた絆が手繰り寄せたといっても過言ではないWEWハードコアタッグ王座が、ついに西調布へ。
それは第弐試合の新たな光景へと続く扉でもあった。

敵対していたバンビと真琴の共闘は、頑固ではとても新鮮な印象を受ける。
ぽん子&勇気という大型コンビのパワーにバンビが苦しむ場面もあったけれど、二人の息は合っていたと思う。

そして2014年の一発目から第弐試合テイストもフルスロットル。
クライマックスはリング上が水浸しになるほど大量の頑固水。
そして真琴自らがゴングを鳴らして無効試合を告げる、衝撃の結末。
急なカード変更があっても、第弐試合は第弐試合だ(笑)
いやぁ、めちゃくちゃでした。


▽エンディング
エンディングでは、諸事情によりこの日でキャラを終えるタイガーシャークも参加。
真琴、大久保、マメというお馴染みのメンツと共に「萌えきゅん頑固」の締めを行った。
2014.01.12 頑固プロレス エンディング 01 2014.01.12 頑固プロレス エンディング 02

▽売店ショット
大会終了後、26日に控えるプロレス学園 学園祭のチケットを販売していた真琴。
頑固水の量が多すぎて溺死するかと思ったと言っていたが、無事に生還した記念に1枚。
第弐試合はある意味で毎回ハードコア戦みたいなものなので、ここでの経験がベルト防衛にも役立つ、ような気がします(笑)
2014.01.12 頑固プロレス 真琴 売店ショット 01
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2014年01月11日

2014.01.11 篠瀬三十七興行〜感謝〜 第3試合

▽Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌
私立プロレス学園タと息吹出身コンビによるタッグ対決。
篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 01 篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 02

Rayと小林の先発で試合開始。
小林が積極的に組み付いていくが、Rayはいなしながらがぶる。
バックへ回り、レッグロック〜フェースロック。
篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 03

ヘッドシザースで切り返されると、倒立。
その状態で足を開閉させてから頭を抜き、袈裟固め。
と、余裕の試合運び。

腕を取ったRayはハンマーロック。
小林、取り返して上から押さえ込むが、Rayも即座に切り返す。
ここで両者タッチ。

中川と真琴はリング中央で向かい合うと、手四つに。
バックの取り合いから、真琴がハンマーロック。
中川は巧みに足をかけて倒し、弓矢固め。
篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 04

さらにフライングメイヤーでセットし、側転からのドロップキック。
フォールをブリッジで返した真琴も、ドロップキックでお返し。
自陣へ引き込んで、小林にタッチ。

小林が真琴と共に、コーナーへ座り込んだ中川の顔面を踏みつける。
ブレイクがかかると、リング中央でエルボーの打ち合い。
ガットショットで止めた中川はRayにタッチ。

Rayが串刺しチョップ。
サーフボードストレッチで絞り上げてからコーナーへホイップ。
中川がバックエルボーを叩き込むと、Rayもスペースローリングエルボー。

タッチした中川に対し、小林がドロップキックで反撃を試みるも空振り。
すかさず低空ドロップキックを放つ中川。
さらにスリーパーで絞め上げて体力を削る。

ロープへ逃げた小林。
ドロップキックでようやく一矢報いて真琴にチェンジ。

真琴がフライングボディアタック。
ボディを蹴りあげ、フットスタンプ〜W・W・ニーを食らわせてカバー。
返されるとダブルアームの体勢も、中川が抵抗。
延髄斬りで反撃してRayへ繋ぐ。
篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 05 篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 06

Rayはエルボーを放ちながらコーナーまで追い詰める。
対角線上へホイップするが、追撃は真琴が回避してダブルチョップで逆襲。
だが、Rayも追撃をかわすとトップロープ越えのエルボードロップ。
カバーに入るがカウント2。

バックを取られた真琴は必死に抵抗。
ロープを掴むが、Rayが振り切ってドラゴンRay。
ここは小林が何とかカットに成功。

Rayがコーナーへ上がろうとすると、またも小林が足止め。
真琴がマットへ振り落とし、ダブルアームスープレックスホールド。
カウント2で返され、小林にタッチ。

小林は叫びながらショルダータックル連発。
セントーンを浴びせてカバー。
返されてもすぐに脇固めを狙うが、Rayも腕をクラッチして阻止。

ならばと腕十字狙いに切り替える小林。
Rayは上から押さえ込んで潰しに行き、なおも粘る小林を持ち上げてマットに叩きつける。
コーナーへ座らせた小林に、Rayがロープ越えのドロップキック。
リング中央でボディスラムからカバーに行くが、カウント2。

Rayがジャーマンを狙うも、小林は必死に抵抗。
すると前方に叩きつけてフォールへ行くが、カウント2。

続いてムーンサルトを放つが、小林が回避。
ドロップキックで逆襲し、フィッシャーマンの体勢。
膝を入れてカットしたRayはバックスピンキックからフォール。
これも返されるとソバットを食らわせて、中川にタッチ。
篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 07

エルボーを放った小林がロープへ振ろうとするも、中川はドロップキック。
小林もドロップキックを返して、フィッシャーマンズスープレックス。
コーナートップから追撃を図るが、Rayが白鶴でカット。
篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 08

マットに落とすと中川が捕まえて膝を入れ、DDTからカバー。
小林が返すとCRBに捕らえるが、真琴がカットイン。
さらに無気力キックを叩き込んだところを、小林が押さえるもカウント2。
篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 09

ロープへ飛んだ中川に対し、小林はうまく腕を取りながら逆さ押さえ込み。
キックアウトされても、すぐさまドロップキックで追撃。
続いてミサイルキックを叩き込んでカバー。
返されると、今度はフィッシャーマンズスープレックスで鮮やかなブリッジを描くが、Rayのカットに阻まれる。
篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 10 篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 11 篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 12

延髄斬りで逆襲した中川。
お返しとばかりにフィッシャーマンズスープレックスホールド。
ここは真琴がカットするも、Rayがソバットで追い払う。

さらにRayが小林に619。
吹っ飛ばされたところへ、中川の唸れ!豪腕が炸裂。
カバーに行くと、小林返せず3カウントが叩かれた。

Ray&○中川ともかvs真琴&×小林香萌
(15分00秒 唸れ!豪腕→片エビ固め)

篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 13 篠瀬三十七興行 Ray&中川ともかvs真琴&小林香萌 14

▽試合感想
実はあまり組まれず、WNC系の興行では初めての真琴&香萌タッグ。
私立プロレス学園自体が本興行ではまともな試合がほとんど無いのだけど、この試合は純粋にプロレスそのものを楽しめる内容だった。

中でも印象に残ったのは、積極的に前へ出て行く小林。
特に終盤の中川との対戦では気迫だけでは無い技術が感じられる場面もあり、本当に彼女の試合は日進月歩で良くなっている。

真琴はサポート役に回っていた感じ。
先輩として、ユニットの長として、最近はWNC系の興行では後輩達を立てようとしている印象がある。
個人的には彼女自身にも、もっと前に出て行って欲しいという想いもあるのだけど。

私立プロレス学園のこういう試合が本興行でも多く組まれれば、応援してくれるファンも増えるのではないかと感じた一戦だった。


▽売店ショット
この日から新しいポートレートが3つも出てた。
最近、新作ポートレートが出るタイミングが全く掴めない(苦笑)

WNC系の興行としてはプロレス学園 学園祭直前の大会。
この試合を通して、WNCファンに少しでもアピールできていたらいいなと思う。
お疲れ様でした!
篠瀬三十七興行 真琴 売店ショット
posted by U1 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記