2013年10月24日

2013.10.24 WAVE「いい思い出にしよう!平日秋田大館WAVE〜GAMI引退記念大館大会〜」 第1試合

▽水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴

WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 01

先発は水波と下野。
ロックアップから水波がロープまでジリジリ押していき、クリーンブレイク。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 02

ショルダータックル合戦となると、両者互角のぶつかり合い。
下野がダウンを奪えば、水波もすぐにやり返して声を挙げる。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 03

タッチを受けたバンビがフロントキック。
下野は一本背負いで豪快に投げてチェンジ。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 04

バンビと真琴がエルボーの打ち合い。
ガットショットで止めたバンビがドロップキック。
水波がタッチしてコーナーへ追い詰め、のど元を踏みつける。

バンビも自陣で踏みつけに出ると、続いて顔面蹴りを連発。
リング中央でボディスラムを決めてタッチ。
水波もボディスラムで続き、ギロチンドロップを投下してカバー。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 05

真琴がカウント2で返すと、水波はバンビとチェンジ。
コーナーへ振られた真琴はフライングボディアタックを放ち、下野へ繋ぐ。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 06

ボディアタックで水波を吹っ飛ばした下野。
二人まとめてクローズラインでなぎ倒すと、バンビにジャンピングニーを決めて「オー!」
客席を煽りながら、何度も掛け声を見せる。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 07 WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 08

続いてバンビをボディスラムで寝かせると、真琴を背負ってヒップドロップ。
タッチを受けた真琴が無気力キック。
フットスタンプ、W・W・ニーを食らわせてカバー。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 09 WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 10

カウント2で返されると、バンビの反撃をいなしてダブルアームスープレックスホールド。
これも返したバンビはフェースバスターで逆襲して、水波にチェンジ。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 11

水波が甲高い声をあげながら、エルボー合戦を展開。
真琴は鋭い無気力キックを突き刺すも、水波も強烈なスピアー。
続いてフライングラリアットからカバーに行くが、カウント2。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 12

低空ドロップキックで隙を作った真琴。
ドロップキックで吹っ飛ばし、下野にタッチ。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 13

下野はラリアットをぶちかまし、ヒップドロップ。
バックフリップ狙いは水波が回避。
すると真琴がダブルハンドチョップを見舞ってアシスト。
下野があらためてバックフリップを決めるが、カウント2。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 14

コーナーへ上がった下野。
だが、バンビがシャッターチャンスで動きを止め、デッドリードライブ。
水波もギロチンドロップを連続で決めてフォール。
返されるとバックを取ってジャーマン狙い。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 15

これは下野がこらえてロープブレイク。
リング中央、なんでやねんで丸め込むもカウント2。

ロープへ飛んだ下野を追いかけ、水波がスピアー。
鮮やかな裏投げから再度スピアーを決めてカバー。
ここは真琴が間一髪でカット。
WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 16 WAVE 水波綾&バンビvs下野佐和子&真琴 17

水波はコーナー前に下野をセット。
ダイビングギロチンドロップを投下して3カウントを聞かせた。

○水波綾&バンビvs×下野佐和子&真琴
(10分54秒 ダイビングギロチンドロップ→片エビ固め)


▽試合感想
真琴にとって、なんと1年で4度目となる大館での試合。
WAVEへの参戦も久々だったが、お客さんの大半は女子プロレスを観た事が無い地元の方だったようだ。

個人的な注目点はこちらも久々の水波選手との対戦。
真琴は昔よりも力強くなったとはいえ、やはりパワーファイターの前では線が細くて力負けしてしまう印象があった。
でも同じスピアーの使い手と当たった時にも、相手に負けないだけの迫力を出せるようにもっと技を磨いて欲しい。


▽売店ショット
売店ではお手製の色紙を販売していた。
長時間の移動、お疲れ様でした!
WAVE大館 真琴 売店ショット
タグ:真琴 wave
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2013年10月15日

WNC×REINAコラボ興行 第4試合

▽真琴vsバケリータ
まずは真琴が入場。
続いてバケリータがリングインすると、客席のメキシカン達から盛大なコールが。
握手をかわして試合開始。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 01 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 02 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 03

真琴がドロップキックも、バケリータはサッと回避。
逆にドロップキックをお見舞いし、肘打ちで左腕を攻めていく。

ヘッドロックに捕まった真琴。
ロープへ振るとスピンキックをかわし、ドロップキック。
だがバケリータはショルダータックルでダウンさせてお返し。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 04

起き上がった真琴に対し、バケリータがエルボー。
ロープへ飛ぶと真琴も追いかけて反撃。
ヘアホイップで投げ、ロープに手をかけながら踏みつけ。
ブレイクがかかるとコーナーへ叩きつけ、ダブルチョップ連打。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 05 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 06

対角線上へ振られたバケリータはエプロンへ。
エルボーで動きを止め、トップロープを飛び越えながらアームホイップ。
素早くクロスフェースに捕獲。
エスケープされそうになると、クルリと向きを変えてさらに絞め上げる。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 07 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 08

真琴が自力でエスケープ。
するとバケリータが今度はレッグロック。
さらに腕を取ってリンギーナと、流れるようなジャベを披露。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 09

ここでも真琴は足を伸ばしてエスケープ。
ロープへ振られるとダブルチョップで逆襲。
フットスタンプ、W・W・ニーを食らわせてカバーするがカウント2。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 10 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 11

バケリータが変形スクールボーイ。
キックアウトした真琴を逆片エビ固めで絞り上げる。
エスケープされれば、ロープへ張り付けてドロップキック。
客席を煽りながら、髪を掴んで引き起こす。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 12 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 13

不意を突いて逆さ押さえ込みに出る真琴。
返されてもジャックナイフ式エビ固めでフォールを狙う。
すると、バケリータも首固めで丸め込みに行くがカウント2。

バケリータ、アルゼンチンコースターからカバー。
2で返した真琴は三田さん固め。
キックアウトしたバケリータへ突進すると、アラベスクに捕獲。
やや形が崩れながらも強引に押さえ込んで3カウントをもぎ取った。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 14 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 15 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 16

○真琴vs×バケリータ
(7分50秒 アラベスク)

飛び跳ねて喜びを露わにする真琴。
一方のバケリータは信じられないと言った表情でレフェリーに確認。
大声援を送っていたメキシカン達にアピールしてからリングを降りた。
WNC×REINA 真琴vsバケリータ 17 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 18 WNC×REINA 真琴vsバケリータ 19

▽試合感想
真琴、メキシコ人選手から初勝利。
しかも相手はCMLL所属選手でREINA世界タッグ王者の片割れ。
久々に大きな勝ち星と言える。

アラベスクって、実は外国人選手相手にフィニッシュとなる事が多い。
それはこの技が他にないオリジナルものだからだと思うので、やはりもっと磨きをかけて行くべきではないかと。
スピアーと同じモーションで入ってしまうと読まれるリスクが高いけれど、今回のように溜めを作らずカウンター的に入るのは良い形だと思った。


▽売店ショット
外国人選手から勝利を挙げ、売店でも終始ご機嫌だった真琴。
今回のポーズは"お目覚めまこちゃん"。
何故なのかはよく分からないけども(笑)
WNC×REINA 真琴 売店ショット

この日の結果を持ってレイナでのタッグベルト挑戦も視野に入ってくるのでは。
どんどん波に乗って行ってもらいたいですね!
posted by U1 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2013年10月06日

2013.10.06 頑固プロレス「頑固必殺拳 危機一髪!」第弐試合

▽ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩
セコンドの遠藤マメを皮切りに、勇気、真琴と一人ずつ入場。
初登場の勇気の手にもしっかり頑固水が握られている。
対する反逆同盟側、今回のヤマダはぽん子スタイルで現れた。

真琴がマイクを握る
真琴「あの、この間、某DOJOに参戦した時に聞いちゃったんですけど。
先月の頑固プロレスの時にあなた様、頑固様は、頑固プロレスを休んで、何と某DOJOでかき氷を作ってたんです。
頑固プロレスとかき氷、どっちが大事なんですか?
これではっきりしましたよね。
自分こそが、頑女のエースだ!」
劣勢に立たされたバンビが襲いかかり、試合開始。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 01 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 02 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 03

真琴の顔面を踏みつけるバンビ。
勇気をいたぶっていたぽん子と交代。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 04

ぽん子は会場にあるロープで真琴を絞め上げる。
抱え上げると、振り回しながら客席を練り歩くという暴走ぶり。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 05 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 06

リングへ戻り、キャメルクラッチの体勢で首を捻るぽん子。
コーナーでストンピングを浴びせ、バンビにタッチ。
バンビもストンピングで続き、ロープ際で喉元を踏みつける。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 07

ブレイクがかかると、連続でヘアホイップ。
タッチを受けたぽん子がスレッジハンマー。
二人がかりで踏みつけ、さらにぽん子はストップボードを使ってチョーク。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 08 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 09

フォールを返した真琴は膝立ちで反撃を試みるが、ぽん子がキツい張り手。
替わったバンビがSTF。
真琴は苦しみながらも自力でエスケープ。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 01

ぽん子がタッチしてハンマーパンチ。
キャメルクラッチに入ってバンビの攻撃を呼び込む。
だが、勇気がエプロンでバンビを押さえた隙に真琴が逆転。
解放されたバンビは何故かぽん子の顔面にドロップキック。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 11

勇気がチェンジして、ぽん子に力強いラリアット。
バンビにはお得意のアトミックドロップが炸裂。
ブレーンバスターからカバーを返されると、真琴にタッチ。

真琴は伸びのある無気力キックを浴びせ、ダブルアームスープレックスホールド。
2で返したバンビは張り手でお返し。
やり返した真琴をDDTで黙らせ、ぽん子に繋ぐ。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 12 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 13 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 14

厳しいストンピングを落とすぽん子。
ロープへ振られた真琴はクロスボディで反撃を試みるも、キャッチされてしまう。
だが、勇気が突進してなぎ倒し、フォール。

ぽん子が返すと、フットスタンプ〜W・W・ニー。
さらに腕ひしぎへ入るが決まらず。
今度は「萌えきゅんスリーパー!」と宣言してスリーパー。
必死に絞め上げるが、これも振り払われてしまう。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 15 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 16 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 17

ぽん子と向かい合った真琴は力いっぱい張り手。
それでも余裕を見せるぽん子の急所を蹴り上げる。
利かなさそうに振る舞うぽん子だったが、時間差でダメージが。
真琴にジョン・ウーで吹っ飛ばされると、バンビにタッチ。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 18

バンビに対して真琴組がトレイン攻撃を仕掛けるも、マメだけは失敗。
ダブルを狙う真琴&勇気に、バンビはネックブリーカードロップで反撃。
この隙に頑固水を手にしたバンビ。
真琴へ向けて噴射するが、勇気に誤爆。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 20頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 21 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 22

対抗するように真琴はマメが持参した頑固水入り水鉄砲を発射。
だが、これも勇気に誤爆。
すると、ついに勇気も頑固水を手にして、まずはバンビに噴射。
すぐに真琴にも吹きかける。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 23 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 24

ムチを振り回すバンビ、叫び声を上げる勇気、そして水鉄砲を撃ちまくる真琴。
狂乱状態の3人に向けて、ぽん子が頑固水を噴射。
4人同時にダウンすると、試合続行と判断したアイアンマン西田レフェリーが試合を止めた。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 25 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 26 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 27 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 28

やまだまんぽん子&バンビvs真琴&勇気彩
(10分5秒 無効試合)

息を整えたぽん子がマイク。
ぽん子「いやぁ、勇気。
第弐試合に入ってきた"勇気"だけは買ってやるよ。」

そして来月に向けて続報が
ぽん子「新木場、西調布の風になった男から連絡があった。
バンビとやらせろ、って。
でも頑固様はその日、某DOJOでかき…、試合があるから出れないんだ。」
それで奴も折れて、女とやらせろ、アソコが付いてない奴とやらせろ、と。
うちの実家、親に連絡があった。
そして俺は独断と偏見、第弐試合の長として、ここにカードを発表する。」
新木場大会の第弐試合はヤマダマン・ポンド&ストーカー・ザ・キタハラvs真琴&松本都with遠藤マメに!
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 28

ぽん子「真琴、まがまがしい野に放たれたモンスターが新木場でお前を襲うぞ。
バンビ様はその怖さを知っている。」
力強くうなずく頑固様。
ぽん子「俺の、じゃない。私のしごとはここまでよ。」
引き返していく反逆同盟。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 29

真琴「相手がモンスターなら、勇者・真琴、戦士・マメ、踊り子・都でモンスター退治に乗り込みましょう。
新木場、絶対勝つぞ!」
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 30

そして恒例の中締め。
勇気も加わって「萌えキュン頑固!」ポーズを作った。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&バンビvs真琴&勇気彩 31

▽試合感想
いつもながらの第弐試合。
なのだけど、今回は比較的まともな試合になった気がする。
試合時間も含めて、普段はこれくらいの内容がちょうどいい。

初参戦の勇気が違和感なく第弐に溶け込んでいたのは予想外だった。
かつ、とても活き活きと試合していたのは、NEO出身というルーツもあるのかもしれない。

1つ思ったのは、真琴が以前よりもタフになってきている事。
ぽん子やバンビの攻撃を食らって動けなくなる場面が今回は無かった。
技も二人をダウンさせるのに十分な威力を感じさせるようになったな、と。
これも1年以上頑固に参戦して鍛えられた部分なのだろう。


▽オフショット
全試合終了後、チケット特典を渡しに来てくれた際に1枚。
来月の頑固は新木場大会。
今までに類を見ないカオスな試合になる予感がプンプンするけれども、ビッグマッチで頑固姫ここにありを示して欲しい。
頑固プロレス 真琴 オフショット
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記