2013年09月14日

2013.09.14 WNC養父 第4試合

▽エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ

まずはMAZADA&セリーナ組から入場。
セリーナは大きく両手を広げてから、チャンピオンベルトを手に持ってアピール。
真琴とパンテーラはそれぞれ別に入場した。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 01 WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 02 WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 03

真琴とセリーナが向かい合ってリングイン。
客席に手拍子を煽る真琴だが、その隙にMAZADAがタッチ。
真琴が振り返ると舌なめずりしながら、にじり寄る。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 04

飛びかかるMAZADAに真琴がストンピング。
MAZADAはサミングで動きを止めて追撃に出るが、真琴ブロックして平手打ち。
躊躇なく急所を蹴り上げて追い払う。
MAZADAはセリーナとチェンジすると、場外に出て悶絶。

セリーナが腕を取ってグラウンドへ持ち込むが、真琴も切り返し。
ヘッドシザースもすぐに外して袈裟固め。
さらに立ち上がってヘッドロック。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 05

振り解いたセリーナは首投げから袈裟固め。
ヘッドロックで絞めあげてからショルダータックルで倒し、客席にアピール。
だが、真琴もブレイジングキックで一矢報いる。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 06

両者チェンジするが、MAZADAはまたも真琴にちょっかいを出そうと猛ダッシュ。
真琴がリング下へ降りると、パンテーラが牽制しながらリングイン。

あざ笑うようにパンテーラへのコールを起こすMAZADA。
素早いルチャ流のロープワークから、パンテーラがコルバタ。
ケブラドーラ・コンヒーロ、ドロップキックを見舞うと、MAZADAは場外へ待避。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 07 WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 08

リング内に連れ戻すパンテーラ。
自陣に連れ帰るも、MAZADAは相変わらず真琴へおどけた顔を見せて威嚇。
パンテーラはMAZADAの額に噛みつくがレフェリーがブレイク。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 09

真琴がタッチして、お返しとばかりにストンピング連打。
手加減なしのバックエルボーを受けてダウンするも、カバーはブリッジで脱出。
すぐにジョン・ウーで反撃する。

ロープへ飛ぼうとする真琴の髪をMAZADAが引っ張って足止め。
チェンジしたセリーナも続き、ヘアホイップ。
髪を踏みつけながら真琴の両腕を引っ張るという拷問技へ。
これを解くと、ボディスラムからギロチンドロップを放ち、カバー。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 10

肩を上げた真琴の腕を取るセリーナ。
MAZADAがタッチして脇腹に一撃。
距離を取った真琴に対して、「来い来い」と挑発。

慎重に間合いを測る真琴だが、MAZADAに一撃食らわされて悶絶。
コーナーに控えるパンテーラを蹴散らすMAZADA。
真琴をいたぶってから自陣へ連れ帰り、チェンジ。

セリーナはストンピングで追撃。
喉元を踏みつけてから、ロープ際でナックル連打。
さらに串刺し式スピアーを何度も叩き込む。

再びMAZADAがかわり、真琴の髪を捻る。
コーナーへ振っての串刺し攻撃は真琴がフロントキックで反撃。
フライングボディアタックを決めて、ようやくパンテーラに繋ぐ。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 11

ミサイルキックで飛びかかったパンテーラ。
コーナーへ振ると、トップロープからもう一度ミサイルキック。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 12

パンテーラはカットに来たセリーナを抱え上げてコーナーへ乗せると、「マコチャン!」と真琴を呼び込む。
真琴がセリーナのボディを蹴り上げ、パンテーラはMAZADAにドロップキック。
だが、MAZADAはコンプリートショットで逆転。
続けて強烈なラリアットを叩き込む。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 13

ブレーンバスターをクリアしたパンテーラがニールキック。
MAZADAはすぐにラリアットを返すが、パンテーラもトラースキックでやり返して両者チェンジ。

真琴とセリーナがエルボー合戦。
ガットショットで止めたセリーナがロープへ飛ぶと、真琴が追いかけスピアー。
しかし、セリーナもラリアットで反撃。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 14

真琴が回転エビ固めへ持って行くとセリーナも切り返して応酬。
キックアウトした真琴、ガットショットで足止め。
ダブルアームスープレックスホールドを決めるがカウント2。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 15 WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 16

ならばとスピアーを狙う真琴だが、セリーナはカウンターのラリアット。
カバーを返されると担ぎ上げるも真琴は手足をジタバタさせて抵抗。
エプロンへ脱出すると、張り手。
フライングボディアタックを放つもかわされて自爆してしまう。

セリーナがストマックブロックからカバー。
返されると、MAZADAとのトレイン攻撃からダブルブレーンバスター。
さらに山折りを決めてフォールへ行くが、パンテーラがカット。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 17

パンテーラはMAZADAを場外へ転落させると、セリーナをテイクダウン。
真琴がフットスタンプ、W・W・ニーを決めてカバー。
ここはMAZADAがカットイン。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 18

延髄斬りを食らってリング下へ落ちたMAZADAへパンテーラがトペ・スイシーダ。
この隙に真琴がロープへ飛ぶが、セリーナはカウンターのスピアーで返り討ち。
フォールすると真琴返せず3カウントが入った。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 19

エル・イホ・デル・パンテーラ&×真琴vsMAZADA&○セリーナ
(17分44秒 スピアー→片エビ固め)


▽試合感想
まず、敵ながらMAZADAが素晴らしかった。
セクハラを連想させる仕草で動揺を誘ったかと思えば、攻撃する時は厳しさも見せる緩急ある動き。
女子との試合でもこんなに出来る選手だとは思ってなかった。
WNCにこれくらい動けて試合を作れる中堅どころの選手がいれば、もっと若手も光るのにな。

真琴はパンテーラと初タッグながら息のあった連携を見せていた。
年下のパンテーラが「マコチャン」と真琴を呼ぶのは、ちょっと面白かった。

▽売店ショット
大会終了後の1枚。
兵庫県といっても北部の山間にある養父市は、なかなかのカントリータウン。
気温も9月半ばとは思えないくらい暑く、遠征の道中も大変だったのではないかと思う。

今大会はYO-HEY選手の凱旋興行だったが、同じく兵庫県出身の真琴にとってもある意味で凱旋。
入場時にはきちんと"兵庫県出身"とコールされた。
会場に集まったのはほとんど地元のお客さんだったけれど、少なくとも同郷のレスラーがいるっていう事は知ってもらえたんじゃないだろうか。
次にここへ来る時は真琴を応援してもらえるといいな。

WNC養父 売店ショット 真琴
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記