2013年09月08日

2013.09.08 ディアナ 第2試合

▽下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴

ディアナvsWNCと銘打たれたタッグマッチ。
真琴が自らの入場曲に乗って姿を現し、後からチャンピオンのセリーナが続くという珍しい光景。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 01 IMG_0922.jpgディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 02

ディアナ側はジェイソンマスクを着けたマリーに、和柄のガウンを着用した下田という、こちらも不思議な絵となった。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 03 ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 04

コールが終わると、マリーは自らの手をなめ回してから握手を要求。
他の選手達は呆気に取られるばかり。

試合は下田と真琴、因縁の対決からスタート。
下田がバックに回って腕を取るが、真琴もすぐ切り返し。
だが、下田は左足を取って倒しにかかる。

下田、髪を掴んでのフライングメイヤーから、そのまま引っ張るラフな攻め。
レフェリーのカウントに合わせて持つ手を入れ替える、いつものパフォーマンス。
ヘッドロックを外した真琴。
再び腕を取るが、外されて距離を置く。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 05

組み合うと下田が首投げ。
ヘッドシザースで切り返す真琴だが、下田は足払いからカバー。
ブリッジで抜けた真琴はブレイジングチョップ。
下田はフロントキックで反撃するが、真琴もブレイジングチョップ連打。
コーナーへ詰めて、何発も叩き込む。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 06 ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 07

タッチしたセリーナがフォール。
ロープへ逃げられるとグラウンドで捕まえにかかるが、下田立ち上がってヘッドロック。腕を取りながらマリーとチェンジ。

セリーナにいきなり鼻フックを仕掛けるマリー。
ブレイクがかかるとコーナーへ詰めるが、セリーナ逆転してチョップ。
背中に重たい膝を入れてカバー。
マリーが肩を上げると同時に腕を固め、もう一度膝蹴り。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 08 ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 09

タッチを受けた真琴が脇固め。
だが、マリーも反撃して下田にタッチ。
ロープの反動で真琴を倒した下田は、顔面蹴り。
カバーを返されると、髪を掴んでフェースバスター。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 10 ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 11

下田、続いてキャメルクラッチ。
するとマリーがリングインし、唾を付けた手で真琴の顔面に押しつける。
悲鳴を上げる真琴を弄ぶかのように、さらに手をなめ回してからタッチ。
下田も両手を踏みつけて精神的ダメージを与え、カバー。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 12

カウント2で返した真琴。
ボディシザースを後ろに倒れ込んでフォール。
それでも外さない下田の膝に肘を押し当て、強引に解除。
だが、下田はランニングネックブリーカーを決めてチェンジ。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 13

マリーがチェンジして串刺しエルボー。
さらに串刺しジャンピングニーを放ち、ヘアホイップ2連発からカバー。
返されると下田とタッチをかわしてから、ダブルのクローズライン。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 14

顔面を蹴りつける下田。
攻め込まれた真琴も膝立ちでエルボーを返して抵抗。
ロープへ振られるとクロスボディで逆転に成功し、セリーナとチェンジ。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 15

コーナーポスト付近で読み合いを繰り広げる両者。
セリーナがモンキーフリップ。
バックを取るが、下田はトップロープを掴んで粘る。

連続でアームホイップに行くセリーナ。
ストマックブロックを決めてカバーするがカウント2。
立ち上がった下田にガットショットを入れ、ロープへ飛ぶ。

ボディアタックで反撃した下田。
投げ飛ばしてから、かかと落とし。
カバーをカウント2で返されると、マリーへ繋ぐ。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 16

リング中央、力比べにはいるセリーナとマリー。
セリーナがジリジリと押していくが、マリーも粘りを見せて押し返す。
スープレックス風の投げで流れを変えるセリーナ。
両手を押さえつけながら全体重を乗せるも、マリーはブリッジ。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 17

勢いよくセリーナを投げたマリー。
バックを取ろうとするが、セリーナが一枚上手。
ロープへ逃げたマリーは突っ込んできたところで転落させる頭脳プレー。
マリー「バカジャナイ」としたり顔。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 18

マリーは場外でセリーナを引き回してから、エルボードロップ。
だが、リングへ戻るとセリーナが逆襲。
厳しいストンピングからチョップで、すっかり流れを引き寄せる。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 19

セリーナが担ぎに行くが、マリー粘って回転エビ固め狙い。
これはこらえられたが、チンクラッシャーで動きを止める事に成功。
間髪入れず、低空ドロップキックで追撃。
ロープへ振ろうとすると投げ返されるも、飛びつきながらスラム。
そのままカバーするがカウント2。

真琴がチェンジすると、マリーはキチンシンク連発。
鮮やかなフィッシャーマンズスープレックスからホールドするも、カウント2。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 20

串刺し攻撃は真琴がフロントキックで迎撃。
ジョン・ウーを放ってカバー。
肩を上げたマリーは立ち上がると同時にサミング。
コーナーへ乗せた真琴に雪崩式フランケンシュタイナー。
さらにムーンサルトを決めてカバーするが、フィニッシュには至らない。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 21

下田がタッチして、顔面蹴り連発。
コーナーへ振られた真琴は、下田を跳ね上げてコーナーへ乗せボディ蹴り。
フライングボディアタックからカバー。
返されると、フットスタンプ、W・W・ニーで追撃して押さえるが、これもカウント2。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 22 ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 23 ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 24 ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 25 ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 26

続くダブルアームスープレックス狙いは、下田にこらえられて失敗。
ならばとブレイジングキックを叩き込んでフォールに行くが、マリーがカット。

タイガースープレックスの体勢に入る下田に対し、真琴は三田さん固めで切り返し。
ひっくり返されても2でキックアウト。
コーナーへ上って反撃を試みるが、デッドリードライブで投げられて転落。
下田はローリングセントーンを繰り出すも、かわされて自爆。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 27

ここで真琴がライジングスタースープレックスを試みるも、崩れて不完全な形に。
難を逃れた下田は、逆さ押さえ込みからジャックナイフ式エビ固め。
最後はベテランの意地を見せて、勝利を奪った。
ディアナ 下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&真琴 28

○下田美馬&クレイジー・マリーvsセリーナ&×真琴
(18分37秒 ジャックナイフ式エビ固め)


▽試合感想
SMASH時代から通してセリーナとの純粋なタッグを初結成。
対戦相手には古くから因縁のある下田と様々な真琴の歴史を含んでいたタッグマッチ。

そして、何より印象的だったのは久しぶりに繰り出したライジングスタースープレックス。
崩れてしまったものの、この技を見たのは何年ぶりだろう?
三田英津子さんから正式に受け継いだ技なので、ここ一番のフィニッシュホールドに使って欲しいな。

下田との闘いでは他にも三田さんを意識した技が多く繰り出されていたので、オールドファンとしてはグッと来るものがあった。


▽売店ショット
ラゾーナ川崎プラザソルでのダブルヘッダーを終え、大会終了後の1枚。
昼夜とも負けてしまったけれど、ディアナにも初参戦を果たして参戦団体が増え始めてきているのは嬉しい。
ダブルヘッダー、本当にお疲れ様でした!
ディアナ 真琴 売店ショット
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2013.09.08 REINA女子プロレス 第3試合

▽アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee

初めにアメリカンコンビから入場。
ジェイソンマスクを着用したマリーに対して早くも「バカガイジン」との声援。
アリシンがポーズを決めた後、ハイタッチを交わす。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 01 REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 02

真琴とSareeeのコールが終わると、ガイジン組は2人をバカにした態度で握手を要求。
さらに紙テープを拾って、自分達に投げたりと遊び回る始末。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 03 REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 04 REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 05

マリーとSareeeが先発で試合開始。
ロックアップからマリーがアームホイップ。
それぞれロープワークを見せてから足払いで様子を伺い、共にチェンジ。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 06

リング中央、アリシンが高く手を挙げて力比べを要求。
背丈が頭一つ分違う真琴は何とか手を取るも、パワー差に苦戦。
押し込まれてうつぶせになると、アリシンもそれに合わせて寝そべる。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 07 REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 08 REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 09

逆転しようと立ち上がる真琴。
だが、アリシンにローを入れられて距離を置く。
エルボーで反撃を試みるが、再びローが入ると思わずしゃがみ込む。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 10

それでもチョップで反撃する真琴だが、アリシンはチョップでダウンさせてカバー。
真琴はブリッジで抜け出すと、ドロップキックで一矢報いてSareeeに繋ぐ。

Sareeeがコーナーへ詰めてエルボー。
アリシンはフロントキックで突き放し、ラリアットでダウンさせてカバー。
返されると髪を掴んで引き起こし、自陣に連れ帰る。

頭突きを入れるマリー、自らも痛そうな顔。
座り込んだSareeeを捕らえて鼻フック。
ブレイクがかかれば、離した手を舐めるようなそぶりでクレイジーさを見せる。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 11

マリーがヘアホイップを決めると、アリシンがコーナーで胸を突き出す。
そこへSareeeを投げつけるというセクシーな攻撃。
続いて首を捻っていくマリーだが、髪を掴んだためレフェリーがブレイク
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 12

ヘアホイップで反撃に出たSareee。
コーナーで体重をかけながら踏みつけていると真琴も荷担。
対角線上へ振るが、マリーはエプロンへ着地。
キックで逆転し、ビッグブーツ。
さらにフィッシャーマンズスープレックスホールドへ行くが、カウント2。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 13

エルボーを打ち合うマリーとSareee。
体格で勝るマリーが優勢になるが、Sareeeもドロップキック連打で巻き返す。

真琴がタッチを受け、フライングボディアタック。
ボディ蹴りからW・W・ニーを決めてカバーもカウント2。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 14

真琴、今度はブレイジングキック。
しかし、マリーもパワースラムで逆襲してカバー。
返されると、コーナーへ振ってジャンピングニー。
雪崩式フランケンからカバーに行くが、Sareeeがカット。

アリシンがチェンジして、エルボースマッシュ。
苦しい表情をのぞかせる真琴だったが、丸め込みの連発でペースをかき乱す。
フェイントで動きを止めたアリシンはニーリフトでダウンさせ、カバー。
真琴は2で返すと、チンクラッシャーで流れを切り、Sareeeにタッチ。

Sareeeがミサイルキック連打からカバーもカウント2。
ならばと一回り以上違う相手をジャーマンで投げようとするが、アリシンは「せーの」と日本式の掛け声つきでヒップアタック。

それでもSareeeは再びバックを取ってジャーマン狙い。
すると今度は真琴が無気力キックでアシスト。
Sareeeが投げきってホールドするも3カウントならず。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 15

コーナーへ上がったSareeeだが、アリシンがマットへ引きずり下ろしてビッグブーツ。
担ぎ上げてバックフリップ狙いはSareeeが回転エビ固めで切り返し。
立て続けに飛びつき十字固め、ジャックナイフと押さえ込みでフォールを狙うがカウント2止まり。

裏投げを狙うSareeeだったが、アリシンは逆に持ち上げてスラム。
そこへマリーがムーンサルトを投下。
さらにアリシンが担ぎ上げ、助走付きのバックフリップ。
体重をかけて押さえるとSareee返せず、3カウントが叩かれた。
REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 16 REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 17 REINA アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&Sareee 18

○アリシン・ケイ&クレイジー・マリーvs真琴&×Sareee
(11分5秒 ランニング・バックフリップ→片エビ固め)


▽試合感想
大柄なガイジンタッグとの対戦。
真琴も日本の女子選手では大きな方だが、並び立つとやはり体格が違う。
ナチュラルパワーの差に苦しめられ、支配権を握られる場面が多かった。

最近は色々な外国人選手と当る機会が増えてきたので、こうした経験を積み重ねて糧にしてほしいと思います。

▽売店ショット
試合後の売店にて。
夜も同会場でのダブルヘッダーだったので、それまでの時間の潰し方を話したりしていた。
REINA 売店ショット 真琴
タグ:reina 真琴
posted by U1 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2013年09月01日

2013.09.01 頑固プロレス「第131回IWA定期戦スペシャル」 第弐試合

▽ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ

青コーナー側からマメ、真琴の順に登場。
次いで都がペットボトルを持って現れると
アイアンマン「何でみんな水持ってくるんだよ」
最後に姿を現したヤマダは、客席にいた某先輩ユニットをしきりに気にする。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 01 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 02 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 03 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 04

レフェリーチェックが終わると、都がマイクを握る。
都「はい、皆さん。
今日は自分のためにありがとうございま〜す。
こんばんはー、みやこっちです。お久しぶりです。
今日の対戦カード、自分はちょっと若干嫌です。
かつて、この頑固のリングで、頑固の国のアイドル"頑ドル"タッグを組んでた遠藤マメちゃん。
自分は攻撃なんか出来ません、マメちゃんに。
でも真琴、お前最近頑固のレギュラーって事でやってるけど、最近ぬるいんじゃないのか?
ぬるま湯なんじゃないのか?」
突然、批判にさらされてキョトンとする真琴。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 05 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 06

都「今日でな、頑固第弐は世代交代だ。
分かってんのか?」
ヤマダ「世代じゃない、後輩じゃねぇか。」
都「頑固の国の、西調布の、限界に挑戦だ!
お前にやれんのか!?」

真琴達が襲いかかって、試合開始。
例のごとくいきなり場外戦へ。
都が壁の横断幕めがけて真琴を投げ、さらに幕で一撃。
ヤマダはマメをロープで括り付けてしまう。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 07 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 08 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 09

都を呼びつけるヤマダ。
サンドバッグへしがみつかせると、もろとも真琴へ投げつける。
真琴もフロントネックロックに捕らえて反撃。
都がサッカーボールキックでお返しする中、場外カウントが進行。
しかし、カウント18でヤマダが二人を無理矢理リングへ入れてしまい、一部の客席からため息が漏れる。
ヤマダ「第弐試合まだ観たいでしょ?」
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 10 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 11

ロープの反動を使って都を倒す真琴。
「みやここキック」で反撃されると、強烈な無気力キックで逆襲。
髪を捻り上げてからヘアホイップ。
さらに低空ドロップキックで追い打ちをかけ、マメにタッチ。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 12 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 13 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 14

勇ましくリングインしたマメだが、放ったチョップはなよなよ。
都にエルボーを返されて、徐々に劣勢に。
それでも顔面を張られると、クロスチョップでやり返してダウンさせ、真琴とチェンジ。
真琴がストンピングからトーホールド。
ロープへ逃げた都、チョップを返すも真琴は冷静にテイクダウン。
背中へ乗って足固め。
ヤマダのカットに合うとマメに繋ぐ。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 15 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 16

だが、マメはまたしても都に対して劣勢。
どうにか逃げ出して真琴にタッチ。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 17

エルボーを放つ都へ、真琴が反撃。
一撃で黙らせるとフットスタンプを食らわせてカバー。
カウント2で返した都は流れを引き寄せ、ピープルズエルボー。
フォールに行くがカウント2。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 18 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 19

ヤマダがタッチして、真琴にハンマーパンチ。
替わったマメにも食らわせ、さらにストップボードで一撃。
串刺しボディアタック、DDTと畳みかけてカバー。
キックアウトされると、今度は鼻フックでいたぶる。

マメはラリアットで逆襲に成功し、チェンジ。
真琴がエルボー連打するも余裕の表情を見せるヤマダ。
すると、急所を思い切り蹴りあげる真琴。
ボディ蹴りからW・W・ニーを投下してカバー。

これを返されると、真琴はポーズを決めてから「萌えきゅんスリーパー!」。
しかし、ヤマダは背負い上げてコーナーへ潰し、解除。
真琴を投げると、都にタッチしてから真琴の上へ放り投げる。
そのまま都が押さえ込むもカウント2。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 20

サッカーボールキックを放っていく都。
フライングクロスチョップからのカバーは、真琴がブリッジで脱出。
ジョン・ウーで反撃し、ダブルアームスープレックスホールドを決めるがカウント2。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 21 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 22 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 23

マメがチェンジしてストンピング。
都に強烈な張り手を食らって、またもや腰が引けてしまうがラリアットでお返し。
タッチすると真琴とトレイン攻撃を決め、ダブルのエルボードロップ。
真琴がカバーするが都はブリッジで跳ね返す。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 24 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 25

スリングブレイドで流れを引き寄せた都は、何と鶴見五郎ばりの裏拳を連打。
ヤマダとのダブルでダウンさせると、シャイニングみやこザードからカバーもカウント2。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 26

ここで、突如マイクを持つ都
都「オッケー。
試合もだいぶ白熱してきたところで、皆さんお待ちかねのアレ、やっちゃいます。」
みやこディメンション!!」
ヤマダ「バカヤロー、俺の技じゃねぇか!」
元祖ディメンションことヤマダが阻止するも、今度は…
真琴「真琴ディメンション!!」
ヤマダの首根っこを掴むと、会場の出入口から外へ出て行ってしまう。
一部の客席から「ガスト」コール。
マメ「すげぇ試合だ…。」
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 27

しばらく二人の消息が掴めず、時が止まる場内。
この間に赤コーナーで座った都は頑固水を口に含んで休憩。
ようやく真琴が戻ってくると、都が頑固水を噴射。
真琴がかわしたために、マメに誤爆。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 28

ならばと、都がもう一度頑固水を噴射しようとすると、真琴も同時に噴射。
発狂した3人が踊り狂う中で、やっとヤマダに対する場外カウントが数えられ始める。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 29 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 30 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 31 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 32 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 33

カウント15を過ぎたところで、ヤマダがディメンションより生還。
出入口とは反対側から姿を現し、リングへ戻ろうと這っていく。
しかし、エプロンへ辿りついたヤマダに真琴&都が同時に頑固水を噴射。
ガクリと崩れ落ちると20カウントとなり、リングアウト。
稀に見るカオスの中、真琴が棚からぼたもち的なリングアウト勝ちを収めた。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 34 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 35

×ヤマダマン・ポンド&松本都vs○真琴&遠藤マメ
(15分42秒 リングアウト勝ち)

ヤマダ「おかしい…。
まさか自分が考えた、市ヶ谷で考えた、ディメンションで負けるなんてよ。
おい都、お前タッグのセオリーって分かってんのか、お前?
お前頑固プロレスから組めって言われて組んで、ちゃんとギャラも貰ってよ。
ちゃんとしてんだから、ちゃんとしてくれよ。
何だよ、最後三人になってよ。
やっぱりお前と闘うのもそうだけど、組むのはもっての外だったよ。
まぁ、いいよ。
お前ら3人で今日は締めてくれ。」
そして、11月の頑固プロレス新木場大会に向けて、ある男から謎の電話があった事を示唆するヤマダ。
もしや…。

ヤマダに締めを託された三人。
真琴「はい、えっと皆さんだったらこういう時、何て締めますか?」
何故かカメラマンの深見さんに振られそうになったが
真琴「じゃあ、みんなそれぞれ頑固プロレスのアイドルとして、今度トリオ組みましょうよ。アイドルトリオ。
というわけで、一旦締めさせていただきます。」
都を交えた三人で、今回も「萌えきゅん頑固」の中締めによって、第弐試合の幕が閉じたのだった。
頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 36 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 37 頑固プロレス ヤマダマン・ポンド&松本都vs真琴&遠藤マメ 38

▽試合感想
"西調布の限界に挑戦"というテーマの元に行われた第弐試合。
その名に恥じぬ、かつてないほどの泥試合が繰り広げられた(笑)

(3人くらいしか元ネタを知らないであろう)ディメンションの応酬。
リング上を飛び交う頑固水
そして場外カウントが20まで数えられる間、踊り続ける真琴&マメ&都。
これで第弐試合ワールドは一つの完成形に達したんじゃないかと思うほどの"作品"。
真琴も都も今まで無いほどに共鳴していたし、とにかくやり切ったという言葉が相応しい。

いやぁ、楽しめました。
この日お忍びで観戦に来ていた某大物ヒールユニットの選手も笑っていた。
それでいいじゃないか。


▽大会終了後
今回は試合にちなんでダンスポーズをリクエスト。
頑固プロレス 真琴 01 頑固プロレス 真琴 02

そして、最後はY字バランスも。
頑固プロレス 真琴 03

何だか普段の第弐よりも活き活きしていた気がしたな。
ある意味ハードな試合、お疲れ様でした!
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記