2013年09月20日

2013.09.20 REINA女子プロレス 第3試合

▽下田美馬vs真琴

過去にいくつもの因縁を生んだシングルマッチが久々に実現。
REINA 下田美馬vs真琴 01 REINA 下田美馬vs真琴 02 REINA 下田美馬vs真琴 03

しっかりと握手を交わして、試合開始。
REINA名物のメキシコ軍団からは早速「MIMA!」コール。
対抗して真琴も自らコールを起こす。
REINA 下田美馬vs真琴 04

ロックアップから腕の取り合い。
下田がうまく転がし、髪を掴んでのフライングメイヤー。
そのまま髪を捩じりあげ、反則カウントに合わせて持つ手を入れ替える。
REINA 下田美馬vs真琴 05

下田、フェースロック。
真琴は腕を取ってアームドラッグ。
ロープへ飛んで向かっていくと、下田が足払いからフォール。
REINA 下田美馬vs真琴 06

ブリッジで抜け出した真琴はストンピング。
コーナーへ振って、ブレイジングチョップ。
気迫をこめて何発も打ち込む。
さらにロープへ括り付けて髪を引っ張り、荒々しい一面を見せる。
REINA 下田美馬vs真琴 07 REINA 下田美馬vs真琴 08

真琴がボディシザース。
抜け出した下田は裏ももへストンピング。
真琴の足をロープへかけると飛び上がって、足へ全体重を乗せたヒップドロップ。

続いて足を固めていく下田。
悲鳴を上げる真琴の髪を引っ張って、厳しい攻め。
エスケープされても、すぐに上から踏みつける。
REINA 下田美馬vs真琴 09

下田、今度はロープの反動で真琴を吹っ飛ばして顔面蹴り。
カバーは返されたが、ロープへ括り付けていためつける。
これを外すとセンターへ投げ捨て、両手にフットスタンプ。
またしても真琴から悲痛な声が。
REINA 下田美馬vs真琴 10

なおも容赦なく顔面蹴りを連発する下田。
ロープへ振られた真琴は反撃のクロスボディを決めてカバー。
しかし、下田はチョークしながら返して逆転。
逆エビ固め、フェースロックでいためつけるが、真琴は自力でエスケープ。
REINA 下田美馬vs真琴 11

下田はフロントネックロックの体勢から、投げて腕固め。
さらに厳しい顔面蹴りを連発。
丸め込みはロープを掴んでこらえ、かかと落としからフォール。
REINA 下田美馬vs真琴 12 REINA 下田美馬vs真琴 13

肩を上げた真琴が力を振り絞ってチョップ。
下田はエルボーで止めて、コーナーへホイップ。
だが、真琴は跳ね上げてコーナートップに乗せ、ボディ蹴り。
フライングボディアタックを放ってカバーするが、カウント2。
REINA 下田美馬vs真琴 14 REINA 下田美馬vs真琴 15 REINA 下田美馬vs真琴 16

一気に攻め込みたい真琴。
再びボディ蹴りから、フットスタンプ。
W・W・ニーを食らわせてフォールも、カウント2.

ならばと、真琴はライジングスターの体勢へ。
膝蹴りでクリアされたが、無気力キックでダウンさせてカバー。
返されると今度はダブルアーム狙い。

下田も反転してタイガースープレックスを狙う。
ここはクリアした真琴、素早くライジングスタースープレックス。
そのままホールドするが、3カウントならず。
REINA 下田美馬vs真琴 17

カニ挟みで流れを切った下田は再びかかと落とし。
ロープへ振ると、真琴がカウンターのスピアー。
覆いかぶさってフォールに行くが、これも2カウント止まり。

コーナーへ上がった真琴を、下田が追いかける。
振り払う真琴だが、続くフライングボディアタックはかわされて自爆。

真琴がエビ固めへ行くと、下田が反転。
再び切り返した真琴。
キックアウトされると、今度は三田さん固めで執拗に丸め込み。
しかし、これもクリアした下田。
一気にタイガースープレックスホールドで、勝負を付けた。
REINA 下田美馬vs真琴 18 REINA 下田美馬vs真琴 19 REINA 下田美馬vs真琴 20

○下田美馬vs×真琴
(10分9秒 タイガースープレックスホールド)

▽試合感想
アイスリボン時代には何度も行われたシングルマッチ。
三田英津子さんを師と仰いでいた真琴、そのパートナーである下田とは三田さん引退後にも幾多のストーリーがあった。
直接的な繋がりはないけれど、真琴物語を語る上で下田というのは欠かせない人物の一人である。

そんな因縁深い相手と、久々に行われたシングルマッチ。
先日のREINAでもそうだったように、三田さんを意識した技を多用していた真琴。
前半は一方的に攻め込まれる展開が多かったものの、後半は真琴がフォールへ行く場面の方が多かった。
ライジングスタースープレックスも前回よりはしっかりと決まっていた。

振り返れば、これまでの対戦で真琴が最も攻め込んだ内容になったと思う。
それでも、最後まで下田ペースに見えたあたりはベテランならではの恐ろしさというか。

ただ、真琴もキャリアを考えればそろそろ下田を越えなくてはいけない時期。
その実力は十分に付いてきているはずなので、次に相まみえる時は貪欲に勝利を狙って欲しい。


▽売店ショット
大会終了後の売店にて。
この日から遠征を含む怒涛の四連戦がスタート!
9月は久しぶりに1か月で10試合以上組まれているのだけど、ここが1つのヤマとも言える。
まずは怪我なく試合を終えられて良かった。
REINA 売店ショット 真琴 01

四連戦、ガンバっていきましょう!
REINA 売店ショット 真琴 02
タグ:reina 真琴
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月18日

2013.09.18 WNC新宿 第2試合

▽「私立・プロレス学園」vs「私立・クズプロ学園」対抗戦
真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也&新入生X&新入生XX


まずは私立プロレス学園の3名が登場。
リングインすると真琴先生がマイク。
真琴「はい、みなさん、こんにちは…。こんばんは!
我が私立プロレス学園にも新入生、新メンバーが加わり、ますます盛り上がってきています。
それでは早速、何だっけ?
点呼、、点呼じゃない出席を取ろうと思います。」
学級委員の小林、PTA会長の都が元気よく返事。
真琴「良い返事ですね。
では、今日もはりきって参りましょう。」
始業(?)のチャイムが鳴らされる。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 01 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 02 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 03 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 04

対するクズプロ学園は木藤1人で登場。
コールされた後、マイクを握る。
木藤「えー、皆さん、こんばんは。
私立クズプロ学園校長、木藤です。
実はですね、ちょっと時期が悪かったせいか、今回入学希望者が一人もいなかったんですよ。
それでね、急遽この会場で生徒を募集したいと思います。
誰か入学金9万2千円を払って入りたいという人は、手を挙げてください。
誰か、手を挙げてください。誰かいないですか?」
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 05

木藤を急襲するプロレス学園メンバー。
ゴングが鳴らされ、この試合が3vs1のハンディキャップマッチとなる事がアナウンスされた。

プロレス学園3人で太鼓の乱れ打ち。
変則ロープワークからトリプルキックを見舞う。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 06 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 07

真琴がリングへ残ると、木藤はカニ挟み。
グラウンドでねっとり絡みつくような動きを見せたため、真琴が悲鳴を上げる。
木藤、インディアンデスロック。
体勢を保ったまま、カットに来た都を卍固め、小林をブレーンバスターで投げるというテクニシャンな一面も披露。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 08 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 09

コーナーへ詰めてストンピングする木藤。
都がカットすると、尻が顔面に。
さらに小林がドロップキックを放てば、今度は股間が押しつけられるという惨事に。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 10

勢いづく(?)木藤はガットレンチスープレックスからカバー。
真琴はブリッジで脱出してジョン・ウー。
やっとローンバトルを抜け出して都にタッチ。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 11

都がローキック連打からアームドラッグ。
「ヤー!」とポーズを付けながらピープルズエルボーを決め、フォール。
返されると、みやこメーカーへ。
一旦巻き戻す独特のムーブに客席から笑いが。
それでも、都は堂々とレインメーカーポーズでアピール。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 12 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 13

小林がチェンジしてショルダータックル。
木藤はラリアットでダウンさせてカバー。
カウント2で返した小林、ドロップキックを見舞って真琴に繋ぐ。

真琴がクロスボディを放つも木藤がキャッチ。
すると、都&小林がアシスト。
ダウンした木藤の周囲を取り囲み、トリプル・マンマミーア。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 14

真琴がフライングボディアタックを見せ、小林がダイビングヒップドロップ。
都もシャイニングみやこザードで続くと、とどめは真琴のスピアーが炸裂。
3人がかりでがっちり押さえ込み、私立プロレス学園が快勝を収めた。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 15 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 16 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 17

○真琴&松本都&小林香萌vs×木藤拓也
(5分2秒 スピアー→エビ固め)

WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 18 WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 19

木藤「おい、おいおい!
お前ら汚いだろ、3対1ってよぉ。
教育者ってのはそういう事やんのか、なぁ?」
小林「男だろ」
木藤「男も女も関係ねぇ。
まぁいい、こうなったらな、背に腹は代えられねぇ。
入学金免除だ。
ただでな、全員入れてやっから。
我こそはクズだと思う人いたら、どしどし俺に連絡してください。
そしてな、来月の後楽園。
お前らプロレス学園と、俺達クズプロ学園、最終決戦だ。アルマゲドンだ。
覚悟しとけ、この野郎、おい。
いいか、お前覚えてとけよ、おら。」
"俺達"と言っても、10/31までに集まらなければ一人だが…。

真琴「いいでしょう。
あっちが、何かすごい大勢連れてくるみたいなんで。
自分達も覚悟はありますよね?
覚悟はあります。
大勢来る、ことになってるのでしょうか?(苦笑)

真琴「一人でも生徒を集めて。
理想とする百合百合とした学園を築き上げましょう。
おー!」
全員で拳を突き上げる私立・プロレス学園メンバー。
とにかく団結は固いようだ。
WNC新宿 真琴&松本都&小林香萌vs木藤拓也 20

▽試合感想
松本都という劇薬の投入で空中分解も心配された3人体勢での初試合。
しかし、意外と水にあっていたようでトリプル・マンマミーアまで繰り出すとは。
逆に言うと、これで方向性が決定的になったような気もする。
「風紀を正す」というよりは引っ掻き回す方へ(苦笑)

クズプロ学園とのアルマゲドンは、ある意味で恐ろしいことになる予感。

▽FC撮影会
WNC新宿 私立プロレス学園 FC撮影会
試合開始前に行われたFC限定撮影会での1コマ。
ちなみに前回もプロレス学園だったのだけど、2か月連続って珍しい。
それだけ期待のユニット、っていう事です。多分。

▽Tシャツ販売リレー
休憩時間中には学園オフィシャルTシャツをリング上で売り捌く「リレー」も開催。
手作り感満載なTシャツの販売とか色々で、何となく平成YTRを思い出した。
さて、この運営資金をもとに、次はどんな行事が催されるのでしょうか。
WNC新宿 私立プロレス学園 Tシャツ販売リレー
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2013年09月14日

2013.09.14 WNC養父 第4試合

▽エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ

まずはMAZADA&セリーナ組から入場。
セリーナは大きく両手を広げてから、チャンピオンベルトを手に持ってアピール。
真琴とパンテーラはそれぞれ別に入場した。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 01 WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 02 WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 03

真琴とセリーナが向かい合ってリングイン。
客席に手拍子を煽る真琴だが、その隙にMAZADAがタッチ。
真琴が振り返ると舌なめずりしながら、にじり寄る。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 04

飛びかかるMAZADAに真琴がストンピング。
MAZADAはサミングで動きを止めて追撃に出るが、真琴ブロックして平手打ち。
躊躇なく急所を蹴り上げて追い払う。
MAZADAはセリーナとチェンジすると、場外に出て悶絶。

セリーナが腕を取ってグラウンドへ持ち込むが、真琴も切り返し。
ヘッドシザースもすぐに外して袈裟固め。
さらに立ち上がってヘッドロック。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 05

振り解いたセリーナは首投げから袈裟固め。
ヘッドロックで絞めあげてからショルダータックルで倒し、客席にアピール。
だが、真琴もブレイジングキックで一矢報いる。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 06

両者チェンジするが、MAZADAはまたも真琴にちょっかいを出そうと猛ダッシュ。
真琴がリング下へ降りると、パンテーラが牽制しながらリングイン。

あざ笑うようにパンテーラへのコールを起こすMAZADA。
素早いルチャ流のロープワークから、パンテーラがコルバタ。
ケブラドーラ・コンヒーロ、ドロップキックを見舞うと、MAZADAは場外へ待避。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 07 WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 08

リング内に連れ戻すパンテーラ。
自陣に連れ帰るも、MAZADAは相変わらず真琴へおどけた顔を見せて威嚇。
パンテーラはMAZADAの額に噛みつくがレフェリーがブレイク。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 09

真琴がタッチして、お返しとばかりにストンピング連打。
手加減なしのバックエルボーを受けてダウンするも、カバーはブリッジで脱出。
すぐにジョン・ウーで反撃する。

ロープへ飛ぼうとする真琴の髪をMAZADAが引っ張って足止め。
チェンジしたセリーナも続き、ヘアホイップ。
髪を踏みつけながら真琴の両腕を引っ張るという拷問技へ。
これを解くと、ボディスラムからギロチンドロップを放ち、カバー。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 10

肩を上げた真琴の腕を取るセリーナ。
MAZADAがタッチして脇腹に一撃。
距離を取った真琴に対して、「来い来い」と挑発。

慎重に間合いを測る真琴だが、MAZADAに一撃食らわされて悶絶。
コーナーに控えるパンテーラを蹴散らすMAZADA。
真琴をいたぶってから自陣へ連れ帰り、チェンジ。

セリーナはストンピングで追撃。
喉元を踏みつけてから、ロープ際でナックル連打。
さらに串刺し式スピアーを何度も叩き込む。

再びMAZADAがかわり、真琴の髪を捻る。
コーナーへ振っての串刺し攻撃は真琴がフロントキックで反撃。
フライングボディアタックを決めて、ようやくパンテーラに繋ぐ。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 11

ミサイルキックで飛びかかったパンテーラ。
コーナーへ振ると、トップロープからもう一度ミサイルキック。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 12

パンテーラはカットに来たセリーナを抱え上げてコーナーへ乗せると、「マコチャン!」と真琴を呼び込む。
真琴がセリーナのボディを蹴り上げ、パンテーラはMAZADAにドロップキック。
だが、MAZADAはコンプリートショットで逆転。
続けて強烈なラリアットを叩き込む。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 13

ブレーンバスターをクリアしたパンテーラがニールキック。
MAZADAはすぐにラリアットを返すが、パンテーラもトラースキックでやり返して両者チェンジ。

真琴とセリーナがエルボー合戦。
ガットショットで止めたセリーナがロープへ飛ぶと、真琴が追いかけスピアー。
しかし、セリーナもラリアットで反撃。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 14

真琴が回転エビ固めへ持って行くとセリーナも切り返して応酬。
キックアウトした真琴、ガットショットで足止め。
ダブルアームスープレックスホールドを決めるがカウント2。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 15 WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 16

ならばとスピアーを狙う真琴だが、セリーナはカウンターのラリアット。
カバーを返されると担ぎ上げるも真琴は手足をジタバタさせて抵抗。
エプロンへ脱出すると、張り手。
フライングボディアタックを放つもかわされて自爆してしまう。

セリーナがストマックブロックからカバー。
返されると、MAZADAとのトレイン攻撃からダブルブレーンバスター。
さらに山折りを決めてフォールへ行くが、パンテーラがカット。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 17

パンテーラはMAZADAを場外へ転落させると、セリーナをテイクダウン。
真琴がフットスタンプ、W・W・ニーを決めてカバー。
ここはMAZADAがカットイン。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 18

延髄斬りを食らってリング下へ落ちたMAZADAへパンテーラがトペ・スイシーダ。
この隙に真琴がロープへ飛ぶが、セリーナはカウンターのスピアーで返り討ち。
フォールすると真琴返せず3カウントが入った。
WNC エル・イホ・デル・パンテーラ&真琴vsMAZADA&セリーナ 19

エル・イホ・デル・パンテーラ&×真琴vsMAZADA&○セリーナ
(17分44秒 スピアー→片エビ固め)


▽試合感想
まず、敵ながらMAZADAが素晴らしかった。
セクハラを連想させる仕草で動揺を誘ったかと思えば、攻撃する時は厳しさも見せる緩急ある動き。
女子との試合でもこんなに出来る選手だとは思ってなかった。
WNCにこれくらい動けて試合を作れる中堅どころの選手がいれば、もっと若手も光るのにな。

真琴はパンテーラと初タッグながら息のあった連携を見せていた。
年下のパンテーラが「マコチャン」と真琴を呼ぶのは、ちょっと面白かった。

▽売店ショット
大会終了後の1枚。
兵庫県といっても北部の山間にある養父市は、なかなかのカントリータウン。
気温も9月半ばとは思えないくらい暑く、遠征の道中も大変だったのではないかと思う。

今大会はYO-HEY選手の凱旋興行だったが、同じく兵庫県出身の真琴にとってもある意味で凱旋。
入場時にはきちんと"兵庫県出身"とコールされた。
会場に集まったのはほとんど地元のお客さんだったけれど、少なくとも同郷のレスラーがいるっていう事は知ってもらえたんじゃないだろうか。
次にここへ来る時は真琴を応援してもらえるといいな。

WNC養父 売店ショット 真琴
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記