2013年06月02日

2013.06.02 頑固プロレス「掴めプロレスの星」 第弐試合

▽頑固女子プロレス旗揚げ戦
やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ


4月にマネージメントのミスで流れてしまった対戦カードが2ヶ月越しで実現。
いよいよ"頑固女子プロレス"の全貌が明かされる。

頑固初登場となるヘイリーが先陣を切って登場。
続いてセコンドのマメが「マメ」コールに乗って入場、すごい絵だ!(笑)
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 01 頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 02

真琴は今回も頑固水を手にリングインした。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 03

女子プロレスなので頑固反逆同盟側からは、やまだまんぽん子が2度目の出陣。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 04 頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 05

レフェリーチェックが終了したところで真琴がマイクを握るが、ぽん子がすぐに奪い取る。
ぽん子「あなた、この前対戦した後すぐベルト取られたらしいじゃないのよ。
あなたの運も、そして実力もそれまでって事よ。
そして、あなたは裸一貫、すっぽんぽんになって脱ぐしか無いみたいわね。」
散々に言われてしまった真琴がバンビに襲いかかり、試合開始。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 06

やはり冒頭からの場外戦となり、真琴とバンビが因縁の抗争を展開。
一方、ぽん子とヘイリーは客席に雪崩れ込んで大乱闘。
怒ったヘイリーが椅子を投げつけるほどの荒れた展開となった。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 07 頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 08

リングへ戻ったヘイリーはぽん子を「You're crazy!」と挑発
すると、ぽん子は頑固水を取り出し、何も知らないヘイリーに勧める。
ぽん子「ヘイリー、プレゼント・フォー・ユー、頑固水。第弐試合、ヒツジュヒン。」
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 09

差し出された頑固水をゴクゴクと飲んだヘイリー、叫び声を上げながらエルボー。
応戦したぽん子がヘッドロック。
ロープへ振られるとショルダータックルに行くが、ヘイリーは正面から互角にぶつかり、ぽん子を威嚇。
3度目のショルダータックルでぽん子が先にダウンを奪うも、ヘイリーもすぐにやり返してパワーを見せつける。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 10

両者チェンジして、頑固様vs頑固姫の対決へ。
リストの取り合いを真琴が制すると、バンビは首投げ。
真琴もヘッドシザースで返して、一旦離れる。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 11

ロックアップからバンビがロープ際まで押し込む。
真琴はチョップを避けてロープへ飛ぶと、ビッグブーツも回避。
だが、バンビはカニ挟みで倒してセントーン。
素早くフォールに行くも、カウント2。

ぽん子がタッチして、真琴の髪を捻り上げてからヘアホイップ。
続いてロープ際で吹っ飛ばしてから顔面蹴り、といかにもな女子プロムーブ。
さらに、腕をグルグルと回してからえげつないエルボーを炸裂。
思わぬ衝撃の大きさに、たまらず倒れる真琴。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 12

頑固反逆同盟のダブルからバンビがカバー。
返されると客席に手拍子を煽ってから、スライディング式のヒップドロップ。
そのままフォールに入るがロープ際だったため、真琴が何とかブレイク。

ぽん子が真琴を押さえつけると、ヘイリーがカット。
しかし返り討ちに合い、押さえられた二人の顔面にバンビが低空ドロップキック。
真琴を自陣へ押し込んだぽん子は強烈な串刺し逆水平チョップ。
うずくまった真琴を起こして「2発目だ〜」と宣言するが、裏をかいてサミングを見舞う。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 13

タッチしたバンビがロープを持ちながら全体重をかけて踏みつけ。
フライングメイヤーからスリーパーで締め上げる。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 14

ヘイリーとマメが声援を送るが、真琴にとっては苦しい時間が続く。
バンビに続いてぽん子がスレッジハンマーを振り下ろし、さらにはあからさまなチョーク攻撃。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 15

ぽん子が持ち上げにかかると、真琴は後方へ着地してクリア。
コーナーへ突き飛ばしてから渾身の串刺しエルボーで、ようやく逆転に成功。
この隙にヘイリーへと繋ぐ。

ビッグブーツをぽん子に放つヘイリー。
カットに来たバンビも返り討ちにして、二人へ交互に串刺しヒップアタック。
両腕ラリアットでダウンさせ、バンビをノーザンライトスープレックスホールド。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 16

カウント2で返したバンビはDDTで逆転。
ぽん子がタッチを受け、串刺しボディプレス。
素早くストップボードを持ち出し、ヘイリーに投げつける。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 17

思わぬ攻撃に苦しめられたヘイリーだが、鋭い打撃で反撃。
ハイキックでダウンさせると腕十字で悶絶させるが、ぽん子も自力でエスケープ。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 18

真琴がチェンジして、フットスタンプ2連発。
矢継ぎ早にW・W・ニーも繰り出してカバーするもカウント2。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 19

立ち上がったぽん子に対して、真琴はカウンターのスピアー。
だが、ぽん子は正面からキャッチしたまま持ち上げ、スクラップバスターの要領でフェースバスター。
覆い被さるようにカバーに行くが、カウント2。

替わったバンビがブレーンバスターの体制から前に落とす形でフェースバスターを決め、フォール。
真琴がキックアウトすると距離を取り、シャイニングウィザード。
これは真琴がかわして、逆襲の無気力キックでダウンを奪いフォール。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 20

カウント2で返したバンビと真琴が、一進一退のエルボー合戦へ。
バンビがコーナーへ押し込んで対角線上にホイップ。
ビッグブーツで追撃すると、ぽん子もリングインして突進。

ここは真琴がかわして串刺しエルボー。
さらにヘイリーも荷担しようとするが、今度はぽん子が回避。

4人が入り乱れる乱戦模様の中、頑固様と頑固姫はそれぞれ頑固水を手に。
センターで向かい合い、まずは真琴が口に含んだ水を噴射。
しかし霧状にはならず微妙な感じ。。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 20

今度はバンビが勢いよく水を吹きかける。
負けじと真琴も再び噴射を試みるが、またもや不発。
逆に2回目の頑固水を浴びてしまう。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 21 頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 22

互いに水を口に含んだ両者。
何を思ったか、そのままローキックの打ち合い。
ハイキックが交錯すると両者ダウン。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 22 頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 23

錯乱したままの真琴とバンビは、駆け寄ったパートナーに対しても頑固水を噴射。
なおもリング中央で組み合って競り合いを続ける。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 24

二人を引き剥がそうとするぽん子に、サイドからヘイリーがビッグブーツ。
真琴とバンビに勢いよく頑固水を噴射すると、事態を収拾不能と判断したアイアンマン西田レフェリーがゴングを要請。
頑固女子プロレス旗揚げ戦は没収試合という結果に終わった。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 24

×やまだまんぽん子&バンビvs真琴&×ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ
(12分55秒 没収試合)

試合終了後、しばらく呆然とした表情を浮かべてリング上で大の字に横たわる真琴とバンビ。
ヘイリーはまだ錯乱気味なのか、アイアンマンに抗議を続ける。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 25 頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 26

ぽん子「いやぁ…。
おい、頑固姫、頑固様。頑固水の無駄遣いはダメだよ、一発に込めないと。
でも第弐試合で生まれた遺恨、早く決着付けないとね。
あたしももう、無理だわ…。」
特に言葉も無く憮然とした表情の真琴とバンビ。

ぽん子「そして、ヘイリー。
あんた、最初は飲んだけど最後は吹いて、頑固水の使い方よく分かったみたいだね。
あんたアメリカ人だから次来る時、頑固ーラ、頑固ーラを用意しとくよ。
今日はありがとね。」
ぽん子から握手を受けたヘイリーだが、顔面に向けてまたもや思い切り良く頑固水を噴射!
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 27

反逆同盟が立ち去ると、真琴がマイクを握る。
真琴「ヘイリー、センキュー。
ドゥ ユー ノウ 萌えきゅん頑固?
あ、通訳の方、、、」
"通訳"を任されたマメはボディーランゲージでヘイリーに教える(笑)
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 28

見本を見せて理解してもらったところで、あらためて。
真琴「行くぞ!せーの、萌えきゅん頑固〜!」
3人でポーズを作り、中締めを務めた。
頑固プロレス やまだまんぽん子&バンビvs真琴&ヘイリー・ヘイトレッドwith遠藤マメ 29

▽試合感想
ついに始動した"頑固女子プロレス"。
相変わらず頑固水を巡る発狂のドラマが主軸となる一方で、試合は非常にタフなものに。
女子としては上背のある選手が並んでリング栄えも良く、絵になるメンツ。
そして違和感なく溶け込んでいるマメさんという図が、頑固らしい(笑)

真琴が参戦した第弐試合の中では、現在一番の内容だったんじゃないだろうか。
ぽん子と頑固様の厳しい攻撃に耐える展開が続いたが、反撃に転じた時に繰り出す一撃のダイナミックさが素晴らしかった。
最近試合を見ていて、驚くほど力強い真琴が垣間見える事がある。
男子選手との対戦を重ねる日々の中で、着実に身に付いてきた力が表に現れているのだと思う。

初登場なのに頑固の第弐に馴染んでいたヘイリーの順応力も素敵だった。
頑固ーラの投入も宣言された事だし、また出て欲しいですね。

▽メイン〜エンディング
メインに出場した大久保一樹選手のセコンドに付いた真琴。
対戦相手の藤原秀旺選手らのラフファイトに対して、パウダー攻撃で大久保選手の勝利をアシスト!

2度目となる「萌えきゅん頑固!」で大久保選手、マメさんと共に大会を締めくくった。
2013.06.03 頑固プロレス エンディング

そして、大久保選手はジャングル親父の襲撃を受け、いつも通り平和に大会が終了したのだった。


▽大会終了後
真琴売店は出ていなかったので、まこまこチケット特典を渡しに来てくれたところをお願いして1枚。

「萌えきゅん頑固」もすっかり定着して、第弐試合だけでなくメインでの勝利にも貢献。
頑固姫が着実に頑固プロレスの顔となりつつあるのを感じさせてくれる大会だったのでした。
そんな頑固の象徴でもある入場のれんと共に。
頑固プロレス「掴めプロレスの星」 真琴オフショット

炎天下でのイベントから移動しての1日3試合、お疲れ様でした!
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2013.06.02 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」

▽オープニング
イベント開始の13時を少し回ったところでWNC勢が登場。
児玉・黒潮の司会により、プロレスのルール説明や観戦の楽しみ方などの前説。
この日のために投入されるという腕相撲マシーン1号なる、いかつい男も紹介される。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 01 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 02 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 03 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 04 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 05

そこへ暗黒皇帝コダイラーを名乗る男が登場。
コダイラー「ハッハッハッ、私の名は暗黒皇帝コダイラー。」
客席から習ったばかりのブーイングが飛ぶ
コダイラー「よく知ってんな。
お前ら気付かないだろうが、すでにこの小平、悪の俺の手下が潜んでいる事に気付かないだろうな。
腕相撲マシーン1号、覚醒せよ!」
コダイラーの号令で、WNC売店ブースにいた腕相撲マシーン1号が暴れ出す。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オープニング 06

コダイラー「いいか、この小平は我々の手によって悪の一大テーマパークへと変わってしまうのだ。
お前らもう、明日から学校に行かなくていいぞ。
宿題もやらなくていいんだ、どうだ?」
客席からは変わらぬブーイング。

コダイラーは腕相撲マシーンに命じ、リングサイドにいた関係者の女性を人質として捕獲。
さらには第1試合終了後にも登場すると、試合を終えたばかりの選手達を自分の手下へと洗脳してしまったのだった。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 第1試合


▽第2試合
児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン


WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 01

先発は児玉と浜田。
今回も浜田を「おじいちゃん」とからかう児玉。
リングサイドの子供達にも指示すると、「おじいちゃーん!」と可愛い大声援。
これには浜田も苦笑いするばかり。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 02

ロックアップから、ものすごい力で跳ね返す浜田。
ものすごい形相で睨み付けるとグラウンドへ持ち込んでトーホールド。
児玉はヘッドシザースで返すが、すぐにSTFへ切り返されてエスケープ。

立ち上がると、児玉がガットショットで不意打ちしてヘッドロック。
振り解いた浜田はアームドラッグで距離を取ってから、当て身。
さらにスタナーとコンディションの良い動き。

児玉がコブラツイストに捕らえるが、リンが噛みつきでカット。
浜田と共に一本足頭突きを見舞い、ダブルで攻め立てる。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 03

児玉も何とか繋ぎ、真琴がリンにショルダータックル。
リング中央でエルボーとチョップを打ち合う。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 04

ダブルチョップでダウンさせた真琴がフットスタンプ。
さらにフライングボディアタックを見舞ってカバーするもカウント2。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 05 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 06

児玉がタッチしてダブルチョップ連打からヒップトス。
カバーを返されるとダブルを試みるが、リンは側転で回避。
真琴を衝突させ、児玉には逆上がり式のスイングDDTを決めてカバー。
ここは真琴がカット。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 07 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 08

地獄突きで真琴を追い払ったリン。
浜田とのトレイン攻撃からムーンサルトプレス。
素早く押さえ込んでフォール。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&リン・バイロン 09

しかし、そこにコダイラー達が再び乱入。
選手達に襲いかかったため試合は続行不能となった。

△児玉ユースケ&真琴vsグラン浜田&△リン・バイロン
(7分3秒 暗黒皇帝コダイラーの乱入によりノーコンテスト)

コダイラー「おいおいおい、何か小さな小学生が闘ってるかなと思ったらジジイじゃねぇか。
アッハッハッハッハッ、あー、びっくりした。
この小平市、もう俺たちの手中に入ったようなものだ。
明日からは悪の帝国となるのだ!
と、言いたいところだが、これじゃああまりにも骨がなさ過ぎる。
もっと俺たちを楽しませてくれ。
誰か、俺たちと闘う勇気のあるものは居ないのか?
出てこい!」
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 第2試合 10

すると、TAJIRIとパンテーラが登場。
第2試合を戦ったメンバーと合流し、コダイラー達に立ち向かう。

▽第3試合
TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン


試合はのっけから敵味方入り乱れた場外戦に。
小学校の校庭で所狭しと大乱闘が展開。

カンカン照りの陽気だったため、真琴は場外で休憩中(笑)
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 01

リングへ戻るとWNC勢が次々と攻撃を繰り出していく。
だが、児玉を捕らえたコダイラー軍は徹底的に痛めつける。

反撃に転じた児玉のトペを皮切りに、他の選手達も場外弾。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 02 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 03 WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 04

最後はパンテーラが腕相撲マシーン1号を丸め込んで勝利を飾った。

TAJIRI&○E・H・D・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&×コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン
(10分47秒 ドラゴンラナ)
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 TAJIRI&エル・イホ・デル・パンテーラ&グラン浜田&リン・バイロン&真琴&児玉ユースケvs暗黒皇帝コダイラー&コダイラーのポケットモンスター1号&黒潮二郎&篠瀬三十七&村瀬広樹&ヤンキー・ライオン 05

コダイラー「あぁ…、こら、お前達いい加減にしろ!
俺たちが負けてしまうなんて。
分かった、分かった、覚えてろよ。
この仕返しは必ず、必ずやってやるからな!
またこの小平に必ず来てやる、覚えてろ!」
こうして暗黒皇帝コダイラーの小平市乗っ取り計画は無事未遂に終わった。

最後は洗脳が解けた選手達も揃って挨拶。
試合後にはちびっこプロレス教室が行われ、大盛況となった。


▽試合感想
毎回、大人にも子供にも好評な「はじめてのプロレス」。
昨年から所属選手の変動が色々とあったため、今年は誰がヒールになるのかと思っていたら…。
しかし、この暗黒皇帝コダイラーがいきなりキャラ立ちしていて素晴らしかった。
洗脳された選手達の仮装、、もとい変身した姿もあんまり悪役っぽくなくて可笑しかったり。
分かりやすいストーリー展開もあって、今回も非常に楽しかった。

何よりもプロレスを知らない子供達がワーワー騒ぎながら楽しんでくれる事が嬉しい。
プロレス業界を底上げする意味でも、このシリーズが日本全国で開催されるくらいになってくれたらいいなぁと思うのでした。


▽オフショット
まずはイベント開始前にリングコンディションを視察に来ていたWNC2大アイドルのグラビア的ショット。
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オフショット 真琴&日向小陽

そして、ちびっこプロレス教室の最中の1コマ。
カメラ目線いただきました!
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オフショット 真琴01

イベント終了後、真琴の周りには写真撮影やサインを求める人の輪が絶えず大人気。
今回は子供だけでなく大人の皆さんも多く、新たなファン層を開拓できたのではないだろうか?
砂埃がひどく、コスチュームも泥だらけになってしまったけれど、ずっと楽しそうに試合をしていたのが印象的でした。

最後にリングサイドで1枚。
ダブルヘッダーだった真琴は、この後すぐに西調布へと移動。
久々の野外での試合、お疲れ様でした!
WNC「はじめてのプロレスinこだいら」 オフショット 真琴 02
posted by U1 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記