2013年05月01日

2013.04.25 スターダム「両国シンデレラ」 第3試合

▽両国スペシャルMIX 8人タッグマッチ
岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル


スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 01 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 02

団体の垣根を越え、まとない顔合わせとなった8人タッグ。
しかし、真琴とパートナーの須佐は"変態團"の佐藤光留&中澤マイケルと組まされるはめに。
マイケルは入場時からナース姿にムチ持参という女子プロレスファンを逆撫でする格好で登場。

先発を決めようとする真琴と須佐に何故か食ってかかる変態團だが、一旦この場は譲歩。
岩谷と須佐のスターダム純血対決で試合の幕開けとなった。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 03

手を合わせると、須佐がガットショット。
岩谷はトリッキーな動きからアームドラッグで投げる。
須佐がカサドーラからのアームホイップでやり返すと、両者立ち上がると同時にドロップキック。
相打ちとなって、共にコーナーへ下がる。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 04

須佐は真琴にタッチしようとするも、マイケルが出しゃばって横取り。
この試合が組まれる発端ともなった因縁の相手、岩谷を追いかけて背後から襲撃。

光留も呼び込まれ、変態團がダブル。
かわした岩谷は二人の手を取って、セカンドロープへ飛び乗る。
宙返りしようとするも飛べず、一旦サードロープ。
それでも踏み切れなかったため、スプリングボード式のバック転でホイップ。
まとめて低空ドロップキックを見舞う。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 05

岩谷がロープへ飛ぶと、マイケルは自らスカートを捲って股間を露わに。
真琴と須佐からもたまらず悲鳴が上がる。
タッチを受けた光留は、まずスクール水着&水泳キャップの正装に着替えてから敬礼。
岩谷をコーナーへ張り付けて視姦してから、ストンピング。
自陣へ連れ帰り、真琴とチェンジ。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 06 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 07

ストンピングを浴びせた真琴はロープの反動で吹っ飛ばしてフォール。
返されると再び連れ帰って、須佐がタッチ。
DDTを決めてからエルボーを放つ須佐に対し、岩谷が張り手。
力押しで競り勝つと担ぎ上げるが、須佐がDDTで切り返して逆転。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 08

須佐が真琴にタッチしようとするも、またもやマイケルが突き飛ばして横取り。
岩谷を変態スライドからアトミックドロップ。
光留がチェンジしてボディスラム。
逆片エビ固めで絞り上げるが、岩谷も何とかエスケープ。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 09 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 10

ドロップキックで一矢報いた岩谷は、見事にブレーンバスターで投げきってカバー。
カウント2で返されるとリンにチェンジ。

リンは光留にフライングボディアタック。
リング中央でDDTを決めると、カットに来た須佐の攻撃を回避。
マイケルをコルバタで激突させ、真琴には地獄突き。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 11 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 12

光留をロープへ投げたリン。
マイケルの露出には動じる事なく急所攻撃で返り討ち。
生尻を押しつけられた光留へ、さらに619で追い打ちしてカバーするがカウント2。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 13

リンがコーナーへ上がると、マイケルがムチでカット。
すかさず光留が雪崩式バックドロップを決め、マイケルにタッチ。

この間にリンは飯伏とチェンジ。
コーナー最上段からマイケルを一気に飛び越えた飯伏はオーバーヘッドキックを決めてカバー。
マイケルが返すと、掌打ラッシュ、ロー、ソバットからその場飛びフェニックススプラッシュを繰り出して客席を沸かせる。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 14 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 15

真琴がカットインして、飯伏にDDT。
すぐにフットスタンプ、W・W・ニーで追撃。
すると、息を吹き返したマイケルが真琴を払いのけてフォール。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 16 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 17

ここは伊橋がカットして飯伏を救出。
ボディアタックでマイケルの動きを止めレッグラリアット。
飯伏がボディスラムで投げ、まずは伊橋がその場飛びムーンサルト。
飯伏も同じ技で続くと、間髪入れずにコーナーへ駆け上がってムーンサルトを決めカバー。
マイケルが自力で返してカウント2。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 18

岩谷がタッチして、マイケルとエルボー合戦。
張り手に切り替えてぐらつかせるも
マイケル「熱くなってきたぜー!」
困惑する岩谷がもう一撃食らわせると
マイケル「火照ってきたぜー!」
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 19 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 20

Tバック1枚になり、ガットショット。
スピアーで岩谷をダウンさせると、光留が起こして羽交い締めに。
アンダータイツを脱いだマイケルはアルティメット・ベノムアームを宣言。
敵のはずの真琴が慌てて止めに入ると、光留が後ろから押さえつける。
アルティメット・ベノムアームの餌食になってしまった真琴は、その場で卒倒。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 21 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 22 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 23

須佐が突っかかるも、光留がストンピング。
マイケルはあらためて岩谷を標的に。
変態團が二人がかりで襲いかかると、残りのメンツは敵味方関係なく岩谷を援護。
ここで飯伏が光留にスワンダイブ式ミサイルキック。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 24 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 25

さらにコーナー最上段からのケブラーダで追撃すると、客席は大盛り上がり。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 26

一方リング上に取り残されたマイケルには女子選手達がトレイン攻撃。
岩谷がフォールに行くがカウント2。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 27 スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 28

起こしてフルネルソンへ捕らえると、須佐がロシアンフック。
最後は岩谷がドラゴンスープレックスホールドを決め、変態團討伐に成功した。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 29

○岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&×中澤マイケル
(12分2秒 ドラゴンスープレックスホールド)


▽試合感想
DDT色の強い8人タッグマッチ。
真琴にとっては初めて両国国技館という大舞台での試合となったが、出番は予想通り少なかった(苦笑)

ま、アルティメット・ベノムアームを食らったのは災難だった反面、ある意味"おいしい"場面でもあったわけで。
真面目なファンは怒るかもしれないが人数に埋もれて目立たないよりはマシ、と前向きに捉える事も出来るのでは。
注目度の高かった飯伏に対して攻撃する場面もあったし、それなりの印象は残せたんじゃないだろうかと思います。

アルティメット・ベノムアームの犠牲になり、試合後も呆然としていた真琴に須佐がしきりに謝っているのは好感度が上がった。
スターダム 岩谷麻優&リン・バイロン&飯伏幸太&伊橋剛太vs須佐えり&真琴&佐藤光留&中澤マイケル 30

▽売店ショット
注目度の高い大会で全国から女子プロレスファンが集まったからか、真琴売店には長蛇の列。
女子プロレスの会場では根強い真琴人気があるのが感じられて嬉しい。

今回は餌食となってしまったけれど、真琴もまた脇澤選手直伝のベノムアームの伝承者なのです。
使った事は一度もないが(笑)
スターダム両国 真琴 売店ショット 01

初の両国国技館進出おめでとう!
またいつかこの場所で、今度はもっとメイン級の試合が出来るよう活躍を重ねていって欲しいですね。
お疲れ様でした。
スターダム両国 真琴 売店ショット 02
posted by U1 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記