2013年04月26日

2013.4.25 WNC小山 第5試合

▽AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴

最初に真琴が一人で入場。
続いて児玉がコーナーでアピールしようとすると、顔面に紙テープが直撃。
シナプスはいつも通り二人同時に現れた。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 01 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 02 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 03

先発は朱里と真琴。
まずは朱里がローキックで牽制、ロックアップに行ってバックを取る。

真琴が外そうとすると、朱里はリストロック。
切り返した真琴をすぐにヘッドロックへ捕獲。
がっちり締め上げてから投げると、真琴もヘッドシザースで切り返し。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 05

一度距離を置いてから再び組み合う両者。
バックの取り合いを制した朱里が投げてグラウンドへ。

袈裟固めで主導権を握った真琴はヘッドロック。
ロープへ振られると回転エビ固めに行くが、朱里クリアして低空ドロップキック。
カバーに入るもカウント2。

真琴はアームホイップで流れを変えると、ダブルチョップで反撃。
一瞬の睨み合いを見せた後、共にパートナーへタッチ。

AKIRAがグラウンドへ引き込んでインディアンデスロック。
苦しんだ児玉がどうにか切り返すも、すぐに反転。
腕を取りながら側頭部に膝を乗せて痛めつける。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 06

エスケープした児玉に対して、AKIRAはヘッドロック。
ロープへ振られてもショルダーアタックで当たってダウンさせる。

劣勢を強いられる児玉はアームホイップからのドロップキックで反撃。
しかし、場外へ出たAKIRAは足を引いて追撃を阻止。

場外でのラフファイトで痛めつけていくAKIRA。
コーナーへ腕からホイップされた児玉は大きな呻き声を上げる。
リングへ戻すと、AKIRAはさらに腕へのストンピング。
自軍コーナーへ連れ帰って、チェンジ。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 07

朱里が、相手の体を浮かび上がらせるほど強烈なミドルキック連打。
バックから飛びついて転がすように腕十字を狙うが、ここは児玉がエスケープ。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 08

タッチを受けたAKIRAがコーナートップから児玉の右腕に肘撃ち。
さらにショルダーアームブリーカー2連発から、コーナーへ思い切り腕を叩きつけていく。
防戦一方の児玉だったが渾身のフォアアームで逆襲に成功して、ようやくローンバトルから脱出。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 09

真琴にミサイルキックで吹っ飛ばされたAKIRAは朱里とチェンジ。
朱里と真琴は激しいエルボー合戦を展開。
ロープへ飛んだ真琴を追いかけ、朱里がキチンシンク。
真琴もランニングエルボーを返すと、強烈な無気力キックが炸裂。

すぐにフットスタンプで追い打ちをかける真琴。
W・W・ニーを決めてカバーに入るがカウント2。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 10 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 11

立ち上がった朱里はガットショットで動きを止め、組み付いての膝蹴り連打。
朱里が真琴をグラシアスで捕らえると、AKIRAも児玉を捕らえて共演。
しかし、真琴達も切り返して逆に締め上げる。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 12 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 13

力ずくで真琴を投げた朱里。
児玉にもキックを浴びせて状況を打開すると、真琴のバックへ。
これは真琴が外してロープへ飛ぶも、朱里は戻ってきたところをジャーマン。
真琴もすぐに起き上がって、強烈なスピアーで逆襲。
倒れ込んだ両者はコーナーへ這って戻り、それぞれパートナーにタッチ。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 14 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 15

児玉がエルボーで向かっていくが、AKIRAはフライングラリアットで黙らせてオールドボーイ。
ボディスラムでセットしてからコーナー上へ。
息を吹き返した児玉が追いかけると、一度は落とされながらも延髄斬り。
動きを止めたところで雪崩式ブレーンバスターを敢行。
覆い被さるようにカバーするが、カウント2。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 16 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 17

児玉はトラースキックを繰り出すも、ガードしたAKIRAが延髄斬り。
朱里とのトレイン攻撃からダブルブレーンバスター。
さらにDDTを決めてカバーもカウント2。

連続でジャーマンを決めるAKIRA。
そのまま3発目に行こうとしたところで、真琴がカットイン。
アシストを受けながらAKIRAに飛びつき、スイングDDT。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 18

児玉はスタナーでダウンさせると、スワントーンボムで勝負をかけるが朱里に阻まれて3カウントならず。
朱里が児玉にバックスタバー。
すると真琴が朱里にブレイジングキック、さらにAKIRAにも強烈なスピアーを決めてダウンさせる。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 19 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 21 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 22

AKIRAをトラースキックで追撃した児玉がコーナーへ上がるが、朱里が追いかけてハイキック。
マットへ落ちるとAKIRAが延髄斬り。
最後はムササビプレスを決めて、きっちりフォールを奪った。
WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 23 WNC小山 AKIRA&朱里vs児玉ユースケ&真琴 24

○AKIRA&朱里(16分56秒 ムササビプレス→片エビ固め)×児玉ユースケ&真琴


▽試合感想
悪夢のようだった王座転落劇から一夜、再起をかけたタッグマッチ。
真琴はシナプスを相手に、全く劣るところの無い戦いを展開。
特に力強いブレイジングキックとスピアーでシナプス2人をダウンさせた場面は、とてもダイナミックで素晴らしかった。

久々に組んだ児玉とのタッグワークも良かった。
過去の試合ではやられ役というイメージが強いチームだったけど、今回の試合ではシナプスと対等に渡り合うまでに、いつの間にか成長していた。
そして、どっちかというと真琴が引っ張る感じだったのが、また頼もしい。

ベルトは無くなってしまったけど、今後の真琴の可能性を大いに感じさせてくれる好試合だったと思います。


▽全試合終了後
バタバタしていたのか、この日売店には全く顔を出さなかった真琴。
リング撤収が始まった頃にようやく姿を見せてくれたので、写真だけお願いした。
前日のFACE大会からお披露目されていた、のぼり旗とツーショット。
2連戦お疲れ様でした!
WNC小山 真琴
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記