2012年12月16日

2012.12.16 WAVE「大師走・東'12」メイン

▽WAVEタッグ選手権
大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴


東京都内で行われるWAVE1年の締めくくりとして組まれたタイトルマッチ。
リーグ戦で敗退しながらも、後楽園大会で5WAYを勝ち抜いて挑戦権を手にした春日&真琴のタッグチーム1st Impact。
同じく後楽園大会で新王者となったマックロコロスケからベルトを奪い、2nd Impactを引き起こすことが出来るか?

まず挑戦者である春日&真琴から入場。
王者組のマックロコロスケは藤本がボール、大畠がムチをいつも通りに携えて登場。
両チームが揃うと王者からベルトが返還され、王者GAMI選手による選手権試合認定宣言が行われた。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 01 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 02 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 03

先発は藤本と真琴。
いきなり実現した元同門の顔合わせに、客席から軽いざわめきが起きる。

ロックアップから藤本がエルボーで先制。
投げを打った真琴は押さえ込みに行くが、藤本がヘッドシザース。
逆にグラウンドへ持って行くと、真琴もヘッドシザースで切り返して距離を取る。

背後から大畠が襲いかかって、ダブル。
タッチを交わしてトレイン攻撃へ行き、藤本が強烈な串刺しドロップキック。
さらに大畠がキャメルクラッチに捕らえた真琴の側頭部に、低空ドロップキックを突き刺す。

真琴は春日にタッチ。
大畠と睨み合った春日はエルボー連打で押していくが、ロープ際で大畠が顔面かきむしり。
続いてロープへ飛んだところを、真琴がエプロンから一撃加えてカット。
春日がドロップキックを打ち込んで倒し、ダブルへ。

真琴、春日と連続でフットスタンプ。
さらに真琴がサマーソルトドロップを見舞い、春日はもう一発フットスタンプ。
だが、ロープへ飛ぶと今度は藤本が場外から足を引いてカット。
すかさず大畠が低空ドロップキックで追撃。
コーナーで春日の顔面を踏み抜いて、いたぶる。

藤本がタッチしてヘアホイップ。
春日の起き上がりざまに顔面を蹴飛ばし、サッカーボールキック。
ボディスラムも決めて圧倒すると、大畠が加勢してフットスタンプ。
続く逆エビ狙いを春日がこらえようとすれば、上から全体重を乗せて押さえ込み。
完全に圧倒し、余裕の表情を浮かべる。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 04

春日も膝立ちでチョップを返すが、藤本は跳ね返すように顔面蹴りを連発。
サッカーボールキックで黙らせてチェンジ。
大畠は春日の上体を起こさせてから勢いよく踏んで、顔面からマットへ叩きつける。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 05

カバーは春日が自力で肩を上げてカウント2。
スクールボーイで切り返してタッチに行こうとするも、大畠は素早く控えの真琴に一撃食らわせて阻止。
だが、春日もコーナー上からの回転エビ固めで何とか足止め。
今度こそ真琴とタッチを交わす。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 06

伸びのある無気力キックを放った真琴。
ダブルで反撃に出ようとするマックロコロスケの間を側転で抜け、二人同時にブレイジングチョップでなぎ倒す。
コーナーへ振って突っ込むと、大畠が回避。
センターで捕らえ直した真琴はDDT。
起き上がった大畠の頭をきつく蹴り飛ばして押さえ込むが、カウント2。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 07 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 08

大畠はムチを振るって逆転に成功。
低空ドロップキックで追撃し、素早く藤本にタッチ。
声を上げながらのエルボー合戦を展開する藤本と真琴。
真琴が無気力キックを放てば、藤本も負けじとドロップキックでお返し。
さらにサッカーボールキック連打からPKを叩き込んでフォール。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 09 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 10 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 11

真琴が肩を上げると、藤本は「一人アイストレイン!」。
一人で何度もリングを集会し、「終点!」までやり切ってみせる。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 12

立ち上がった真琴はキックをキャッチ。
延髄斬りもかわすと、ボディを蹴り上げてから逆襲のW・W・ニー。
さらにダブルアームスープレックスホールドでたたみかけるが、カウント2止まり。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 13 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 14

ロープへ飛んだ真琴に、藤本がカウンターのドロップキック。
真琴もすぐにショルダーアタックで吹っ飛ばし、春日へ繋ぐ。
春日は低空ドロップキック連発で追撃してカバー。
これをキックアウトした藤本は、負けじと低空ドロップキックを返してフォールするがカウント2。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 15

コーナー上からの攻撃を狙う春日。
藤本が阻止しようとすると、ぶら下がり式腕十字に捕獲。
フライングボディアタックを見舞い、センターでダブルリストの体勢。
膝蹴りで阻止されたが、コルバタで藤本を場外へ送り出す。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 16

再びコーナーへ上がった春日は場外へダイブ。
ところがかわされてしまったため、真琴に誤爆。
藤本は客席に春日を投げつけるが、ここで真琴が加勢。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 17 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 18

だが試合権利のある春日がマックロコロスケの妨害でリングに戻れぬまま、場外カウントが進む。
すると、真琴がフライングボディアタックで藤本を襲撃。
この隙に春日がカウント19でリングへ滑り込んだ。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 19

この間に春日がリングへ戻るが、藤本が延髄斬り。
ドロップキックでニュートラルコーナーに吹っ飛ばし、チェンジ。
代わった大畠がスライディング式クロスボディで串刺しに。

1st Impactを分断しながら春日を攻め込むマックロコロスケ。
大畠はボディスラムでセットすると、アピールしてからフライングボディアタック。
そのままフォールに入るが、春日も何とか肩を上げる。

自力で立てない春日の髪を掴んで起こす大畠。
ロープへ飛んだところを真琴が追いかけてエルボー。
すかさず春日が首固めで丸め込み。
キックアウトされても、すぐにレッグロールクラッチでフォールを迫るがカウント2。

フットスタンプを食らわせてからコーナーへ上がる春日。
大畠が息を吹き返して追いかけるも、真琴が背後から捕まえて雪崩式ジャーマン。
春日もミサイルキックで続くと、フェースバスター+剣山の合体攻撃。
仕上げに春日がダイビングフットスタンプを投下して勝負をかけるが、藤本のカットに阻まれてしまう。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 20 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 21

反撃に出たいマックロコロスケ。
大畠が春日を押さえたところに、藤本のミサイルキック。
さらにムチを受け取った大畠だが、春日はこれをかわしてCHAKA CHAKAで丸め込み。
しかし、またも藤本のカットで3カウントならず。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 22 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 23 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 24

ジャーマンを決めた大畠に対し、真琴が無気力キック。
すると、今度は藤本がドロップキックで追い払い、リング上は再び大畠と春日の一騎打ちへ。
エルボーの打ち合いを制した大畠がフォールへ行くと、春日はスルリと体を入れ替えて切り返し。
大畠も慌ててキックアウトする。

ロープへ飛んだ春日に、藤本が場外からボールを投げつけてカット。
大畠がすぐさまジャーマンスープレックスホールド。
キックアウトされると、今度は素早く花マルどっかんへ。
これを春日が返せず、3カウント。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 25 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 26

マックロコロスケが初防衛に成功した。
WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 27 WAVE 大畠美咲&藤本つかさvs春日萌花&真琴 28

○大畠美咲&藤本つかさvs×春日萌花&真琴
(15分55秒 花マルどっかん→体固め)

▽試合感想
タッグ結成時から期待していた1st Impactのタイトル挑戦。
しかし、タイトルマッチらしい緊迫感はあまり感じられず、まるで普通のタッグマッチのように思えてしまった。

1st Impactというタッグの主役は春日選手だと思っている。
この試合も彼女がどこまで奮闘出来るかが大きな鍵だったのだけど、終わってみれば王者組2人との間には大きな実力差を感じた。

真琴は今回もサポート役に徹している印象で、大きな印象を残す場面はあまり無かったかな…。
藤本との"再会"もヒートアップするところまでは行かず、あっさりしていた。
「一人アイストレイン」は藤本からの強いメッセージが込められた攻撃だったと思うのだけど。

そして、何よりも悔しいのは、このタイトルマッチ自体が大会後に行われた打ち上げWAVEにかき消されるような形になってしまった事だった。

でも、この二人だからこそ表現できる素晴らしさがきっとあると信じている。
王座からは遠のいてしまったけれど、再びめぐり合う日が来る事を願ってます。

▽売店ショット
おそらく、この日が今年最後の他団体での売店。
今年は例年よりも他団体出場の機会が減ってしまったけれど、ホームリング以外での闘いで光る事が多かったように思う。
WAVEを始め、来年も各団体からたくさんのオファーを受けられるよう、チャンスを切り拓いて欲しいですね。
寒い中での売店、お疲れ様でした!
WAVE 大師走・東'12 真琴売店
タグ:真琴 wave
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2012年12月13日

新宿ゴールデン街Bar瑠璃 1周年

記事のアップが遅くなってしまいましたが、12月6〜7日に新宿ゴールデン街のBar瑠璃にて1周年イベントが行われました。
6日は観戦があったため、真琴もお手伝いに入っている7日にお邪魔してきました。

真琴公式Twitterやfacebookをチェックしている方にはお馴染みのお店。
6月末頃から出勤している真琴は、瑠璃の歴史の半分近くに関わっている事になりますね。

こちらでは、リング上や試合会場とはまた違った、素に近い真琴の表情に出会う事が出来るのがファンにとっては大きな魅力です。
この日は、他ではまず見れないお茶目な格好も披露。
右の写真は某後輩レスラーが着ていたものにそっくりなような(笑)
DSCF1107.JPG DSCF1112.JPG

Bar瑠璃はゴールデン街の中では、各種アルコール&ソフトドリンクと料理屋顔負けのおいしいフードがリーズナブルに楽しめるお店。
ママのつなで姫さんがプロレスファンな事もあり、店内にはプロレス関連ポスターやレスラーのサインがズラリ。
運が良ければ現役レスラーや関係者にも出会えるかもしれない、プロレスファンにとってはとっても馴染みやすいお店です。
週1〜2回行われる真琴デーへ、是非足を運んでみてください。
DSCF1115.JPG

お店のスケジュールはBar瑠璃のmixiページまたはTwitterでチェック出来ます
タグ:真琴
posted by U1 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月02日

頑固プロレス「暮れの頑固なご挨拶」 第2試合

▽ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ
2ヶ月ぶりの頑固プロレス参戦となる真琴。
前回、試合後にきつい攻撃を食らわされたヤマダマンポンドに一矢報いたいところ。
しかし、パートナーにはこの日1年ぶりの復活となるストーカー・THE・キタハラという事で不安が残る。
そもそも"頑固プロレスの第2試合"でまともな決着がつけられるのか?
"頑固姫"真琴に試練が降りかかる。

最初にセコンドの遠藤マメが、"スーパースター"マスクを被って登場。
「マメ」コールに合わせて軽やかにステップ。
続いて真琴が入場すると「頑固姫」コールが発生。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 01 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 02 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 03

そして、1年ぶりのキタハラには大「キタハラ」コールが。
トレードマークのウィスキーを片手にしたキタハラ。
以前と変わらぬ出で立ちで、不敵な笑みを浮かべながら客席を練り歩く。
初めてキタハラの姿を見る真琴は若干怯えた表情。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 04 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 05

頑固反逆同盟のヤマダ&バンビ組が登場すると、バンビの"ストーカー"であるキタハラが歩み出てマイク。
キタハラ「帰ってきたぞ。
バンビ様、寂しくなかったですか?
あなたのキタハラがかえって参りました。」
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 06

キタハラ「これから、特別な夜を過ごしたいと思います。
試合が始まるぜ、お〜、い…」
決めポーズを取ろうとするキタハラに、ヤマダが「言わせねぇよ」と襲いかかり、試合開始。
ヤマダがキタハラを壁に投げつけ、バンビはムチを使って真琴を絞め上げる。
キタハラをロープへくくりつけたヤマダは標識をフルスイング。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 07 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 08

リングへ戻ると、キタハラがエルボー連打で反撃。
ヤマダのショルダータックルを連発も凌ぎきってみせる。

両者チェンジして真琴とバンビがエルボー合戦。
真琴優勢となるも、バンビは顔面をかきむしってお返し。
キャメルクラッチの体勢で、ムチを使って絞め上げる。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 09 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 10

バンビは連続でヘアホイップに行き、コーナーで踏みつけ。
自陣へと連れ帰ってヤマダにタッチ。
ヤマダは重たい逆水平をぶち込むと、リング中央でスリーパー。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 11 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 13

自力で外した真琴がミドルキックで反撃。
さらにハイキックを繰り出すが、蹴り足をキャッチされてしまう。
距離を取った真琴はロープへ飛び、クロスボディ。
だが、ヤマダは軽々と受け止めると、そのまま赤コーナーポスト上に真琴を寝かせて一撃。
逆水平を叩きこんでから、バンビに繋ぐ。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 14

バンビも逆水平で続き、顔面踏みつけ。
レフェリーから注意を受けると、センターへ場所を移してボディスラム。
足を固めたところでヤマダが交代。
バンビが真琴の顔面に低空ドロップキックを突き刺すダブル攻撃を見舞う。

真琴はブレイジングチョップで逆転に成功。
ショルダータックルでダウンさせ、キタハラにチェンジ。
身を乗り出していたキタハラは、ドラゴンリングインさながらのキタハラリングイン。
意気揚々とバンビに向かっていくが、クローズラインで返り討ち。
バンビは嫌そうな顔を浮かべながらヤマダと交代。

ヤマダが再び標識で一撃。
もんどり打つキタハラをサソリ固めに捕獲。
すると、セコンドのマメが着用していたマスクを脱いでキタハラへ手渡す。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 16 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 17

マスクを被り、"スーパースター"モードになったキタハラ。
腕立てでサソリ固めを解くと、軽やかなロープワークからバックを取る。
ヤマダにバックドロップで投げられるも、スリーパーで切り返して優勢に。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 18

しかし、赤コーナーからバンビが手招きすると、誘惑に乗ったキタハラはフラフラとバンビの元へ。
その隙に背後からヤマダが襲撃して、チェンジ。
バンビがキタハラを蹴り飛ばすと、真琴がタッチを交わす。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 19

エルボーの打ち合いから、真琴がローキック連打。
バンビの足下を崩すと、足4の字へ。
エスケープしたバンビはお返しのシャッターチャンス(ハイキック)。
真琴はこれをキャッチし、膝十字で再び足攻めを展開。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 20 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 21

ロープへ逃げたバンビに対し、再びキックを放っていく真琴。
だが、バンビも蹴り返していき、両者のハイキックが交錯。
ダブルダウンとなり、共にパートナーへタッチを求める。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 22

先にタッチを交わしたヤマダは、真琴の交代を阻止。
コーナーへ振って串刺しボディアタックを押し潰し、容赦ないサイドバスター。
カバーに入るが、カウント2で自ら真琴の頭を掴んで起こし、バンビとチェンジ。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 23 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 24

バンビが開脚式フェースバスターを決めてカバー。
ここはブリッジで返した真琴。
立ち上がると鋭い無気力キックで流れを引き寄せ、ハイキック。
さらにネックハンギングボムで叩きつけてカバーに行くも、カウント2。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 25 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 26 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 27

フィニッシュにかかりたい真琴はスピアーの体勢。
しかし、何を血迷ったか背後からキタハラがスリーパーで真琴を落としてしまい、強引にタッチ。
仰向けのままリングに横たわるバンビの上にまたがり、腰をグラインドさせる。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 28 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 29

キタハラはマメに投げ入れさせたOGFを着用。
バンビの体へと魔手を伸ばすが、バンビは必死でガード。
逆に掴んだ手をマメの股間に入れさせる。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 30

狼狽するキタハラに、バンビがシャイニング・ウィザード。
一方、収まりがつかなくなったマメは、ヤマダに氷結シャイニング☆イマラチオン。
そこへ真琴とバンビが同時に口に含んだ水を噴射して、4者ダウン。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 31

この状況を見たマメは、リング中央へ躍り出るとガチムチな踊りを披露。
すると、これで錯乱状態に陥ったバンビが敵味方の区別なしに無差別ムチ攻撃。
レフェリーは混沌の渦に呑み込まれた状況に匙を投げるようにゴングを要請すると、とっととリングを降りてしまう。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 32 頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 33

×ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with×遠藤マメ
(14分22秒ノーコンテスト)
※4者ダウンのエストレージャの中央で、マメが卑猥な踊りを繰り出したことに激怒したバンビが敵味方関係なく鞭での攻撃を乱発したため、収拾不可能とレフェリーが判断

興奮状態のままのバンビは真琴とキタハラをダブルチョークスラム。
さらに味方であるはずのヤマダにも襲いかかろうとするが、ヤマダが一撃加えて、ようやく目を覚まさせた。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 34

ヤマダ「おい、真琴。
これが頑固プロレスの、頑固プロレスの、頑固第2試合だよ!」
客席からは「第2!」コール
ヤマダ「結構頭使うんだぞ、1つミスると大変なんだぞ。
何が起きるか、わかんねぇんだよ、な?
頑固プロレスのリングに踏み込んだら、何が起きるか分からない。
パルプンテ状態だよ。」
ロープへもたれかかりながら座り、厳しい表情を見せる真琴。

ヤマダ「そしてキタハラ。
相変わらず、ひどいな。
プロレスラーの基本、バンプも取れてねぇな。
でも、お前が今日本当に来てくれるかどうか心配だったよ。
何で俺じゃなくて、大久保(一樹)ちゃんにメールしねぇんだよ?
俺はここの人間じゃないぞ?
どっぷり漬かってるかもしんないけど。」
注:ヤマダはシークレットベース所属だが、自分の団体にはあまり上がっていない。
客席から「所属だろ?」と声が飛ぶが
ヤマダ「秘密基地、俺の中の。」
うまい事まとめた(笑)

ヤマダ「まぁな、また来年、もやもや頑固になったら(キタハラが)来てくれよ。
試合枠は守っておくからよ。ありがとな。」

続けてバンビに語りかけるヤマダ。
ヤマダ「そして頑固様。
おい、真琴、頑固プロレスに二人の姫はいらねぇんだよ。
ねぇ、頑固様?
姫なんだよ、俺にとっては!
いつか、一騎打ちで。」
客席からは「第2で」とツッコミが入るが
ヤマダ「俺の枠が無くなるだろ!」
そこは譲らない。

ヤマダ「まぁ、キタハラと真琴。
お前(キタハラ)がいた時からコラボして欲しい二人だからよ。
ここ締めてくれよ、俺たちの仕事はこれで終わりだ。」
去りゆく頑固反逆同盟に「第2」コールが送られる。

真琴「正直、第2試合を見くびっていました。
でも、これに懲りずに、勉強して追いつけるように頑張ります。」
予想外の発言に再び湧き起こる「第2」コール。
キタハラ「あぁ、バンビ様。
久しぶりに気持ちいいムチでしたよ、へへっ。
俺はまだまだ追い続けますよ。ストーカーは諦めが悪いんですよ。
ヤマダマンも何か言ってたけど、もう全然平気ですね。
最後にじゃあ、第二試合を締めるのは恒例のあのポーズで行きたいと思います。
真琴さんも、ぜひ付き合ってください。
マメさんも、ぜひ付き合ってください。」
ということで、3人による「お〜、いぇ〜!」で締め。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 35

「萌えキュン頑固」を出せなかった真琴は若干不服そうだったが、頑固姫コールに送られながら花道を引き返した。
頑固プロレス ヤマダマンポンド&バンビvsストーカー・THE・キタハラ&真琴with遠藤マメ 36

▽試合感想
頑固姫、西調布へ再び降臨!
2012年の頑固第2試合総決算、オールスター戦とも言える夢のカード。
真琴とキタハラの初遭遇や、"頑固様"バンビ選手との女子対決。
しかも裁くレフェリーは新日本出身の田山レフェリーと、何もかもが素晴らしくデタラメだった(笑)

細かい事は抜きにして、頑固プロレスの第2試合は面白い!
真琴もついに不透明決着の洗礼を浴び、真の頑固姫への道はこれから。
でも、まるでホームリングであるかのように暖かい声援が多く、すっかり頑固ファミリーとして迎え入れられているようだ。

最後のマイクでヤマダが口にした、頑固姫vs頑固様の直接対決も見たい。
オリジナル締めである萌えキュン頑固を根付かせるためにも、来年も上がって欲しい。

▽真琴@頑固姫
頑固プロレスでは、ファンだけでなく選手・スタッフにも大モテの真琴。
休憩中は、他の会場ではなかなか見られない夢の(?)ツーショットやスリーショット撮影会状態。
どれだけ価値があるかは抜きにして、とりあえずレアだ(笑)
頑固姫・真琴 01 頑固姫・真琴 02

普段も頑固Tシャツを着用して頑固愛をアピールしている真琴。
頑固姫として、ぜひ頑固プロレスを代表するアイコンにまでなってもらいたい。
ダブルヘッダー、お疲れ様でした!
頑固姫・真琴 03
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記