2012年12月30日

【観戦まとめ】2012年の真琴

◆試合数
2012年は全47試合に出場。
シングル:11試合
タッグマッチ:27試合 ※5WAYタッグ含む
6人タッグ:6試合
バトルロイヤル:2試合
あと、相撲マッチが1試合(笑)

デビュー年を除くとこれまでの年間最少試合数でした。
その分、1試合ごとの中身は濃くなっていたら良いのだけど。

◆戦績
・タッグ戦含む勝敗 ※相撲マッチは除く
18勝22敗3引き分け
・直接ピンフォールに関わったもののみ
8勝13敗

◆参戦団体/プロモーション
試合数多い順から ※()内は試合数
WNC(19)
WAVE(7)
SMASH(3)
まこかなプロ(2)
頑固(2)
ブル中野引退興行(1)
お寺プロレス(1)
KAIENTAI-DOJO(1)
トリプルテイルズ.S興行(1)
HERO(1)
紅白プロレス(1)
クズプロ(1)
入間女子プロレス(1)
スターダム(1)
Tommy自主興行(1)
UNION FIESTA(1)
The Big Muscle Classic(1)
Ray自主興行(1)
JWP(1)
WNC以外の女子団体、男子団体にも幅広く参戦しているのは真琴ならでは。


◆2012年トピックスBEST5
イメージDVD発売などもありましたが、ここではリング上の出来事に絞っています。

■5位 SMASH撤退〜WNC旗揚げ
TDCホール大会直前で、TAJIRIらと共にSMASHからの撤退を発表。
この時は、自分も全く予想外の展開に不安でいっぱいだった。
結局すぐにWNCが旗揚げし、この時はSMASHからのファンに高揚感や希望があった。

でも、後から振り返ると団体が変わってからの方が順風満帆とは言えない道のりで。
わずか1年足らずで、また体勢が変わったりと波瀾万丈な日々が続いていますね…。

特に真琴を初めとした若手(っていうキャリアでも無いけど)や練習生は、金銭的にもかなり苦しかったはず。
新体制では同じ過ちを繰り返さないよう、健全な団体運営を行っていって欲しいと切に願います。

■4位 自主興行
6月に自主興行「まこプロ」開催を発表。
真琴vs車という得体の知れない、まるで禅問答のような謎のカードがファンに波紋を投げかけた。
しかし、同月末の負傷が原因で自主興行自体がお蔵入り、全貌が見えぬまま幻の興行となってしまった。
それで良かったような、見てみたかったような…。

その後、華名選手との合同興行という形で「まこかなプロ」を開催。
ところが、直後に華名選手の退団発表があり、こちらもある意味で伝説の興行に。

2012年はこんな所でも数奇な運命に翻弄されましたね…。


■3位 長期負傷欠場
6/23 WNC大阪大会で自身のミスにより、左手親指を骨折。
8月末に復帰するまで約2ヶ月間の負傷欠場。

この頃の会場売店で見かける真琴はいつも、どこか悲しげで、儚さを感じたのを覚えている。
アイスリボン時代を含め最も長い欠場期間だったので、きっと彼女にとっては悔しく、もどかしい日々の連続だったと思う。


■2位 野崎渚に3連敗
欠場明けに組まれた野崎渚との3連戦、同じスリーパーホールドで3連敗。
今さら多くは語らないけれど、この時に味わったファンとしての屈辱的な思いはずっと忘れる事はないでしょう。

団体の方向性に強い疑問と不信感を感じた時期。


■1位 先輩・春日萌花との再会
我闘姑娘の練習生としてプロレス界に入った真琴と、団体の看板レスラーだった春日選手。
袂を分かってからも意識していた敬愛する先輩とリング上で再会したのは、ちょうど2012年の初試合として参戦したブル中野引退興行でのバトルロイヤルだった。

4月に入り、WAVE新宿大会のXとして参戦すると、真琴にとって念願だった春日選手との対戦が実現。
同月の新木場大会ではタッグでも当たったが、春日選手側では真琴の存在自体を受け容れがたいものとしてコメントしていた。

その後、しばらく接点が無かったが、WAVEタッグリーグ戦でGAMIプロデューサー推薦枠として春日選手のパートナーに真琴を指名。
"1st Impact"の名前通り、女子プロレスファンに大きな衝撃を与えた。

2012年、真琴を巡る話題で最も専門誌の誌面に取り上げられたのが、この春日選手との関係だった。
というか、WNCの記事よりも遙かに大きくカラー1ページで扱われた。
それぞれの団体を取材する記者の思い入れの差も関係していたと思うが、それを差し引いても真琴とやはり二人の歴史を知る人間にとっては大きな出来事だった。

まず何よりも二人が並んでいる姿にとても華があり、真琴が組んだタッグの中で一番思い入れが持てたチーム。
しかし残念ながら、自分自身は仕事の関係で1st Impactが勝った試合を見る事が出来ず、タッグベルトにも手が届かなかった。
でも、それは逆にいつかの"2nd Impact"へ向けた希望として胸の中にしまっておきたい。

デビュー当時に史上最弱と言われた二人の女子プロレスラー。
そんな彼女達だからこそ提示出来る夢があると、今でも信じている。


■番外編 真琴会&Bar瑠璃
2012年は真琴イベント盛りの年でもありました(笑)

小岩・おっこんにて毎月開催されている「真琴会」。
毎回、真琴人脈を駆使したゲストをお招きして、美味しいお好み焼きを愛でる会です(笑)
特にイベントらしい事をするわけではなく、時にDVD鑑賞会などとつっこまれたりもしますが。
アフターパーティーとはまた違う"オフ会"感が味わえるのは、ファンにとって贅沢な時間ではないでしょうか。


そして、新宿ゴールデン街のBar瑠璃。
こちらでは不定期(だいたい週一回+α)で真琴デーが行われていますよ。

ゴールデン街という土地柄、プロレスラーを始めとするプロレス関係者だけでなく、多種多様な業種の方が多く出入りするお店。
実際に、瑠璃でのご縁がきっかけで生まれた話もあったりして、真琴にとっては顔を売る場としても機能している様子。

もちろんファンとの交流の場でもあり、ここでも素に近い真琴の姿に触れる事が出来ます。

移りゆく風景の中で昔からのファンが徐々に減っていたりするので、真琴会や瑠璃を通じて出会ったファンの皆さんには感謝しています。
来年もよろしくお願いします!


◆あとがき
2013年こそ真琴というプロレスラーが飛躍し、夢に向かって大きく前進出来ますように。
激動の一年間、本当にお疲れ様でした!
タグ:真琴
posted by U1 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 真琴

2012年12月27日

2012.12.27 WNC 第1試合

▽木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン
まずは赤コーナー側、リンが単独で入場。
続いて初参戦のヘイリー、久々の試合となるジョシュがリングへ上がる。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 01

青コーナー側の真琴は木藤、曙と共に登場し、先陣を切ってリングイン。
後に続く木藤に対しては、何故か不審そうな眼差しを向ける。
最後に曙がトップロープを跨いで入場すると、リンが歩み出て下から睨み付ける。]WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 02 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 03 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 04 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 05

リンが先発を買って出ると、客席からは曙の登場に期待がかかるも木藤が先発。
ロープへ押し込んでリンの尻を撫で回すという痴漢行為に及び、いきなりファンの反感を買う。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 06

ブレイクがかかっても、懲りずに再びセクハラを続ける木藤。
パートナーである真琴も冷ややかな目線を送る中、リンがコルバタ。
ドロップキックを食らうと、木藤は一旦場外へ待避。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 07

リングへ戻ると同時にリンが殴りかかるが、カニ挟みで倒した木藤は尻を撫でながらグラウンド。
さらにコブラツイストに捕らえて触り続ける。
すると、業を煮やした真琴がカットイン。
これ以上のセクハラをさせまいと、自ら木藤にタッチを求めてチェンジ。
この間に、リンもヘイリーと交代した。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 08 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 09

ロックアップからヘイリーがロープへ押し込んでブレイク。
中央で組み直すと、今度は真琴がリストロック。
ヘイリーも切り返して、クロスアーム式スリーパーへ。
そのままバックブリーカーへ持っていく。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 10

ヘイリーが技を解くと、真琴はハンマーロック。
続いてショルダータックルで当たっていくが、逆に倒されてダウン。
ならばとロープへ走らせてアームドラッグ。
足払いはヘイリーが切り返し。
不意を突いて押さえ込むと3カウント寸前、真琴が慌ててキックアウトする。

距離を取った両者は、共にパートナーとチェンジ。
ついにリングインした曙に対して大きなどよめきが。

ジョシュががむしゃらにぶつかっていくが、涼しい顔の曙。
ハンマーパンチ一発で動きを止め、ど迫力のショルダータックル。
さらに豪快なラリアットでなぎ倒す。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 11

エルボードロップをかわしたジョシュは反撃を試みるが、曙は膝立ちの状態でもチョップ一発で逆転に成功。
覆い被さるようにフォールへ行くと、リンがカット。
そのまま曙に襲いかかるが、木藤が引きはがす。

今度はヘイリーが向かっていくが、曙の前には為す術なし。
曙がジョシュ、ヘイリーをまとめて串刺しにしようとすると、ヘイリーは間一髪で回避。ジョシュが全体重を浴びるはめになった。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 12

リンがタッチを受け、ついに曙と正面から対峙。
互いに睨み合う両者。
リンが手招きすると、中央で体を付けて視殺戦を続ける。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 13

ゆっくりと突き放したリンは、つっぱりへ。
だが、曙はあっさり逆転するとコーナースプラッシュ狙い。
これはリンが避けるも、すぐに捕まってしまう。

曙はエルボードロップを落とすも、回避したリンが619で逆襲。
ムーンサルトを決めてカバーするが、カウント2。
ソバットを挟んでからロープへ飛び、クロスボディ。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 14 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 15

軽々と受け止めた曙がボディスラム。
間髪入れずエルボードロップを投下すると、ついに曙の全体重がリンにのしかかる。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 16

ここはカットに救われたリン。
ジョシュ達がレフェリーの気を引いている内に、曙へ急所攻撃。
たまらず前のめりになる曙をヘイリーがジャーマンで投げようとするも、さすがに上がらない。
ロープへ飛ぶと、曙がカウンターのラリアットを炸裂させ、チェンジ。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 17 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 18

真琴がブレイジングキックで飛びかかるが、ヘイリーが回避。
バックに回ってジャーマンを狙うも、真琴も回転エビ固めで切り返す。
キックアウトされると、渾身の無気力キックでダウンさせ、W・W・ニー。
カバーに入るがカウント2。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 19 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 20 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 21 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 22

ヘイリーはラリアットで逆転。
粘る真琴を力ずくで持ち上げてジャーマンスープレックスホールド。
木藤にカットされると、ジョシュにタッチ。
真琴もスクールボーイで隙を作り、曙に繋ぐ。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 23

曙がチョークスラムを試みるが、リンとヘイリーが襲いかかって必死に阻止。
リンは、さらに飛びかかっておんぶスリーパー。
しかし、木藤がジョシュに河津落としを仕掛けると、曙はリンを背負ったままボディプレス。
巻き添えを食らった木藤もろともフォールして、圧巻の3カウントを奪った。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 24

木藤拓也&真琴&○曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン×
(12分50秒 ランニングボディプレス→体固め)

コーナーで両手を突き上げてアピールする曙。
真琴が抱きついて勝利の喜びを分かち合うと、リンも曙を認めるように固く握手。
さらにはヘイリー、日向小陽レフェリーにも囲まれ、ハーレム状態でリングを降りていく。
WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 25 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 26 WNC 木藤拓也&真琴&曙vsリン・バイロン&ヘイリー・ヘイトレッド&ジョシュ・オブライエン 27

そんな曙に対して、寂しく取り残された木藤がマイク。
木藤「今日は曙さんのお陰で勝てましたけど、連係がイマイチだったんで、これから曙ステーキに連れていってくださいよ。奢りで!」
曙「うるせー、バカ!」


▽試合感想
男女の比率が半々という変則的な6人タッグマッチ。
しかし、いかにもミックスドマッチといった雰囲気にはならず、とてもテンポの良い試合だった。
まぁ、木藤さんのセクハラは置いておくとして。

真琴は先月の後楽園大会に続いての6人タッグ。
しかし、前回のように添え物的な扱いではなく、見せるべきポイントではきっちりアピールしていたと思う。
前に出る場面は決して多くはなかっただけど、今年後半にWNC後楽園大会で見せた試合の中では最も躍動感があった。
来年以降に期待が持てる内容でした。


▽真琴売店
年末の大会だからか、売店スペースが大混雑…。
特に真琴売店ではまこかなプロDVD発売にイメージDVD先行発売、そして年賀状販売の受付もあったため、グチャグチャだった。

この日が真琴にとっては2012年最後の試合。
今年は初の怪我による長期欠場などもあったけれど、激動の1年を無事に完走してくれた事でやっと一安心。

刻一刻と変わりゆく風景の中、もしかしたら夢への近道ではなく遠回りしているようにも思われるかもしれない。
けれど、リング上でどんな苦杯をなめても折れず、立ち上がろうとする姿を何度も見てきた。

WNCは今大会を持って新体制に移行。
女子部門は華名選手の脱退〜朱里選手の王座戴冠で一区切りを迎えた。
来年から新章へ突入しようという中、今度こそその主役の座を掴み取って欲しい。
そう願うと共に、またファンとして2013年も出来る限り応援したいと思っています。

2012年、本当にお疲れ様でした!
来年はもっと多くの笑顔に出会える年になりますように。
12.27 WNC 真琴売店
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス観戦記

2012年12月24日

2012.12.24 JWP「CLIMAX 2012〜JWP 20th〜」 第3試合

▽第3試合
ザ☆WANTED!?プレゼンツ・サンタのファッションショーからのバトルロイヤル
〜サンタのコスプレが似合う子集めてみました〜!!〜


サンタ姿のザ・グレート・カブキさんがヌンチャク演舞を披露。
客席にプレゼントを投げ込んだ後、選手入場へ。
一人ずつコールを受けながら、思い思いのサンタコスチュームに身を包んだ選手達がリングへ。
全員揃ったところで記念撮影が行われた。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 01 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 02 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 03

いよいよバトルロイヤルがスタート。
リング上のあちこちで攻防が繰り広げられる中、乱丸が一人だけ仲間はずれ。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 04

乱丸「おい。ちょっと待て、コラ!」
とツッコミを入れる乱丸に周囲の選手達も思わず手を止めたものの、すぐ何事も無かったかのように元の相手と戦い始める。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 05

完全にハブられた乱丸はコーナーから「忍法・金縛りの術」。
一人一人の顔を眺めながら、かわいい子を物色。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 06 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 07 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 08

ハム子の前に来ると思わず「ないわぁ」と頭を叩く乱丸。
すると、ハム子は怒りのパワーで自ら金縛りを解き、つっぱり。
全員に呼びかけてトレイン攻撃を見舞い、「お、し、り、ダー!」からブルドッキングヘッドロック。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 09

さらにダイビングボディプレスでとどめを刺そうとしたハム子だったが、かわされて自爆。
マットに落ちたハム子を川佐がブロックバスターですくい上げると、全員でフォールして退場させた。

Sareeeが川佐、鋼にドロップキック連打。
KAZUKIにはクロスボディを放つもキャッチされ、ダブルニーの餌食に。
すぐさま全員で押さえ込んで3カウント。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 10 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 11

Sareeeを退場させたKAZUKIに、「あんなかわいい子を」と突っかかる乱丸だったが弾き飛ばされて返り討ち。
KAZUKIは標的を春日に移すが、春日はクリストに捕獲。
他の選手達が静観する中、阿部がカットに入ってボディスラム。
そこへ鋼がフロッグスプラッシュを投下して、退場へ追い込んだ。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 12

勢いづく鋼は先輩選手を次々と投げていく。
しかし、乱丸が隙を突いて丸め込み、3カウント。

藤本が川佐にドロップキック。
コーナーへ上がると、阿部が追いかけて引きずり落とす。
延髄斬りで反撃した藤本は、両手を広げてマットを一周。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 13 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 14

再びコーナーに上がった藤本を、今度はKAZUKIが襲撃。
自らがコーナーへ上がるも、逆にドロップキックで場外へ転落させられて失格。

またもや勝利のアピールをする藤本。
三度目の正直でコーナーへ上がると、アイスリボン後楽園大会のポスターを手にハム子&帯広と共にPR。
「アイスリボン最高!」と叫びながらKAZUKIへ特攻し、自ら失格となった。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 15

阿部を標的に全員でおてんばダッシュ。
乱丸に煽られてRayがコーナーへ上がるも、ロープへ揺らされて転落。
セカンドロープを掴んで粘るRayのお腹を真琴がくすぐって、場外に落とした。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 16 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 17

乱丸に阿部、川佐がトレイン攻撃。
真琴は阿部をブレイジングチョップ、ブレイジングキックで襲撃。
ダウンさせたところへW・W・ニーで追撃を狙うも、不発。
阿部がスリングブレイドを決めると、乱丸・川佐と3人がかりで押さえて3カウント。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 18 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 19 JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 20

残るは乱丸、阿部、川佐の3人。
乱丸が「先輩!」と阿部に握手を求めるだったが、阿部は裏切って川佐とダブル。
金縛りで2人を棒立ちにさせた乱丸は「忍法・バンヤヤヤンの術」を出すことを宣言して、川佐の胸にタッチ。
すると、弾き返された乱丸の手からセコンド陣や場外の選手まで弾力が伝わり、全員がタコ踊り状態に。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 21

何とか揺れの納まった乱丸。
続いて、阿部に対して術を試みるも貧乳で有名な阿部からは全く手応えなし。
その場に崩れ落ちた阿部だったが、「ふざけやがって」と無礼な術に激怒。
川佐の助けも借りて襲いかかり、もつれ合いながらエプロン際へ。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 22

この機を見逃さなかった川佐がロープワークで2人を振り落とし、見事に優勝の座をゲットした。
JWP サンタのファッションショーからのバトルロイヤル 23

○川佐ナナ
(10分29秒、オーバーザ・トップロープ)
×阿部幸江&×救世忍者乱丸
※退場順:星ハム子、Sareee、春日萌花、ライディーン鋼、KAZUKI、藤本つかさ、Ray、真琴

▽試合感想
参加選手の中では最も背が高く、ちょいセクシーなミニスカサンタだったので、参加選手の中でも真琴の華やかさは際立っていたと思う。

そして、実はJWP後楽園大会初出場(ジュニアオールスター戦を除く)だったりする。
JWPへの出場自体も久々だったけど、こうして声がかかるのは良い事だと前向きに捉えたい。
今度はちゃんとした試合で呼ばれるといいな。

しかし、ザ・WANTEDプレゼンツのはずが、気付いたら乱丸選手オンステージみたいな試合だったな(笑)
東京ではなかなか拝見する機会が無いので、面白かった。

▽真琴売店
休憩中にはサンタ衣装のまま、売店へ姿を現した真琴。
写真はこの日のまこサンタ特典だったお菓子と共に。
肩の力を抜いた、楽しさを前面に打ち出したバトルロイヤルで、2012年最後の他団体出場を和やかに終えられたので、ある意味良かったかな。
相変わらず女子プロレス会場での人気は高く、売店には列が絶えず出来ていた様子。
お疲れ様でした♪
JWP 真琴売店
タグ:真琴 JWP
posted by U1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記